怪説書 ~完全版・怪奇短編集オフィシャルファンブック~

読了目安時間:1分

エピソード:74 / 88

十五、火葬場

 火葬場で勤務していた主人公が、先輩からイタズラをされた時の話。  火葬場の仕事って詳しくは知らないんですけれど、窯の手入れとか点検って職員がやるんでしょうか? それとも外部の業者さんを呼んでやってもらうのかな?  この話の中では主人公たちが点検をしていますが間違っていても大目に見てくださいね。  誰もいないはずの火葬場の中にいた怖い顔をしたおじいさん。  創業者にも似ている気がしたけれど……。  という所まで書いてしまいましたが、語りすぎでしょうか。  個人的にはあまり怪異の正体を明らかにしすぎるのも好きじゃないんですよね。  ちょっとした得体の知れなさというか、そういうのが残ることで読後に気味悪さとか後味の悪さが出てくると思っているので。  あ、でも古典怪談の「どこそこの誰それという人物でこうこうこういう事情で現れていた」っていう説明があるのも嫌いじゃないからなぁ。  なんて言うんでしょう、正体を明らかにしてしまうことで怖さがなくなって白けてしまうのが嫌なんですよね。  この話の場合、先輩がいなくなったことと骨が多く出たこと、主人公が怖い顔をしたおじいさんを見かけたことの因果関係は明らかになっていません。  ……が、こういう一歩間違えたら大事故、って場面で悪ふざけをする人って一定数いますよね。そういう人は思い切り痛い目を見たらいいんじゃないかなと考えている牧田でした。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 森は並(な)べて事もなし

    イラストで紡ぐお話

    0

    0


    2022年9月26日更新

    ごく稀に異世界人が落ちていますが「森は並べて(総じて)事もなし(平穏です)」 平和で長閑な異世界のあれこれを、ふんわり緩くイラストで綴っていきます。細かな設定は一切なし。感じるままに想像を膨らませて楽しんで頂けると幸いです。 背景は「フォトバッシュ」という手法を使用しています。週一更新を目指していますが、場面によっては制作に結構時間がかかりそうでちょっぴり不安(笑)。 タイトルはイギリスの詩人ロバート・ブラウニングの「春の朝(あした)」の一節、「世は並べて事もなし」を拝借しました。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 名言っぽいものを思いついたら集めるところ

    名言っぽいものを思いついたら集めます

    439,700

    246


    2022年9月26日更新

    名言、格言、金言、箴言、金句……。 「なるほど、深い!」と思わせるフレーズは数あれども、動もすれば私たちはそれら言葉の重みや意味よりも、”誰がそれを言ったか”に目を向けがちではないでしょうか?。 誰が言ったか? ではなく、何を言ったか? それこそが重要なのではないでしょうか? そこで朝起きてから夜寝るまでの間、なんとなく頭に浮かんだ名言っぽいものをここに掻き集めることにしました。 もしかしたらこういうのが何十年、何百年先にも残り語り継がれるかもしれません。 偉人でも有名人でもない、ひとりの無名がそれっぽいことをただ言うだけ。 読者諸氏の生き方のヒントになったり、考え方を変えるキッカケになったりと、何かしら影響を与えるものになればと思います。 (できるだけポジティブな内容になるよう努めますが厭世的、虚無的なものもたまにあります。また常体、敬体の統一はしていません)

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏み込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    41,380

    120


    2022年2月13日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む