異世界ファンタジー 長編 連載中

筋肉筋肉筋肉筋肉筋肉

作者からの一言コメント

筋肉。

筋肉(きんにく、羅: musculus; 独: Muskel; 仏, 英: muscle)は、動物の持つ組織のひとつで、収縮することにより力を発生させる、代表的な運動器官である[1]。 ――Wikipedia Wikipediaから転載した内容の著作権はWikipediaのライセンスに従います。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 筋肉筋肉筋肉筋肉筋肉
作者名 湖畔十色
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 筋肉 マッスル マッチョ ムキムキ muscle
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月9日 8時26分
最終投稿日 2019年8月9日 8時27分
文字数 4,325文字
ブックマーク登録 2件
コメント 2件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,700pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 悠久の時を生きるエルフのお話

    ♡1,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・15話・25,515字 トマト屋

    2020年11月27日更新

    エルフ。 美の化身、悠久の時を生きる長寿の種族。 だが永き時を生きるがゆえ、彼らは膨大な記憶を抱え、それに苦しむ。 だからエルフは定期的に記憶を整理する。精神を守るために。 それでも、忘れたくない記憶や思い出は、ある方法で残し、隠す。そして手がかりを世界中にばらまいておく。 そしていつか、手がかりを手にした時、思い出を探す旅に出るのだ。 これは、そんな永き時を生きるエルフの少女のお話。

  • 非チート非ハーレム昔ながらのファンタジー

    ♡187,530

    〇3,505

    異世界ファンタジー・連載中・159話・541,883字 志茂塚 ゆり

    2020年11月27日更新

    田舎町のよろず屋魔術師アミュウ。 義姉ナタリアの縁談相手であるうさんくさい性悪牧師、聖輝と出会ってアミュウの運命は動き始める。 見合いの日、ナタリアをかどわかそうとする聖輝を相手に、姉を取り戻そうと奮闘するアミュウ。 「わが四方に五芒星は燃えて、柱の上に六芒星は輝けり。因縁を断ち切れ!」 二人に縁切りのまじないをかけたら、思わぬ副作用で二人の記憶の一部が失われた。 さらにアミュウは不思議な夢を見るようになって……? ◆異世界が現地、昔ながらの王道ファンタジーです。美味しい料理にハーブティーが登場。魔術はカバラを踏まえた本格派。5話から物語が動き始めます。 ◆アミュウの人生に作中歴史を絡めた大河小説で、伏線と描写もりもり。設定ははじめチョロチョロなかパッパ。恋愛要素はビターかつサワーです。 ◆筆者の描いた挿絵がございます。第三章までは毎話挿絵、第四章からはときどき挿絵を挟んでおります。苦手な方はお手数ですが非表示設定にしてください。(右上「表示調整」から「挿絵表示中」をクリック) ◆最新話は「小説家になろう」にて連載中。 三部構成予定のうち、第三章にて第一部(カーター・タウン編)完。 第四章より第二部(ソンブルイユ編)突入! ◇第一章ではアミュウたちと聖輝の出会いが語られます。 ◇第二章では新たな登場人物ジークフリートも加わり、過去へ過去へと伸びていく運命の糸はますます絡まっていきます。 ◇第三章ではアミュウと聖輝の関係に緩やかな変化が訪れ、教会内部の勢力抗争が垣間見えます。 ◇第四章は舞台を王都の玄関口、ラ・ブリーズ・ドランジェに移し、調香師の恋物語をお届けします。 ◆非チート非テンプレ非ハーレム、異世界が現地。昔ながらの王道ファンタジーです。美味しい料理にハーブティーが登場。魔術はオカルトに幻想を乗算した本格派。5話ラストから物語が動き始めます。 ◆アミュウの人生に作中歴史を絡めた、ある種の大河小説とも言えます。伏線と描写もりもり。設定ははじめチョロチョロなかパッパ。 ◆筆者の描いたイラストがてんこもりです。気になる方は本文ページ右上の「設定」から、挿絵非表示の設定になさってください。 ※ 「小説家になろう」にて最新話連載中。 ※ Twitter企画「第二回いっくん大賞」文章力部門受賞。ありがとうございました。