怪説書 ~完全版・怪奇短編集オフィシャルファンブック~

読了目安時間:2分

エピソード:3 / 89

一、婆が来る

 本書の一番手を飾る短編、ということで「小説家になろう」等のWEB掲載版でもご好評をいただいていた「婆が来る」が選ばれました。  テンプレート的ではありますが、掴みは王道で。  これは私が高校二年生の時、構想が浮かんで「いける!」と思って最初に書いた五編ほどの短編の中のひとつでした。  それが何度かの加筆修正を経て現在の形になっています。  最初が一番いいってどうなのよ? と思う反面最初からこのクオリティの短編ができれば「いける!」って考えにもなるよなぁと自画自賛してしまったり。  自分と一番趣味が合う作者は自分ですからね(笑)  ところで、読者の皆さんは「婆」の正体がおわかりでしょうか?  白くてぼさぼさの髪に鬼のような表情。  そう。昔話にも登場する「山姥(やまんば)」です。  山姥が子供を拾って育てるお話は民話でもあったりします。ただし、この話の場合は実母という設定ですが。  時代が移り変わるの中で、生き残っていた妖怪たちは淘汰されるか人間の生活に紛れ込んで生きていくかの道を辿ったのではないかなぁと思うのです。  そして、時おり本来の姿に戻るけれどそれを子供には知られたくない気持ちがあって。  だから彼女は言ったのです。 「早く寝ないと婆が来るよ」  と。  その言葉が逆効果となって寝付けなくなった子供 (主人公)に結果として「婆」の姿を見られてしまうんですけれどね。  お母さんの優しかったところは婆は来るだけで子供をさらうとか食べてしまうとかそういう話はしなかった点でしょうか。  葬式の時に正体がわかったのは、死んで人間に化ける力を失ったために本来の姿に戻ってしまったから。  もしかしたら年を重ねるごとに幼い頃に見た「婆」とお母さんの姿が似てきていることに気付いていたかもしれませんね。  母親の正体が幼い頃に見た化け物だったと知っても主人公が嫌悪する様子を見せないのは、きっと、「婆」が子供から愛される素敵な「お母さん」だったからなのでしょう。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 即興小説 書いてみた

    十五分で完結させること

    1,100

    0


    2022年9月28日更新

    即興小説を十五分で完結させる祭。 とにかくお題に反応して書くってことをやるのです。 私はどう頑張っても四百字前後にしかならないのですが。 即興小説トレーニング http://sokkyo-shosetsu.com 制限時間 15分、必須要素なし 如何屋サイと様の企画に参加してます。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内なお話。(主に会話劇)

    1,559,064

    2,407


    2022年9月28日更新

    Twitterコンテンツ用に作ったお話です。 せっかく作ったのに、Twitterだと短期間で誰の目にも触れなくなってしまい 何か勿体ないので、ここに投稿しています。 全て 独立した個別のお話なので、何処から読んで頂いても大丈夫! ---------- *テーマ別選り抜き版 「相合傘な140文字」 https://novelup.plus/story/768825916 「正義な140文字」 https://novelup.plus/story/555847635 「もののけな140文字」 https://novelup.plus/story/272864122 「恩返しな140文字」 https://novelup.plus/story/592271231 「霊視な140文字」 https://novelup.plus/story/635367455 「雨な140文字」 https://novelup.plus/story/447751405 「運勢な140文字」 https://novelup.plus/story/655033973 「映画な140文字」 https://novelup.plus/story/397006961 「童話な140文字」 https://novelup.plus/story/645826373 「願掛けな140文字」 https://novelup.plus/story/827606500 「同じな140文字」 https://novelup.plus/story/933858150 「怪談な140文字」 https://novelup.plus/story/532197162 「お姫様抱っこな140文字」https://novelup.plus/story/559135391 ---------- 「結果的連作」の お品書き https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 僕が体験した本物の怪異

    最近やたら怪異と遭遇する

    2,300

    0


    2022年9月28日更新

    最近本物の怪異と遭遇しまくってる僕が送る怪異の話。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    2,001,071

    4,821


    2022年9月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35時間1分

    この作品を読む