うちのおかんがエルフやった件について

エルフの母

 母が来訪したとたん、いつもの我が家が大阪の実家になったかのように思えた。  私たち家族を前に、一人で喋り続ける母。その姿は私の一番古い記憶にあるものと全く変わらない。  この人が普通でないと気付いたのは、高校の入学式の時だっただろうか。保護者参加のため、正装して学校に現れた母が新入留学生と間違われ、制服はどうしたと、生徒指導の教師に詰め寄られる出来事があったのだ。  すぐに誤解は解けたものの、私の典型的な日本人男性の容貌に、間違いなく血の繋がった実の母であるにもかかわらず、父が(めと)った若い外国人の後妻という別の誤解が生まれ、複雑な家庭の生徒と言うことで、教師たちから妙な気遣いを受けたものだ。 「貴子(たかこ)さん、急に来るゆうてホンマ堪忍な。こんな時やないと東京なんか()えへんからなぁ。ようウエコさん()うてくれはったわ東京行かへんかて。ウエコさんと白浜やら有馬やら温泉によお行くんやけど、熱海も死ぬまでに一遍行きたい()うたはってなあ。ほなら、皆で行こか()うて。わて熱海はええからウチの子ん(とこ)寄りたい()うたら、帰りにウエコさんたちだけで熱海寄る()うてくれはって、今頃温泉入ったはるんちゃうか? ミエさん寅さんの銅像に手ぇ合わせて拝んだはんねん、おじいはん元気になりますようにって。おじいはん死なはったんちゃうん()うたら、あの世でも病気のまんまやろうからて()わはんねん。寅さんに頼んでもしゃああらへんやん()うたら、ビリケンさんも寅さんも一緒やて、ホンマあの人おもろいわぁ。せやせや、東京の環状線、大阪のんより駅の数多いねんな、知らんかったわ。まーちゃん、おせんべ食べ、おせんべ。これ、ホンマおいしいで」  脈絡のない話を延々と、大きな大阪弁で喋りながら、土産に持ってきた炭酸煎餅をお茶請けとして囓るその姿は、一般的には妙に見えることだろう。しかし、ハリウッドのファンタジー映画に登場する、母によく似たキャラクターが妖艶に振る舞う姿の方が、私には違和感があるのだ。 「まーちゃんも大きゅうなってからに。去年の夏休みん時よりおっぱい大きゅうなったんちゃうかー」 「もー、やめてよ、おばあちゃんたら」 「段々わてによう似てきたなあ、今日一緒に風呂入ろか。おばあちゃん身体(あろ)たるわ」  普段なら私の前では見せないような表情で、母と無邪気にじゃれ合う周。端から見れば、仲の良い女子高生同士にしか見えない。 「お気になさらないでくださいよ。お義母さんがいらっしゃると聞いて喜んでいるのは周だけではないんですから」 「ありがとうねえ、貴子さん。あんたは高校生ん時からええ子やねえ。あんたがウチの子の事どんだけ好きか、あん時にようわかったけど、仕事中毒のこのスカタンに、未だに愛想(あいそ)つかさんでくれとるしなぁ」 「やめてくださいよ、お義母さん。あの時のことは言わないでくださいな」 「なになに、何があったの昔? ねえ、教えてよ。ねえ」  年甲斐もなく頬を赤らめる妻を問い詰める娘。  高校二年生の時、他校に通う妻の貴子と街でデートをしていた際に、偶然、買い物帰りの母に出くわした。ばつの悪い表情の私に親しげに話しかける母を見た妻は、私が二股を掛けていると思い込み、そんなに金髪が好きかと私を罵倒したのである。 「あんたのお母ちゃん、すっごい怖い顔してわてに言うんよ。『アンタはこの人のこと、ホンマに好きなんか』て。二人が付きおおとるなんて知らへんから、『そら、この子のこと好きやけど』って答えたら貴子さん、掴みかかって来はってん」 「ほんと、やめてくださいよぉ、お義母さん」 「一緒に住んでる言うたら、そらもう貴子さんえらい――」 「やめてー! もうやめてー!!」  耳を塞いでダイニングから逃げ出してゆく妻と、ニヤニヤ含み笑いの娘。 「ねえ、おばあちゃん。ちょっと聞きたいことがあるんだけど」 「なんや(あらた)まて。何でもおばあちゃんに聞いてみぃ」 「おばあちゃん、全然歳をとらないじゃない? あたしもおばあちゃんそっくりだし、もう少ししたら成長止まるのかなあ?」  娘の口から、私が怖くてなかなか確かめられずにいた疑問が呈された。  周の生まれた姿を見た時、もしも私たちが通常の日本人夫婦だったならば、たいそう混乱したことだろう。柔らかいブロンドの髪に淡いピンクの柔肌。ようやく開いた瞼の奥には、つぶらな薄青色の瞳。およそ日本人とはかけ離れた特徴を有する我が児を抱き上げた時、母の遺伝子の濃さを垣間見たのだ。耳こそ尖ってはいないものの、娘は成長するに伴い次第に母に似てくる。高校に入学する頃には、母と瓜二つになっていた。 「誰も口にしないけど、おばあちゃんってエルフだよね、永遠に生きるっていう。いろいろ調べると、普通の耳のエルフも、ヨーロッパの伝承に残っているらしいんだ。もしかしたら、あたしもエルフなのかなあ」  エルフ。その言葉を始めて聞いたのは大学生の頃だったか。当時、友人が読んでいた文庫本の表紙に、母によく似た容姿のキャラクターが描かれているのを目にした。聞くとエルフと呼ばれる、精霊の魔法を使い、永遠ともいわれる長命を誇るとされる架空の生物で、ファンタジー小説などに登場するらしい。魔法云々以外は母の特徴に符合するその話に、妙に納得した覚えがある。いまでは映画やゲーム、アニメなどの影響で、かなり一般的な存在になりつつあるようで、娘もそれで知ったのだろう。  妻の面影を僅かに受け継ぎつつも、母の特徴を顕著に示す娘。自分の特徴が引き継がれていないことに、私は内心複雑だった。しかし、いつまでも若々しく長生きをしてくれるのではないかと、喜び期待したのも事実だ。だが、確証があるわけではなかった。 「それは、わてには判らんわぁ。でもな、人間は適当な頃合いに、あの世へ行くんが一番ええんとちゃうかいな。あんまり長生きしてもうて、いろんな人とサイナラするんも辛いもんやでぇ。まあ、()こ見えても、わてももうすぐ八十やさかい、いつぽっくり逝くかもしれんよって、そん時は頼むでぇ」  私の顔を見ながら、そう話す母の表情は、少しばかり寂しげに見えた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 男戦士

    清十郎

    ♡100pt 2021年2月6日 0時45分

    すんなりエルフが受け入れられている嫁に娘、柔軟性がないのは、やはり男なのかな……。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    清十郎

    2021年2月6日 0時45分

    男戦士
  • ひよこ剣士

    乃木重獏久

    2021年2月6日 10時35分

    エルフは、人の世に上手く紛れ込む魔法が使えるのかも知れません。娘にもエルフの特徴が引き継がれているのに、自分は日本人そのものだということに、エルフの息子は複雑な思いを抱いているのかも知れません。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    乃木重獏久

    2021年2月6日 10時35分

    ひよこ剣士

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ホームレスでしたが、このたび結婚いたしました。

    神様。これはいったいなんの悪戯ですか?

    46,410

    3,940


    2021年4月13日更新

    「じゃあとりあえず、キスしてみる?」 ワケありでホームレスをしていたわたし、七瀬りん子(ななせりんこ)27歳。 成り行き上、なぜかイケメン社長と結婚することに。 そこに愛はなかった……はず、なのに? 「そろそろくれてもいいんじゃない? きみの心と……身体」 そんな大切なもの、そんなに簡単にあげられませんよ、社長!? 「社長……はちみつの味がします」 「社長じゃないでしょ?」 「え?」 「ベッドでは、名前で呼んで? りん子」 甘い甘い、恋物語。 ① 幼馴染にバージンを奪われたと思い込み、幼馴染のいる地元から逃げてきたりん子は、働き先も見つからず、ホームレスになっていた。そこへ大企業の社長があらわれ、「なんでもする?」と聞かれ、就職先のことかと勘違いしたりん子が「なんでもします!」と返事をし、そのまま婚姻届を出されてしまう。事実上、社長である椛と結婚したことになり、新婚生活を送ることになる。また、椛はりん子を自分の秘書のひとりに加える。 ② 翌日から秘書として椛の会社に行ったりん子は、そこで、幼馴染が椛の秘書になっていることを知る。(椛の秘書はりん子を含めてふたりということになります)幼馴染に「社長がおまえがバージンじゃないって知ったらどうするんだろうな」とかいろいろイジメられながら、そして椛に溺愛スキンシップをされながら、りん子は仕事をこなし、新婚生活を送っていく。 ③ りん子はずっと前に好きだった大学の先生のことを時々思い出し、そのことも椛に感づかれて溺愛スキンシップ(嫉妬含み)もされてしまう。幼馴染に「バージンじゃないと知られたくなかったら言うとおりにしろ」と脅され、裸の絵を描かれる。後日幼馴染がその絵を椛とりん子の前に出してみせ、「俺たちはこんな関係です」と言っても、椛はあっさり嘘を見抜き、絵を没収。幼馴染はりん子のことが好きだからこんなことをしていたのだが、それも幼馴染はやっとりん子に告白。 それからいろいろあります🌷 ※乙女チック原作コンテスト参加作品です。 読者さまのペースでお楽しみください🐇💕

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間24分

    この作品を読む

  • 二度目の人生悪役令嬢として追放されました。なんでこの世界に前世での夫が付いて来てるのですか?

    次の転生先は乙女ゲームです

    34,300

    6,965


    2020年12月4日更新

    カバーイラスト:茉璃 靜さま https://www.pixiv.net/artworks/86262581 『次の転生先に、乙女ゲームの世界なんてどうですか?』 105年の人生に幕を閉じ、輪廻転生の輪の中に戻って行くのだと信じていたあの日。 私は白い空間で、光の球体からそう言われてた。 『聖女として天寿を全うしてくれるだけで良いのです。のんびりできますよ』 なんて、悪徳業者が言うようなセリフにうっかり騙されてこの世界に降り立ってしまいました。 ルーブルシア王国の悪役令嬢マーガレット・レヴァイン公爵令嬢として……。 降り立った日(前世を思い出した日)が断罪イベントの真っ最中なんて誰が思うでしょうか? しかも、大国アイストルスト王国の女王陛下に粗相をした聖女と言われているエミリーの身代わりに、国外追放にされてしまった。もう、どうすれば良いの。 瘴気渦巻く森に捨てられる運命に付き合うと言ったのは、元近衛騎士のダグラス・ゲートスケル伯爵。 しかし彼は、前世で政略結婚をした元夫だった。 愚かな私は政略結婚でも、夫から少しくらい愛情をもらえると信じていた。 だけど夫は本妻の私と子どもを数人作った後、責任は果たしたとばかりに妾を作って家の事は私に全て任せっきりになってしまう。 はっきり言って、二度と近寄りたくない相手だった。 そう思って離れようとしているのにダグラスは付いてくる。 前世の贖罪とばかりに私の世話をしてくれていた。 ダメダメ、ほだされては。また同じことを繰り返すつもり? エミリー排除のざまぁ有(ラスト近く)、愛なんてもう信じないと思っているのにモテ期が来たり。 王室の陰謀に巻き込まれそうになったりの『のんびり』とは程遠い波乱万丈の人生になる予定です。 毎日20時更新。1話700文字~2000文字弱。 本編71話+番外編1話 よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • もうダメだ。戦隊ヒーローの黄色がモテるはずない。

    楽しく愉快に妄想していただけるとハッピー

    156,300

    2,235


    2021年4月13日更新

    交通事故(笑)で死んだと思った高校生の「僕」は、マッドな校長の気まぐれで戦隊ヒーローの「黄色」に改造されてしまった。 校長曰く、インドの英雄マハトマ・ガンジーの遺品等々を体内に埋め込んだら、戦隊ヒーローの「黄色」になったらしい。 将来どころか進路もまだ未定だったのに、カレー好きでしか目立てない、一番マイナーな脇役「黄色」となった「僕」。その運命に凹みつつも、職業「黄色」を回避するために、ただただ身体が頑丈という地味な能力を駆使して、同じ町内にいるという他の仲間探しに奔走する。 のほほんとした日常に忍び寄る非日常を書いているつもりでございます。

    読了目安時間:6時間55分

    この作品を読む

  • 彼女の名はL

    世紀末の覇者、レディース仮面!只今参上!

    4,200

    0


    2021年4月13日更新

    岡部美幸はわかりやすくヤンキーに絡まれていた。 ――とはいえそんじょそこらの絡まれ方ではない、彼女の通う学校は 数年前からヤンキーは跋扈するわ生徒たちはどんどん染まっていくわ だいぶんおかしなことになっていた―――― 連れていかれそうになる彼女の耳に、声がする。 「寄ってたかって一人をってのは、ちょっとズルいんじゃなあい?」 ワインレッドのサテン地を身にまとったどう見てもただのコスプレ女! だがしかし彼女の名こそレディース仮面、 この学校を暗黒から救いに来た世紀末の覇者! 因縁、黒幕、犯罪ギリギリ!? ええいそんなもん関係あるかっ!! 今日も必殺技・木刀クラッシャーが炸裂する!! さあみんなで呼ぼう、レディース仮面!! 彼女の名に覚えのあるかたもないかたも、どうぞ寄っていってくださいな! ■■ 表紙絵はソラエノ様(https://profile.coconala.com/users/1769258)に描いていただきました

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間38分

    この作品を読む