ホラー 短編集 連載中

10文字怪談集

作者からの一言コメント

己の限界に挑戦中!!

Twitterの「#10文字ホラー」のタグを見て書き始めた短編集となります。 10文字でもちゃんと怖い!を目指しますので応援よろしくお願いします! ※文字数の関係で句読点は付かないものが多いです。ご了承ください。 題字は呂彪弥欷助さんに制作していただきました。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 10文字怪談集
作者名 牧田紗矢乃
ジャンル ホラー
タグ コズミック・ホラー ノベプラオンリー ダーク 10文字 幽霊 妖怪 ブラックジョーク 怖い 不思議 奇妙
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年3月1日 10時24分
最終投稿日 2020年10月21日 20時05分
文字数 2,620文字
ブックマーク登録 66件
コメント/スタンプ 1,606件
応援ポイント 506,114pt
ノベラポイント 2,702pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡142,674

    〇28,255

    現代/その他ファンタジー・連載中・45話・167,500字 兎野熊八

    2020年10月17日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • 昔から温めていた、大切な作品です。

    ♡17,000

    〇491

    異世界ファンタジー・連載中・15話・64,361字 七海美桜

    2020年10月21日更新

    かつて天地創造をした神が作り出した神々が争い乱れた大陸で、神が暮らす聖光陽と、人間と魔物が暮らす中ノ地、精霊聖獣などが暮らす常月丘。中ノ地に分かれた9つの国。風の国で生まれた琥珀と幼馴染。そして一人の少女と出逢った事で、琥珀達は各村を破壊していく魔獣とそれを操るモノとの戦いに巻き込まれていく。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 百合×ホラー×秋の小川

    ♡100

    〇0

    ホラー・完結済・1話・5,521字 tmtm

    2020年10月21日更新

    女子高生である星川美香は最近ある白昼夢を見るようになっていた。 その原因は二週間前の事件で…… 女子高生三人によるホラーです。百合要素あり。

  • 都市伝説と洒落怖を題材に異能力バトル

    ♡8,400

    〇0

    ホラー・連載中・121話・540,128字 大太刀

    2020年10月21日更新

    未練を抱えたまま死んだ者が行きつく街、その名は"つつじの宮市"。 つつじの宮市では一部の市民が都市伝説上の化け物の能力を持つ"奇怪人"と化す現象が頻発し、一般市民は奇怪人の脅威に怯えながら暮らしていた。 そんな市民を護るために力を振るう奇怪人も存在する。彼等が所属するのはつつじの宮市民の生活をサポートする"心霊ルポルタージュ"という名の組織。 其処では"口裂け女"の湊、"隙間女"のてね、"怪人アンサー"の光が、組織の最高責任者であるはゆまと共につつじの宮市民の生活を支えている。 ある日、主人公のアキラは記憶を失った状態で深夜のつつじの宮市の路上で目が覚める。"人面犬"に襲われかけていた彼は湊によって間一髪のところで助けられるが、目が覚めて暫く経っても自分が何者なのか、何故死んだのか、どうやってつつじの宮市に辿り着いたのか、何も思い出すことが出来なかった。 行く宛ても無いアキラは、心霊ルポルタージュのスタッフの一員として暮らす事になる。しかし、アキラがつつじの宮市に訪れた事によって彼に纏わる運命の歯車は一気に加速していく。 果たして、アキラの正体とは……失われた記憶の秘密は……そして奇怪人とは、つつじの宮市とは一体何なのか……?