詩/短歌 短編集 連載中

歌集 もしも短歌にしたならば

作者からの一言コメント

短歌やってます。今は『進撃の巨人』ベース

読了目安時間:5分

短歌歴一ヶ月にして某雑誌の短歌賞三次選考を通過した我輩が送る、〈もしも短歌にしたならばシリーズ〉。 モチーフやテーマにするのはアニメや漫画や音楽やドラマや映画や歌詞や世相やらかもしれない。 使用する言葉には現代語や古語も使うかもしれませんが、基本的に情景を喚起させる力のある言葉を意識します。 心がけたく思うのは、たとえ何らかの既成作品をベースに短歌を作るにしても、その作品を知っていなければわからないような歌は作らない、ということです。逆を言えば、短歌だけでモチーフ・テーマにした作品を離れた鑑賞・解釈のできる歌になるように心がけます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 歌集 もしも短歌にしたならば
作者名 ザムにゃん
ジャンル 詩/短歌
タグ 短歌
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月20日 0時00分
最終投稿日 2021年6月21日 15時46分
完結日 -
文字数 2,699文字
読了目安時間 5分
ブックマーク登録 1件
コメント 2件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 20,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 黒き魔人のサルバシオン

    人ならざる者は自身の存在価値を求める

    16,700

    1,000


    2021年6月21日更新

    万物の根源たる六属性の魔素が織りなす世界、ヴェルトモンドには人間や動物などの有機生命体とは別に、魔物と称される魔素生命体が存在する。 古き時代より人間は、自分たちを脅かす魔物を徹底的に排除することで安寧を享受していたが、魔物至上主義団体、アマルティアの台頭が原因で世界の平穏は崩れ去ってしまう。 そんな折、ひょんな理由で人間としての生活を送っていた人型の魔物、魔人と呼ばれる存在であるエルキュール。そんな彼の日常も、アマルティアとの遭遇により捻じ曲げられることに。 自身の矛盾した在り方に苦悩しながらも、エルキュールは世界を壊すアマルティアとの戦いに身を投じることを選んだ。 小説家になろう様・カクヨム様にて同時掲載しております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間19分

    この作品を読む

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    54,600

    520


    2021年6月21日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む