童話/絵本/その他 短編集 連載中

木村直輝の雑多な短編集

この作者は、貢献ポイントプログラム未参加の為、ノベラポイントを付与する事はできません。

作者からの一言コメント

ただ、溢れてくるものを文字に――

 木村直輝の雑多な短編集です。 【はじめに】  この散文には一部実在する名称や概念などが登場しておりますが、木村直輝が個人的に執筆した散文です。  また、読まれる方によって不快に感じる場合がございます。 【マルチ投稿】  「ハーメルン」を中心に複数のサイトで公開しています。 https://syosetu.org/novel/228815/

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 木村直輝の雑多な短編集
作者名 木村直輝
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 短編 短編集 恋愛 悲恋 夢日記 ホラー 異能力 異世界 日常
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年2月21日 1時08分
最終投稿日 2021年3月27日 12時01分
完結日 -
文字数 21,051文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ホームレスでしたが、このたび結婚いたしました。

    神様。これはいったいなんの悪戯ですか?

    46,410

    3,940


    2021年4月13日更新

    「じゃあとりあえず、キスしてみる?」 ワケありでホームレスをしていたわたし、七瀬りん子(ななせりんこ)27歳。 成り行き上、なぜかイケメン社長と結婚することに。 そこに愛はなかった……はず、なのに? 「そろそろくれてもいいんじゃない? きみの心と……身体」 そんな大切なもの、そんなに簡単にあげられませんよ、社長!? 「社長……はちみつの味がします」 「社長じゃないでしょ?」 「え?」 「ベッドでは、名前で呼んで? りん子」 甘い甘い、恋物語。 ① 幼馴染にバージンを奪われたと思い込み、幼馴染のいる地元から逃げてきたりん子は、働き先も見つからず、ホームレスになっていた。そこへ大企業の社長があらわれ、「なんでもする?」と聞かれ、就職先のことかと勘違いしたりん子が「なんでもします!」と返事をし、そのまま婚姻届を出されてしまう。事実上、社長である椛と結婚したことになり、新婚生活を送ることになる。また、椛はりん子を自分の秘書のひとりに加える。 ② 翌日から秘書として椛の会社に行ったりん子は、そこで、幼馴染が椛の秘書になっていることを知る。(椛の秘書はりん子を含めてふたりということになります)幼馴染に「社長がおまえがバージンじゃないって知ったらどうするんだろうな」とかいろいろイジメられながら、そして椛に溺愛スキンシップをされながら、りん子は仕事をこなし、新婚生活を送っていく。 ③ りん子はずっと前に好きだった大学の先生のことを時々思い出し、そのことも椛に感づかれて溺愛スキンシップ(嫉妬含み)もされてしまう。幼馴染に「バージンじゃないと知られたくなかったら言うとおりにしろ」と脅され、裸の絵を描かれる。後日幼馴染がその絵を椛とりん子の前に出してみせ、「俺たちはこんな関係です」と言っても、椛はあっさり嘘を見抜き、絵を没収。幼馴染はりん子のことが好きだからこんなことをしていたのだが、それも幼馴染はやっとりん子に告白。 それからいろいろあります🌷 ※乙女チック原作コンテスト参加作品です。 読者さまのペースでお楽しみください🐇💕

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    400

    0


    2021年4月13日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 阿賀沢隼尾(あがにゃん)140字小説短編集

    RG18以外の短編集です。

    3,500

    0


    2021年4月13日更新

    色んなジャンルの短編、ショートショート集です。Twitterに上げている140字小説が主です。

    読了目安時間:59分

    この作品を読む

  • 10万文字目に断筆する作者

    10万文字目にガチで筆を折ります

    9,299

    0


    2021年4月13日更新

    というわけで、この作品の文字数が10万文字いったらガチで断筆しようと思います。 いまのところ、まだ断筆したくはないので、更新はあまりされないと思います。 この作品の更新頻度が上がったら、ああ、るうねは断筆するつもりなんだな、と思ってください。 もしかすると99999文字で、更新が止まるかもしれません。 まあ、要するに、タイトルオチとその場のノリです。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む