現代/その他ファンタジー 短編 完結済

うちのおかんがエルフやった件について

作者からの一言コメント

あなたの家族にエルフはいますか?

読了目安時間:16分

大阪の実家でひとり暮らす母は、“エルフ”である。私が幼い頃から変わらない容姿の母が、明日我が家に久しぶりに遊びに来ると聞き、歓迎ムードの妻や娘とは反対に、私は懐かしくも一抹の不安を感じるのだ。 ※小説家になろう様、カクヨム様にも掲載中です

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 うちのおかんがエルフやった件について
作者名 乃木重獏久
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ほのぼの エルフ 現代日本 近未来 日常 おかん 大阪 不老不死
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月31日 19時40分
最終投稿日 2019年8月31日 22時39分
完結日 2019年8月31日 22時39分
文字数 8,008文字
読了目安時間 16分
ブックマーク登録 3件
コメント 5件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,900pt
ノベラポイント 405pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 届け、あなたへの想い

    三題噺短編コンテスト応募作です♪

    25,400

    50


    2021年3月31日更新

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    10,800

    20


    2021年5月16日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 超能力系女子のそれなりな日常

    超能力系女子がてきとーに過ごします

    1,006,100

    3,007


    2021年5月17日更新

    超能力を使える系の女の子達が超能力を使ったり使わなかったりしながらのんびり暮らしています。 あんまり重たくないすっきり爽やか系のお話を目指したいと思います。 200話以降は目次の 次へ から読めるそうです

    読了目安時間:21時間7分

    この作品を読む

  • ふたりぼっちの死霊術師 〜心とは何か? 答えを創る為に今を生きる少女達の物語〜

    作品を読まれないと嘆く全ての作家へ送る

    145,659

    150


    2021年5月17日更新

    ※※ふたりぼっちの死霊術師はこんな人にオススメ※※ ・自分の小説が読まれなくて、寂しい思いをしている人 ➡批判よりも無価値がキツいと感じている少女の一人称視点の物語。故に共感しながら読めます。 ・日常に疎外感を感じている人 ➡人に認知されたい願望を持つ少女が主人公なので、共感しながら読めます。 ・魅力的なキャラに会いたい人 ➡片手欠損の堅苦しい軍人。スケベわんこ。二重人格の少年。大きな光と重い闇を抱えた少年。様々です。 ※※あらすじ※※ この世にある全てのものは世に出回り、認知されることで初めてその存在意義を得る。誰も見向きしなければ価値はない。誰も見向きしないものには価値はない。 そのような考えを持つ中学三年生の少女「足立灯」は常に孤独だった。平凡過ぎて誰も構ってくれない人生を過ごしているが故に、自分の無価値さに苛まれてていた。 無価値である故に発生した「価値がないものは存在してはならない」という脅迫概念やかかわりのない人生から生まれた孤独から逃れる為に、灯は自殺の名所から飛び降り自殺を図った。 しかし、すんでの所で彼女を助けたものがいた。 ――そんな彼女を助けたのは半透明の幽霊だった。 孤独のまま死んだ幽霊は今まで何度も自殺するものを救おうとしてきたが、実体のない体ではそれは不可能だった。そんな彼が唯一救えたのは足立灯だった。 何故灯だけを救えたのか。幽霊はその答えを探し、彼女の孤独を消し去ることを誓い、行動を共にする。 その答えとは、灯たちにかかわりのある「こころ」の問題だった。 こころとは何か? 抽象的で答えのない問いに彼女たちは答えを見つけ出せるのか。 この物語は孤独な少女と幽霊が手を取り合って、こころを駆使して戦い、養いながら、それぞれの答えを見つけ出す現代ファンタジーである。 定期更新日:月・水・金曜日 他不定期更新 〘注意事項〙 本作はフィクションです。実在する地名・人物が作品内に登場しますが、実際の地名・人物とは一切関係がありません。 本作には幾つか物理法則が出てきますが、それらは「ふたりぼっちの死霊術師の世界観」でのみ通用する法則であり、現実では通用しない法則・現象が多数出てきます。それを踏まえて、「現実ではありえない」などの誹謗中傷はご控えください。

    読了目安時間:7時間30分

    この作品を読む