文芸/純文学 短編 完結済

電子の海、靄の渚

作者からの一言コメント

あの日枯れた海を渡って

読了目安時間:4分

総エピソード数:1話

この渚から、どこまで行けるのだろうか─ 2021年4月にpixivに投稿した同名短編に一部加筆、修正をしたものです

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 電子の海、靄の渚
作者名 科幡 谺
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 男主人公 男女 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年3月21日 20時10分
最終投稿日 2022年3月21日 20時18分
完結日 2021年6月2日 0時54分
文字数 2,117文字
読了目安時間 4分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 2件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,200pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 「魔力0のお前を追放する!」 魔力0の貴族の三男ノアは家族から『無能』と蔑まれていた。そして16歳の時に授かった女神様からの祝福である能力は『空気が読める』だった。 魔法が全てであるこの国において魔力0の上、魔法とは全く関係がない能力を授かったノア。ノアの父親は冷たくノアに追放を宣言する。 だが、彼の幼馴染のリリーは彼と一緒についていくとノアに希望を与えてくれた。貧しくとも幸せな未来がある筈だった。しかし、外道のノアの兄2人はそれを知りリリーを目の前で穢した上、殺してしまう。そして、その罪まで着せられて最果てのダンジョンの奥地への追放刑にされる。 憎い。憎い。憎い! リリーを殺した上、冤罪まで押し付けた家族をこの手で殺してやりたい! しかし、魔法を使えないノアに待っているのは死しかない。 だが、 『力が欲しいか?』 突然目の前の空気に文字が現れた。そして宙に現れた文字を読むと。 『我が剣は無限なり。我が剣は輝く閃光、我が剣に勝るものなし!』 空気を読むと身体能力が爆発的に上がった。そして最果てのダンジョンを次々と踏破してい行きレベルやスキルをサクサク上げていく。 もちろん、ダンジョンを出た後のノアの善行によって、勝手に実家は没落し、ついに兄と父親への復讐を果たすこともできる。 これは剣が無い魔法の世界で主人公がサクサク強くなっていく、爽快感あふれる追放、復讐ストーリーです。 ざまぁ回はエピソード40話以降です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む