ホラー 長編 完結済

仏舎利塔と青い手毬花

作者からの一言コメント

手紙が全ての真実をさらけ出す

読了目安時間:2時間48分

総エピソード数:23話

仏舎利塔と青い手毬花の表紙

 田舎ではないが、発展から取り残された地方の街。  誰しもが口にしないキャンプ場での出来事。  同級生たちは忘れていなかった。  忘れてしまった者たちに、忘れられた者が現実に向って牙をむく。  不可解な同窓会。会場で語られる事実。そして、大量の不可解な死。  同級生だけではない。因果を紡いだ者たちが全員が思い出すまで、野に放たれた牙は止まらない。  ただ、自分を見つけてくれることを願っている。自分は”ここ”に居るのだと叫んでいる。誰に届くでもない叫び声。  そして、ただ1人の友人の娘に手紙を託すのだった。  手紙が全ての真実をさらけ出す時、本当の復讐が始まる。

前へ

1-23

次へ

前へ

1-23

次へ

作品情報

作品名 仏舎利塔と青い手毬花
作者名 北きつね
ジャンル ホラー
タグ ホラー 幼馴染 友情 家族愛 いじめ 復讐 第1回ノベプラ大賞 シリアス 現代日本 R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年5月26日 16時29分
最終投稿日 2020年4月30日 0時00分
完結日 2020年4月30日 0時00分
文字数 84,118文字
読了目安時間 2時間48分
総エピソード数 23話
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人から聞いた話

    長年生きていると、いろんな人に会えます

    14,800

    0


    2021年10月22日更新

    世の中には様々な考えを持ち、自分の意思を断固として貫く人々がいます。 それは天才か、鬼才か、変態か……。 僕が人から聞いた、断片的な記憶を頼りに書いてみます。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 眇眇たる小話

    後味がいいような悪いような話の寄せ集め

    264,074

    1,440


    2021年10月22日更新

    ハッピーエンドに見せかけた偽りの幸せが好き。眇眇(びょうびょう)。これらの物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 【お気に入り】 002 霊を見たことがある 006 真夏の凶行 014 大統領 018 8月32日 019 社会のネジ 023 執筆中に邪魔が入る件 027 万有引力 031 夢の夢 032 スタンプ 034 狂い方 037 猫好き 043 ふかふか羽毛布団 045 母ちゃんのオコノミ焼き 050 切腹の習慣 056 酒飲む理由 058 缶コーヒーロシアンルーレット 072 選んだ選択肢 074 新説「月が綺麗ですね」 082 進学塾の事件 088 甘い甘い缶コーヒー(微糖じゃないよ) 089 ニャーミャーパラダイス 092 新人へオクる言葉 096 究極の 120 ノーズボン 128 5弦ギター

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • はるみ係

    記憶に潜む謎、足元を揺るがす真実

    117,345

    660


    2021年9月24日更新

    2023年3月、ある小学校で卒業式が執り行われた。そこで、一つの大きな問題が発生した。矢作ららという卒業生が暴れ始めたのである。エスカレートしたららの投げた椅子が、担任教師の女性に当たった。倒れた彼女。騒然とする体育館。ららは向かってくる母親に両腕を伸ばす。その時、立ち上がった女性の姿が。彼女は倒れていた椅子を掴むと、ららを殴り飛ばした。ららの担任だった女性の凶行に、体育館は悲鳴が鳴り響く始末となった。 次の日、橋本絵波(46歳)はなぜららを殴ってしまったのか悩んでいた。夫と息子と3人で幸せな家庭を築いてきたのに、このままでは教師としてのキャリアを失い、自分は破滅してしまう。それを回避するためには、殴ってしまった止むに止まれぬ理由を見つけ出し、それをららの両親に伝えて示談に持ち込むしかない。そう考えた絵波はまず、ららと過ごした1年、そして自らの半生を振り返るのだが……。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    355,900

    11,200


    2021年10月19日更新

    ――これは、『邪悪なドラゴン』を救う物語。 古の堕ちたドラゴン、アルマス・ヴァルコイネン。 彼と出会い、彼を知り、そして様々な形で彼を愛した人々。紡がれた記録は、アルマスにまつわる謎を暴く。 彼は恐ろしい化け物なのか、愛すべき英雄なのか。 魔法×ドラゴン×現代の幻想群像劇、ここに開幕。 ----- 魔法やドラゴンが存在する、似て非なる地球。 この世界では強い意志を持つ人間はドラゴンに成る。 「愛する人を守るため」。 類まれな愛を神は認め、強大な力を与えるのだ。 気弱な青年・アルマスも、その愛を神に認められた一人だった。彼は命がけでドラゴンに成り、襲撃者であるドラゴンから町を救った。 しかしアルマスの姉、キエロは自身の日記にこう記す。 『アルマスは人を脅かす悪のドラゴンだ』と。 結果、アルマスはいつの世も悪者として扱われた。実姉の書いた日記『スズランの手記』は何千年も御伽噺として語り継がれ、民衆はアルマスを恐れ続ける。 そんな中、彼に助けられた一人の少女が現れた。 邪悪な黒いドラゴンの追放から二千年。長い時を超えて、物語は大きく動き始める。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む