完結済 長編

咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。

作者からの一言コメント

第三回ライト文芸大賞奨励賞受賞作品。

 加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。  彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。  彼女は、高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼の寿命は──〝一年〟だった。  彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命はどうして一年なのか?  彼の死因とはいったいなんなのか?  彼を救う事が自身の罪と向き合い償う方法だと考えた咲夜だったが、彼の他にも、次々と寿命一年の人物が現れるのだった。  寿命一年の人物たちを救いながら駆け抜けた日々の先で、咲夜は、今泉京の運命を変えることが果してできるのか?  偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。 ■2020年6月、部分改稿。 ※アルファポリス主催第三回ライト文芸大賞、奨励賞受賞作品。 ※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。わーい! ※Part51の挿絵として、ミカスケ様のフリーイラストを使わせて頂きました。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。
作者名 華音(かのん)
ジャンル 文芸/純文学
タグ 青春 恋愛 文芸部 超能力 リレー小説 ヒューマンドラマ スクールラブ 眼鏡っ娘 心の闇 R15 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年1月23日 21時11分
最終投稿日 2020年4月21日 20時00分
文字数 246,660文字
ブックマーク登録 77件
コメント/スタンプ 412件
応援ポイント 233,670pt
ノベラポイント 1,681pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 楽しんでね✨

    ♡6,100

    〇250

    童話/絵本/その他・連載中・13話 かずねこ

    2020年7月16日更新

    星のない世界に生まれた少女は星を願う。 詩のような感じで書きました。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡221,750

    〇1,785

    SF・連載中・56話 新星

    2020年7月12日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 楽しんで下さい

    ♡2,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・7話 踊る猫

    2020年7月16日更新

    ポール・オースターの小説『ムーン・パレス』の主人公マーコ・フォッグに宛てた手紙です。

    タグ:

    手紙

  • あなたの、大切な『もの』は何ですか。

    ♡222,405

    〇1,150

    文芸/純文学・連載中・102話 呂彪 弥欷助

    2020年7月16日更新

    現世と過去生が交わる第一部。 遠い過去を呼び起こす第二部。 帰還か転落か、来世が繰り広げる第三部。 そして、その先に──信じること、裏切ること、許しあうことで迎える真の結末。 これは、堕ちた女神と、禁忌を犯した神の末路を描く長編小説。 時は、現世より始まる。 世界に君臨する城の姫と、その姫を護衛する一流剣士。 婚約者の帰城を待つ姫。 研究所の君主と、ひょんなことから宿屋の居候になった男。 おとぎの国かのような城の嫡男と、美形と名高い双子の弟──それぞれは己の正体を知らず、各々の困難と懸命に立ち向かう。昔々に背負った因果を抱えながら。 あれは、『愛と美の神』と悪魔の子が出会って起こった悲劇。 大神は神々と精霊体に命を下す。──発動されたのは、『女神』”回収プログラム”。 自ら堕ちた神は、悪魔の子により地獄の果てへ着々と向かう。 大神の命を受けた神々と精霊体は、人となり。輪廻転生の輪に組み込まれ、苦しい魂の修業が始まる。使命を遂行し、三回転生後に天界へ帰還せよ。 人となった神々と精霊体は、一度その生を終える。それらの経緯は『伝説』と『絵本童話』となり、二度目の生を送る時代に残った。 大神の命を受けた神々と精霊体、自ら堕ちた神、そして悪魔の子は人々に紛れ同じ時代に生きている。 点と点が繋がり、線となり。渦となって動き出す。 運命に逆らうのか、受け入れるのか。自ら堕ちた神は、地獄へと落ちてしまうのか。 女神が誰かと知ったとき、幸せは一度崩れ。そして、女神の『最後』の決断を知ったとき、『幸せ』とはなにかとさまようことだろう。 最後に女神は微笑む。 『永い永い願いを叶えることができた』と。 なにが幸せで、なにを祈り、なにを望むのか。真の『幸せ』を探し求めて、『その先に』。 大切な人を、大切なものを守りたい──。 あなたの、大切な『もの』は何ですか。 ★=イラスト有。他小説サイトでも連載中。 友情、愛情、愛憎、家族などを通して神々の行く末を描く中世ファンタジーの皮を被ったヒューマンドラマです。 未成年の性、近親相姦を含むストーリーですが、推奨はしておりません。