エッセイ/評論/コラム 短編 連載中

涼州へ

作者からの一言コメント

三国志の、宛城の戦いをテーマにしました。

時は三国時代——飛ぶ鳥を落とす勢いの曹操が、降将の張繡に急襲され、嫡子・曹昂と猛将の典韋を喪った宛城の戦いで、夜食が果たした役割とはいかに? とある武将の視点から描く、エッセイもどきの作品です。 常勝の英傑・項羽の遺体を八つ裂きにした、漢の将軍・楊喜から十一代目の子孫『 楊修 』が言い放った名言通り——中身はゴミだが、書いちゃったから捨てるには少し勿体ない「 鶏肋 」の精神で綴っていきたいと思います。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 涼州へ
作者名 kikazu
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 禁断の夜食コン 三国志 歴史 曹操 悲恋 張繡 典韋 宛城の戦い 男主人公 ノベプラオンリー 戦記 ダーク
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月18日 19時44分
最終投稿日 2020年11月23日 17時39分
文字数 7,173文字
ブックマーク登録 13件
コメント 5件
スタンプ 41件
ビビッと 4件
応援ポイント 23,117pt
ノベラポイント 743pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕の随筆は、案外に面白いかもしれませんよ

    ♡500

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・5話・2,246字 せっちゃん

    2020年11月25日更新

    日頃の生活における思念や出来事の中で、これを文章に起こしたい、と思ったものを正直な心で書きます。話や気分によって文体を変えますから、統一性がない、という印象のある反面、さまざまの味わいを感じることもできるでしょう。

    タグ:

  • だらだら生物エッセイ

    ♡22,500

    〇1

    エッセイ/評論/コラム・連載中・13話・7,487字 みなはらつかさ

    2020年11月25日更新

    私の趣味の一つである「生物」についてだらだら書き連ねます。 思いついたままをだらだら書き連ねるため、学術的見地から当を得ていない可能性がありますが、あくまで「作者が気の向くままに書いた読み物」として割り切れる方のみ先にお進みください。 ガチな話が読みたい方は、然るべきお金を払って専門書を買ってくださいませ。