名馬転生 ~異世界行ったら本気の追い込み見せる~

読了目安時間:4分

12

 色の濃い鹿毛は月光に濡れてテラテラと光っている。固く盛り上がった肩と、がっしりとした尻周りの筋肉がいかにも強い。鹿毛もまた、その生命の絶頂にあった。  恐らくは石村城から放たれた斥候だろうに、その馬は闇の中をゆっくりと歩いて金船の正面に立った。その背に乗った気の弱そうな兵は「しっ、しっ」と盛んに舌を鳴らし、手綱を精一杯に引っ張り回しているが、鹿毛馬をおしとどめることはできない様子であった。  金船が落ち着きなくしっぽを振り回す。その気配に気づいた太郎彦は馬の背に貼りつくほど身を沈めて手綱を強く握った。鹿毛馬もまた、視線をすっと遠くに向けて足元を踏ん張った。哀れな斥候もこれに気づいて大慌てで手綱を強く握りなおす――走るための準備は整った。  金船が用心深く、鹿毛馬の隣に並んだ。影の方も、まるで並んで走り出すことが当たり前であるかのように、おとなしく立っていた。  あとはスタート前のファンファーレだ。これは太郎彦の怒声がその役を果たした。 「貴様、石村の兵か! ここで何をしていた!」  何をしていたか、斥候なのだから山片隊の動向を探っていたに決まっている。この兵はすっかり震えあがって、「ひっ」と小さく悲鳴を上げた。それがスタートの合図だった。  グッと大地に膝を沈めて鹿毛が走り出す。一呼吸遅れて金船が小石を蹴り上げて走る。二頭の馬は月下に吹く二条の黒い疾風となった。  先を走るのは鹿毛の馬だ、その背には兵が一人、落馬せぬようにと必死の形相でしがみついている。  金船はその後ろを走る。遅れているのではない、わざと鹿毛馬の尻が見える位置につけているのだ。一足ごとに大きく動くかの馬の尻を見て、金船は「なるほど、早いな」と思った。早いからこそ、邪魔者にしかならない騎手を背に乗せているのがもったいない。  鹿毛の馬にしがみついた兵はろくに馬と動きを合わせることすらできぬ未熟者と見えて、ときどき大きく尻が浮く。対する太郎彦は胸を金船の背にぴったりと引き寄せて、まるで馬具の一部であるかのように上手く金船の体になじんでいる。このまま金船が急に速度を変えるようなことがあっても、動きをうまく合わせてくれることだろう。  惜しい、あまりにも乗り手の力量が違いすぎる――このまま追い詰めてやれば鹿毛はさらに速度を上げるだろう。しかし背中に乗ったお荷物野郎は、きっとそれを御しきれはしない。むやみに手綱をひき、馬の首にしがみついて大騒ぎになるはずだ。そうすれば隙ができる、そこをついてぬかすのはたやすい。  しかし……それは本当に『勝った』ということになるのだろうか。  金船はカツカツと蹄を鳴らして速度を落とし、首を立て、ついには完全に立ち止まった。鹿毛馬は当たり前のようにガツガツと蹄の音を響かせて、月下の草原を走り去ってゆく。勝負は一時お預けというやつだ。  金船の背の上で、太郎彦がささやいた。 「いいのか」  ブルブルと鼻息を吐く金船に後悔はなかった。ここであの鹿毛に勝つことができたとしても、所詮は乗り手の差であろうと評されるに違いない。気高い金船にはそれが許せなかったのだ。  太郎彦はそうした金船の気高さを十分に心得ている。 「あれは石村城の者だ。いまからおらたちはそこに行くんだから、きっと、そん時は本当の勝負になるだろうよ」  意味が通じたのか通じなったのか、金船はきっと視線をあげて月を見た。月は明るく、青く、空の真ん中にぽっかりと浮かんでいた。  きっとこの月は、あの鹿毛馬が向かう石村城からも見えているに違いない。夜空を丸く切り抜いたようにくっきりと、美しく。  太郎彦も金船に倣って空を見上げる。彼は、あの斥候のことを報告するべきかどうか、その判断を悩んでいた。  ここで起きたことは、あの夜空に浮かぶ月しか知らぬこと――太郎彦さえ口をつぐんでおけば、あの斥候はここにいたことさえ知られず、石村城までたどり着くことができるだろう。しかし、見逃したところで彼が城に持ち帰るのは、石村城を攻めるための増援が寄越されるという、絶望をさらに上塗りする情報だと、それを思えばむなしいばかり。 「なあ、お月さんよ、あんたは、黙っていてくれるかい」  月に問うても返事などあるわけがない。ただ太郎彦のむなしさが深まるばかり。  どこか遠くでコオロギが鳴いている。静かな、明るい夜だった――。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界ならゴブリン娘を育てていいですか?

    父親目線でゴブリン娘と異世界を旅します。

    300

    0


    2021年6月22日更新

    中3の冬、双子の妹と高校入試に向かう途中で事故に遭い、二人とも死んだ。 幽霊になったシスコンの僕は、妹の霊を探して現世を彷徨う。 やっと愛しの妹霊に再会することが出来たのに、2人一緒に異世界へと飛ばされた。 僕はショタに、妹はゴブリン赤ちゃんに転生する。 転生により手に入れた特殊固有スキル〝進化〟を駆使し、ゴブリン娘と異世界を生きていく。 ――はずだった。 異世界のお姉さんにモテちゃうショタの僕。 人妻子持ちのお姉さん 特殊スキルで接触不能なお姉さん 超可愛いギルドの受付嬢。 妖魔のじゃロリ娘(99才) 寝取られたい竜族騎士のお姉さん。 etc...... しかも自分の子供として育てた妹のゴブリン娘まで、成長してお姉さんになっちゃった! 一癖も二癖もあるお姉さんたちの前で、僕はシスコン設定を守れるのか……? ――父親目線でゴブリン娘と旅する異世界ファンタジー。――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • 世界⇔異世界 THERE AND BACK!!

    行ったり来たりの異世界往来旅行記

    6,550

    50


    2021年6月22日更新

    友人たちとの下校中に橋で多重事故に巻き込まれたハルアキは、そのきっかけを作った天使からお詫びとしてある能力を授かる。それは、THERE AND BACK=往復。異世界と地球を行き来する能力だった。 しかし転移してみると、着いた先は崖の下。しかも出口はどこにもなさそうだ。いや、詰んでない? 仕方ない。トンネル掘るか! RPG風? 剣と魔法のファンタジー世界と地球を往復しながら、ゆっくりじっくりと冒険していきます。 ゆるゆる投稿していくと思います。 カクヨム、小説家になろう、アルファポリスでも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13時間47分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    54,600

    520


    2021年6月21日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    899,000

    152,959


    2021年6月21日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:15時間1分

    この作品を読む