コメディ/ギャグ 短編 完結済

私の名は。(絶対誰かとタイトル被る)

作者からの一言コメント

空を見ろ!鳥だ!飛行機だ!違う、何だ!?

読了目安時間:1分

総エピソード数:1話

こちらは「ノベプラ文芸部」の「主人公の名前の出し方」の作品です。 そのため、ストーリーは途中で終わります。ご了承ください。 何かどこかで聞いたことある、始まり方のやつです。パロディです。ギャグです。真剣に考えないでください。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 私の名は。(絶対誰かとタイトル被る)
作者名 Guru
ジャンル コメディ/ギャグ
タグ 第2回勉強会 パロディ コメディ ノベプラオンリー クイズ
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月9日 18時02分
最終投稿日 2022年5月9日 18時02分
完結日 2022年5月9日 17時45分
文字数 726文字
読了目安時間 1分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 2件
コメント 3件
スタンプ 18件
ビビッと 1件
応援ポイント 7,900pt
ノベラポイント 3pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,998,671

    4,821


    2022年9月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35時間1分

    この作品を読む

  • 【活動報告】絵描きで文字書きのきまぐれブログ

    みおゆの絵あり語りありの自由なブログです

    94,034

    532


    2022年9月26日更新

    作者みおゆが描いた自身の小説のキャラクターだったりのオリジナル作品イラストをたまに公開しています。自己満イラストブログ。 今回はこんな風に絵を描いた、自身のイラスト反省、日常の小話など書いています。 ふと立ち寄ったときに見てくれたら嬉しいです。 その他イラスト・今までのイラストまとめはpixivに公開。Twitterにて進歩・二次創作キャラも投稿しています。リンクはプロフィールへ! ちなみにこちら不定期更新です。作者のお絵かきのやる気と時間次第。 ☆気になったタイトルから読んで頂いて差し支えありません。 ☆2021年の振り返り回から読んで頂くと、作者がどんな奴か分かるかと思います。 ☆☆☆ 現在連載中の長編小説タイトル ・現代/その他ファンタジー長編小説:「異能部はようこそっ!【https://novelup.plus/story/791783616】」 ※2021.5.2:ノベプラオンリータグ外しました。(pixivに本記事掲載しているイラストを投稿した為)

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む