【要望】ノベプラを( )丸括弧から解放したい人あつまれ+α【機能】

コメやスタンプを残してください。

こんばんは。 あなたは読者さんですか? それとも作家さんですか? 今日まで、いずれのユーザーさんも悩まされたり、苦しめられたりしてきた、ノベプラ最大のクソ機能が「丸括弧( )に入れた文字をフリガナにする」です。 読者さん、唐突にイミフなルビが登場して困惑したことありませんか? 作家さん、他サイトから転記したら、表示がとんでもないことになった経験ありませんか? それらはノベプラのクソ機能のせいなのです。 まずは基本的なお話しをしましょう。 現在、数多存在するWEB小説投稿サイトでルビを表現するために用いられる記号が、「《 》」この形のものです。おおむね標準化されています。 そして、ノベプラは先日満一周年を迎えた、業界ではかなり後発の新しいWEB小説投稿サイトです。 さぞや革新的で便利な機能でユーザーをおもてなししてくれているのだろう、と誰もが疑わなかった――アレを見るまでは。 それが、古代に用いられたルビ召喚用術式――丸括弧( ) なのです。 はい? いまって令和弐年ですよね? 古代術式なんてラノベぐらいでしか喜ばれませんよ????? というわけで、現在進行形で、数多くのユーザーを呆れさせたり、困らせたりしているのです。 ぶっちゃけ、この括弧をどうにかするのを断念して、登録を諦めた書き手は少なくないと思っています。 恥ずかしいのか、丸括弧のルビをきちんと表示する手段も大っぴらには広報していません。 だがそれは、自分の首を絞める行為に他なりません。 みなさん、こんな迷惑な機能を、いにしえの時代に葬りたいと思ったら、 コメント、スタンプを残してください!! Twitterで拡散してください!! こんな機能はいやだ!! と声を上げてください!! 拡散よろしくなのです!!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 百合姉妹がイチャイチャしたりしなかったり

    ♡82,500

    〇730

    異世界ファンタジー・連載中・53話・114,998字 べるえる

    2021年1月17日更新

    幼き日に蒔かれた想の種は 笑みの眉開くまで その色を識ることはできない 北限の極寒の大地、ニフルハイム伯爵領。 伯爵の姉妹である白子(アルビノ)の姉と黒髪の妹は、大人達の陰謀に巻き込まれ心がすれ違っていく。 なんだかんだで仲直りした二人は、力を合わせて 世界に逆襲を始めるのだった。 神に見放された大地、辺境が舞台のダークファンタジー でも、そんなに残酷な感じではないイチゴ味。 表紙イラストは陽名ユキ先生(@hina__yuki)に描いて頂きました!ありがとうございます!! 需要的にニッチな方だと思うので、感想とか頂けるととっても嬉しいでっす。 カクヨムで掲載したものをタイトル変えると読む人増えるのかなというテスト。 加筆修正を多少→大幅にしています。 HJ大賞2020後期に応募しました!

  • 2021年1月17日更新

    それは、敵と和解できるVRMMORPG。 ◇ 動物を愛する少女「ケイカ」は、リアルでは動物アレルギーでペットを飼えないため育成ゲームを主に遊んでいた。 しかしあるとき彼女は幼馴染に動物系だからと紹介され、PVを見て気に入った「神獣郷オンライン」というVRゲームを遊んでみることに! そのゲームのコンセプトは「どんな敵とも和解できる」優しい世界であること。 悲しみや憎しみが聖獣を魔獣へと変えてしまう世界。しかし、その逆もまた然り。 負の感情で暴走した魔獣の心は言葉や行動で癒し、聖獣へと浄化し戻すこともできるという。 そんな魔獣を仲間の聖獣として「スカウト」することができる特殊システムを活かし、ケイカは聖獣達と共に暮らす「共存者」となって世界を駆け巡る! 聖獣を愛でるために「器用値」が関わる? ならとりあえず極振りで! 聖獣の進化の為には認知度も関わる? なら配信を始めて「不殺」の「魅せプレイ」を目指してみよう! これは、和装の舞姫となった「ケイカ」の情熱と動物愛を捧げる優しい物語。 ――情熱を心に灯し、不殺の勝利を貫き通せ! 【一話目に表紙付き】 小説家になろうにてブックマーク7500以上! 好評連載中! ◇ 最初の山場は【三匹目!『清らかなる絶対王蛇!』】なのでそこまでお試しで読んでいただけると幸いです! ◇ ※ 現在感想が多くなったこともあり、返信を停止しております。 ただ、感想は全て読み、いいなと思った部分は本編に反映されます。ご了承くださいませ。 *最新話に追いついている皆様には『読者参加型』の企画をして本編に反映することがございます。 また、「時雨オオカミ」の名前でTwitterをやっており、DMは解放済み。そちらに書いたり、@IDをつけてツイートしてくだされば必ず反応いたします。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る