ある生徒がカウンセラーに語ったことの不正確な記録

噂話――エピローグに代えて

「ねえ、生徒会長、ずっと学校休んでるけど、どうしたんだろうね?」 「さあ。スクールカウンセラーの先生のところに通ってたってのは聞いたけど」 「疲れちゃったのかな?」 「うーん。あの人、ものすごく無理してたみたいだものね」 「壊れちゃったのかも知れないなぁ」 「生徒会の仕事はどうなるんだろう?」 「ああ、()()さんが代行するって聞いたけど」 「えー。副会長じゃなくて? 選挙にも出なかったあのひとが? なんで?」 「しらないよ。でも、あのひと、なんで役員選挙に出なかったのかな? 最初からあの人が会長になった方が良かったんじゃナイかと思うんだけど」 「そうねー」 「よく分からないことばっかり起きるなぁ」 「ほんと、ほんと」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡393,950

    〇1,280

    異世界ファンタジー・完結済・225話・781,506字 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。

  • 2021年1月17日更新

    それは、敵と和解できるVRMMORPG。 ◇ 動物を愛する少女「ケイカ」は、リアルでは動物アレルギーでペットを飼えないため育成ゲームを主に遊んでいた。 しかしあるとき彼女は幼馴染に動物系だからと紹介され、PVを見て気に入った「神獣郷オンライン」というVRゲームを遊んでみることに! そのゲームのコンセプトは「どんな敵とも和解できる」優しい世界であること。 悲しみや憎しみが聖獣を魔獣へと変えてしまう世界。しかし、その逆もまた然り。 負の感情で暴走した魔獣の心は言葉や行動で癒し、聖獣へと浄化し戻すこともできるという。 そんな魔獣を仲間の聖獣として「スカウト」することができる特殊システムを活かし、ケイカは聖獣達と共に暮らす「共存者」となって世界を駆け巡る! 聖獣を愛でるために「器用値」が関わる? ならとりあえず極振りで! 聖獣の進化の為には認知度も関わる? なら配信を始めて「不殺」の「魅せプレイ」を目指してみよう! これは、和装の舞姫となった「ケイカ」の情熱と動物愛を捧げる優しい物語。 ――情熱を心に灯し、不殺の勝利を貫き通せ! 【一話目に表紙付き】 小説家になろうにてブックマーク7500以上! 好評連載中! ◇ 最初の山場は【三匹目!『清らかなる絶対王蛇!』】なのでそこまでお試しで読んでいただけると幸いです! ◇ ※ 現在感想が多くなったこともあり、返信を停止しております。 ただ、感想は全て読み、いいなと思った部分は本編に反映されます。ご了承くださいませ。 *最新話に追いついている皆様には『読者参加型』の企画をして本編に反映することがございます。 また、「時雨オオカミ」の名前でTwitterをやっており、DMは解放済み。そちらに書いたり、@IDをつけてツイートしてくだされば必ず反応いたします。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魂少女と吸血鬼の話

    ♡3,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・11話・28,086字 フロッグ

    2021年1月18日更新

    自死を選んだ少女は気がつくと己の墓の前に立っていた。未練なんてさらさらない。むしろなかったから死んだはずなのに。魂だけの存在になった少女は、何気なく足を踏み入れたお屋敷で吸血鬼と出会う。あまりにも退屈だから1つ勝負をしようということになり…… ? 魂だけとなった少女と吸血鬼の、互いの秘密を探り合う短編不思議話。

  • 未定

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話・243字 syaudo

    2021年1月18日更新

    未定

    タグ: