現代/その他ファンタジー 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

名前は自分で名乗るとは限らない。

作者からの一言コメント

第2回の勉強会のそれです。

読了目安時間:2分

総エピソード数:3話

既存の書いたものの中から、名前のだしかたに癖のあるものを字数の許す限り抜粋してみました。宣伝兼ねてます。興味を持っていただければ幸いです。

総エピソード数:3話

作品情報

作品名 名前は自分で名乗るとは限らない。
作者名 しいら りん
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 第2回勉強会
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月14日 15時37分
最終投稿日 2022年5月14日 15時40分
完結日 2022年5月14日 15時35分
文字数 1,066文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 3話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 月のミカドのこどもたち

    ニート&宮司、美麗双子の陰陽ファンタジー

    2,500

    0


    2022年5月20日更新

    軽妙でコミカルな現代ファンタジー・読切短編集。 美麗双子のブロマンスをそえて。 陰陽師・安倍晴明の流れをくむ月御門(つきみかど)家の双子の兄弟。 17歳の若さで家業である神社の宮司をつとめる弟の陽向(ひなた)に比べて、兄の千影(ちかげ)は全寮制高校を1年あまりでドロップアウトした後は、『夢催眠カウンセラー』を自称する実質ニート。 だが、他人の夢の中に入り込んで干渉できるという異能の力を生まれつき持っていて…… ※この物語はフィクションです。 登場する人物・団体・名称等は架空であり、 実在のものとは関係ありません。 表紙「たいとるぐらふぃ」http://underthesky.the-title.jp/ ※転載禁止

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む

  • 冷徹不遇の奈多切(なたぎり)さん

    最奥を理解しろ。否定も肯定もそれからだ。

    1,000

    0


    2022年5月20日更新

    学園一の聖人君子と噂(評価)されている青年・鏑木(かぶらぎ)竜正(りゅうせい)は、二メートルを越える巨大な芋虫の化物と遭遇する。薄羽を持つ芋虫の化物は、なぜか鏑木を執拗に追いかけてきて……。そんな彼の命の危機を救ったのは、後輩の少女・奈多切(なたぎり)恋白(こはく)だった。 ――見えないだけで世界に存在している手の平サイズの妖精たち。純粋無垢な彼女たちは、人間たちが生み出した娯楽・コンテンツを共に楽しんでいるが……、純粋無垢であるがゆえに、外部から受ける刺激を必要以上に吸収してしまう。 善意を受け取れば――悪意を受け取れば――、妖精は変化していく。 そして人間世界は、善意よりも悪意が多い世界である。 悪意を受けた妖精は『尾を引き』、やがて『悪化』し『化物』へ成る――。 そんな化物を元の妖精へ戻すためには、多量の『善意』が必要と言われていた。 善意は好意とも呼び――、善意を戦闘力へ変換する=つまり善意の強さであった。 鏑木を救った奈多切恋白の力の源は……さて、どこへ向いた好意なのだろう? ※カクヨムでも連載予定

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    234,130

    535


    2022年5月13日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む

  • ビスマルクの残光

    ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する二人

    73,350

    238


    2022年5月20日更新

    時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む