異世界ファンタジー 長編 完結済

選ばれし少女だった。

作者からの一言コメント

ビキニアーマー大賞参加作品。

読了目安時間:2時間43分

総エピソード数:35話

 十年に一度の周期で生じる世界の歪み。  歪みを放置すればさらなる厄災を呼び寄せることになる。  均衡を司る女神から力を与えられた十代の少女たちは厄災を退け、世界の歪みを正す為に戦う。  クラウディアもそんな選ばれし少女の一人、だった。

総エピソード数:35話

作品情報

作品名 選ばれし少女だった。
作者名 伊藤無銘
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ビキニアーマー大賞 アクション/バトル 女主人公 西洋風 ノベプラオンリー 百合
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年8月14日 15時31分
最終投稿日 2020年10月30日 12時00分
完結日 2020年10月30日 12時00分
文字数 81,664文字
読了目安時間 2時間43分
総エピソード数 35話
ブックマーク登録 18件
コメント 0件
スタンプ 127件
ビビッと 3件
応援ポイント 42,150pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 見捨てられた俺と追放者を集める女神さま 謎スキル回転砂の真価を見つけだし、リベンジ果たして成りあがる

    理不尽な世界に仁義を貫き 復讐を果たす

    600

    0


    2022年10月1日更新

    「この町のハンターで『パーティーから追放されたりクビにされた人』がいたら教えてくれませんか?」 町のギルドで不思議な質問をする一人の女性がいた。追放者を集めるという奇妙な行動をとる彼女を他のハンター達が馬鹿にして笑っていたが、ガラルドというハンターだけは彼女のことを真剣に見つめていた。 そんなガラルドは町一番の有名パーティーに所属していたものの能力不足を理由にクビになりかけていた。 「お前は役立たずだ、次の魔獣討伐任務の結果次第でクビにする」 リーダーからそう言い渡されたガラルドは任務中とんでもない状況へと追い込まれることとなるが……偶然にも『追放者を集めていた不思議な女性』と任務地で再会することとなった。 その女性は自らを女神と名乗りはじめ、名に恥じぬ美しさと優しさを持つ女性だったのだが、それらの要素が霞んでしまう程に凄まじいバイタリティーと個性を持つ女神だった。 そんな女神に無能スキル「回転砂」を発掘され、背中を押されたガラルドは少しずつ自分と仲間と世界を変えていくこととなる。 ※※以下今作の特徴です※※ ・爽快かつテンポの良いストーリーを心がけています ・最初は理不尽な目に遭い、底辺感がありますが、成りあがっていきハッピーエンドになる物語を書きます ・序盤の小さな山場は4話、大きな山場は13話です。最初の街の区切りも13話なのでそこまでで読み続けるかを決めて貰えたらと思います ・戦闘、成長、経営、伏線、人格的勝利や論戦的勝利の快感など、色々な爽快感を重視して描いていきます ・暗い話は最序盤と一部過去編以外ほとんどありません 明るい旅路を描くつもりです ・基本的に一日一話更新していきます(更新時間は16時~22時のどこか)最後まで構想と筋書きは出来ているので、もしかしたら一日複数更新の日もあるかもしれません 皆さんの応援で今後も執筆を続けていけるかもしれません、応援のほどよろしくお願いいたします。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間18分

    この作品を読む

  • 結婚を控えた公爵令嬢は、お伽噺の“救世の神獣”と一心同体!? ~王太子殿下、わたしが人間じゃなくても婚約を続けてくださいますか?~

    公爵令嬢オリヴィアの救世物語!

    58,200

    0


    2022年10月1日更新

    【魔術も呪術もお伽噺の中のことだと思われていた世界で、公爵令嬢のオリヴィアがワンちゃんの姿で活躍し、世界を救うお話】 ―あらすじ― お酒を被ったり飲んだりするとワンちゃんに変身してしまう現象に悩まされていた公爵令嬢のオリヴィアは、一年後に結婚を控えてマリッジブルーな上に、その秘密をお相手であるエドワード王太子に言えずにいた。 そんな中開催された夜会で、エドワードもお酒でワンちゃんに変身してしまうことが判明。 その場はオリヴィアの機転で切り抜けられ、さらにオリヴィアの前向きな性格で両家を巻き込み原因の究明に乗り出す。 この理解不能な現象には、ある男が関わっていると判明し、その男の所在をワンちゃん“ふたり”の嗅覚で調べ上げ、身柄の確保に成功。 しかし、その男は長い間真犯人に囚われ、脅されて呪術を行使させられていただけだった。 真犯人の捜査を進めつつ、男の手によって解呪の儀式をするが、なぜかエドワードだけが成功し、オリヴィアは失敗してしまった。 戸惑ったり落ち込む間もなく、新たな問題が発生する。 天文現象を原因にその男が不気味で巨大な怪物に変身し、災厄を撒き散らしながら逃亡してしまったのだ。 それでもオリヴィアは前向きに解決しようと動く。 そんなオリヴィアに、エドワードも王太子としてよりも、オリヴィアの婚約者として協力して立ち向かっていく。 ※本作内に於いて惑星や衛星の巡りの記述がありますが、地球を含む太陽系とは異なります。 また、それらの公転軌道等については緩い設定ですので、フィクションとご理解下されば幸いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る