咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。

Part.19『説得』

 夕食後私は自室に戻ると、ベッドの上に腰を下ろして読み止しの小説から栞を抜き開いた。  ここのところ、ようとして執筆が捗らない文化祭用小説の参考にしつつ、気晴らしになればいいなと、インプットを目的とし購入してきた新刊だった。  ページを捲り、読み進めていく。読めば読むほどに、自分とプロ作家との違いを痛感させられる。  整った文体。  多彩な比喩表現。  何気ない情景描写の中にまで垣間見える、斬新な表現力。  これまで読んできたどの小説と比べても違っているというか、文章力も技法も抜きんでていて、感嘆の溜め息しかでない。  一度本から顔を上げた。  ちょいとばかり、レベルの高い作品を選び過ぎただろうか。過ぎたるは猶及ばざるが如し、とでもいうべきか。ここを目指しても手が届くはずがないという落胆と、では、自分はどんな作風を目指すべきなのか、という困惑が、纏めて押し寄せていた。  目標がよけい見えなくなったこりゃ不味い。前途多難だ。  そんなことを考えている時、チャットアプリの着信音が鳴った。  誰だろう、とスマホを拾い上げる。 明日香【それで、明日は何時?】 咲夜 【十四時、彼女が何時も向かう公園で説得してみる。明日香ちゃんは、アパートから二人が出るところを確認してくれると嬉しい】 明日香【了解。じゃあ、少し早めの時間に出て、真っ直ぐアパートに向かうね】 京  【本当に明日で大丈夫なのか? なにか勝算でもあるの?】 咲夜 【勝算は正直微妙……。でも、色々な可能性を考えた結果、死因はほぼ自殺で間違いないと思うんだよね。そうなってくると、予定を遅らせる理由がない。待てば待つほど、状況が悪くなっていく気がする】 京  【それはまあ、確かに。善は急げか】  その時階下から、「風呂が沸いたから入りなさい」と言う母親の声が聞こえてくる。私は「わかった」と返事をすると、次のメッセージを打った。 咲夜 【親に呼ばれたので、お風呂行ってきます】 明日香【いってらっしゃい】 京  【後でこっそりと、エロい写真送ってね】 咲夜 【グループチャットで、こっそりも何もないでしょう? バカなんですか】 京  【え、こっそりなら送ってくれるの?】 咲夜 【死んで下さい。そもそも、私の裸でエロくなるわけないでしょう?】  普段通りのやり取りに忍び笑いを漏らす。スマホを床に置き、着替え用の下着とパジャマを手に取り立ち上がろうとしたその時、もう一度だけ着信の音が鳴る。何、と疑問に思いつつメッセージを表示させた。 明日香【なるよ】 京  【なるよ】 「あんたらは……」  本気なの、と思った。  湯船に深く身体を沈め、ふう、と心地良いため息を吐き出した。吐いた息は、浴室に立ちこめる湯気と交じり合ってすぐに消えた。お湯の温もりが全身に染み渡ってくると、波立っていた心が凪いできた。  水面に目を落とすと、細い髪の毛が数本絡み合うようにして漂っていた。  私の髪の毛は細くて切れやすいので、ちょっと強めにブラッシングするだけでも、不安を煽るように抜け落ち死んでいくのだ。  瞼を閉じて顔を揉む。そして、明日のことに考えを巡らしていった。  いよいよ明日、高橋三枝子さんを説得すると決めた。  二人の行動パターンを、復習を兼ね思い出してみる。彼女らはアパートを出たあと大きい通りに抜けると、北東の方角にある本牧山頂公園(ほんもくさんちょうこうえん)を目指す。そこの散歩道を半周ほどまわったのち、同じルートを辿って帰路に着く。  接触を試みる場所は、高台にある散歩道の中央付近を選定した。  私達三人に加えて娘の梓さんも呼んでいるため、広い場所が望ましいのが理由の一つ目。二つ目は、自宅アパートに押しかけて万が一警戒心を抱かせてしまった場合、施錠して閉じこもられると手も足も出せなくなるからだ。  チャンスは恐らく一度きり。失敗は絶対に許されない。  彼女達が、何時、どんな方法で死ぬのかは、最早大した問題ではない。自殺しようという考えそのものを改めさせない限り、二人を救い出す手立てはないのだから。  三枝子さんは、私の声に耳を傾けてくれるだろうか。成功のカギは、先日声掛けをした梓さんが来てくれるかどうかに、大きく左右されるだろう。 「……」  ふと、冷静になった。私、結構とんでもないことをしているな──。  思えば中学の頃まで、寿命一年の人物を見かけても、見てみぬ振りをして、何もしようとしてこなかった。  深く関わり合いになればなるほど、救えなかった時のショックも相応に大きくなると知っていたから。  それがどうだ。  小学生の命を救い、見ず知らずの高橋さん親子を救おうと帆走している。  全ては、先輩がいるからなんだ。  彼の寿命が一年なのを見かけて屋上まで駆け上がったあの日以降、たびたび行動を共にするようになり、あまつさえ手を貸してもらっている。  本当にお人よしというか──変な人。  明日、三枝子さんに声がけをした時、変な顔をされるだろうか? 本当に死因は自殺でいいんだろうか、ということ含め不安は尽きない。  それなのに、不思議と心は落ち着いていた。大丈夫だと思えるようになっていた。私の『寿命が見える』という能力を理解し、受け入れ、行動を共にしてくれる仲間が今は居るから。  ちゃぽん、と私はお湯の中に半分だけ顔を沈めた。  * * *  翌日の天候は、生憎の曇天。  厚い雲が太陽を覆い隠し、私の胸中に渦巻く不安を煽るように、一筋の光も射しこまない。  身震いしそうなほど肌寒い風が吹きつける中、私と今泉先輩の二人は、本牧山頂公園の散歩道に居た。  高橋さん親子がアパートを出たという連絡が、明日香ちゃんから届いてから既に十分。私の見立てでは、もう間もなく二人の姿が見えてくるはずだった。  ジョギングをしている男性や犬の散歩をしている女性の姿に紛れ、自転車を漕いでいる女の子の姿が見えてきた。 「ごめん、遅くなった」  私達の側までやって来ると、明日香ちゃんは自転車を急停車させる。 「あれ、梓さんは?」  明日香ちゃんの質問に、先輩が首を横に振った。 「残念ながら、まだ来てないね。まだ、というか、そもそも来ないのかもしれないけど」  行き交う人の姿に目を向けながら、先輩の顔が失望の色に染まる。 「しょうがないよ。来てくれたら儲けもの、くらいに考えていたし」  相槌を挟む私も、落胆の思いを隠せない。実の娘が来てくれたなら、どんなに心強かっただろうか。 「そっか」一方で明日香ちゃん声は淡々としている。「あと十分くらいで見えてくる?」 「たぶんね」  私も先輩に倣って、散歩道を歩く人の姿に目を配る。もっとも、車椅子を押して歩く二人の姿は目立つため、万が一にも見逃すとは思えないが。  散歩道の脇に設置された石造りのベンチに腰を下ろして、二人の到着を待ち続ける。不意に肌寒さを感じると、制服の上から着ていたパーカーの前を閉じ、裾をぎゅっと握り締めた。  そのまま暫くの間、誰も口を開かなかった。  続く沈黙が、不安と心細さを加速させる。  五分。  十分。  十二分。 「ねえ」「なあ」  明日香ちゃんと先輩の声が同時に上がった。 「流石にオカしくないか」  明日香ちゃんが譲ったことで、二の句は先輩だけが紡いだ。  確かにおかしい。私はスマホを取り出して、時刻を確認した。  明日香ちゃんから二人がアパートを出た連絡を貰ってからもう二十五分。私の見立てよりも、到着は五分以上遅れていた。寄り道をしているだけだろうか。そう思いたいのに、不安だけがかきたてられる。 「うん、確かにちょっと遅い。でも、もう少し待ってみようよ──」 「それでいいの?」  被せられた声にハッとすると、先輩が食い入るように私の顔を覗きこんでいた。顔、近いです……。 「でも、待つ以外にないじゃないですか」 「例えば、二人が自殺するのが今日だとしたら?」 「え?」 「加護はさ、二人が自殺を決意するのが、()()()()()()という根拠はあるの?」  今日、死ぬ? 先輩の言葉に戦慄が走ると、背筋がぞくりと冷え込んだ。 「根拠なんて、ある訳ないです……まさか? え、どうすればいいのかな?」  天地が引っ繰り返るような感覚。足元が覚束なくなってしゃがみ込んだ私の肩に、先輩がそっと手を置いた。 「落ち着け加護。仮にそうだとしても、俺たちは三人いるんだ。手分けして捜せばまだ間に合う」 「横浜市中区(なかく)にある橋」  明日香ちゃんがスマホの画面をタップしながら、口を挟んでくる。 「なに、それ」 「自殺の多い場所を調べてる。ホントはこんなの、調べたくないけど……」  整った眉根を寄せつつも、尚も検索を続ける彼女。 「そっか……、この本牧公園も結構スポットあるみたいね。満坂口の階段の上、上りきった所にある広場の茂み、林道、本牧神社口。うわあ、多すぎてこれは絞り込めない」 「中区か、ちょっと遠いな……。でも、彼女らがタクシーを利用すれば、あるいは」シャツの裾を捲り腕時計を確認しながら先輩が言った。「今日だと断定はできないが、可能性は潰した方がいい。じゃあ、その橋は俺がバスを利用して向かってみる。元々俺だけ歩きなんだし、その方がいいだろう」  彼の言葉に、うん、と明日香ちゃんが肯いた。 「じゃあ私は、今スマホで確認した情報を頼りに、公園内を探し回ってみるね。まっかせてー、こう見えても脚力には自信あるからさ」  自転車に跨りながら、明日香ちゃんが不安を吹き飛ばすように拳を握る。 「それと、咲夜」 「あ、うん」 「咲夜は急いで高橋さんのアパートに戻ってみて。彼女らの散歩コース、把握してるんでしょ? 行き違いにならないよう、コースを逆に辿るようにしてさ」 「分かった」  私が自転車に跨ったのを確認してから、今泉先輩が総括した。 「んじゃ、高橋さんらが見付かったら必ず連絡入れる事。それと結果はどうであれ、十六時迄には各自一報を入れる事。おーけー?」 「りょーかい!」「分かりました」  私と明日香ちゃんの返事を合図に、三人は別々の方角に走り始めた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡1,000pt 2020年10月5日 3時40分

    【なるよ】に噴き出しました、なんだこのコンビネーション(笑) 笑える前半部分からの、緊張感が滲み出る後半。自殺は阻止できるのか、そもそも自殺なのか? 続きが気になります。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2020年10月5日 3時40分

    邪気眼ぱいせん
  • 文学少女(心と身体フェアver)

    木立 花音

    2020年10月5日 20時27分

    前フリした上での「なるよ」ですからねw 笑って頂けて嬉しいです。ここは気が利くようで(いや、利くんですけどね)デリカシーに欠けた部分のある京君と、何故か乗っかる明日香による妙に息のあったタッグです。さて、次は二章のクライマックスなので、だいぶ気合い入れた部分ですの。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    木立 花音

    2020年10月5日 20時27分

    文学少女(心と身体フェアver)
  • 獅子舞

    むらもんた

    ♡1,000pt 2020年4月2日 12時53分

    むらもんた【なるよ】

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    むらもんた

    2020年4月2日 12時53分

    獅子舞
  • 文学少女(心と身体フェアver)

    木立 花音

    2020年4月2日 15時06分

    その感想は初めて貰いました。ちょっと笑いました("⌒∇⌒")

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    木立 花音

    2020年4月2日 15時06分

    文学少女(心と身体フェアver)
  • 獅子舞

    むらもんた

    ♡1,000pt 2020年4月2日 12時49分

    むらもんた【なるよ】

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    むらもんた

    2020年4月2日 12時49分

    獅子舞
  • 文学少女(心と身体フェアver)

    木立 花音

    2020年4月2日 15時08分

    電波の関係でコメント重複の件、了解しました。ポイント勿体ないので、このままにしておきますね(←浅ましいな)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    木立 花音

    2020年4月2日 15時08分

    文学少女(心と身体フェアver)
  • ひよこ(重)

    DANDY

    ♡300pt 2021年1月13日 0時09分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも見てますよ

    DANDY

    2021年1月13日 0時09分

    ひよこ(重)
  • 文学少女(心と身体フェアver)

    木立 花音

    2021年1月13日 22時46分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ホラー「ありがてぇっ!!!」

    木立 花音

    2021年1月13日 22時46分

    文学少女(心と身体フェアver)
  • れびゅにゃ~

    Super3l

    ♡300pt 2020年8月11日 9時30分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    Super3l

    2020年8月11日 9時30分

    れびゅにゃ~
  • 文学少女(心と身体フェアver)

    木立 花音

    2020年8月11日 17時36分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    筆文字「嬉しい…(震え声)」

    木立 花音

    2020年8月11日 17時36分

    文学少女(心と身体フェアver)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 愛機の挙動が悪くて、低浮上です…。

    ♡381,074

    〇20,104

    SF・連載中・32話・75,881字 kikazu

    2021年1月23日更新

    近未来——AIが国家を運営する世界。 生徒数一万人を誇る、関東第7学校の学生でありながら、高収入で眉目秀麗の超エリート——性格が非常に残念で、女子が苦手な事以外はパーフェクトの男子高校生、木ノ下翔太は寝てる間に、国家的プロジェクトのVR MMO 歴史シミュレーションゲーム「天下統一」のプレイヤーとして、忠実に再現された仮想世界の戦国時代へと、送り込まれていたのだった。 「 本当の戦国時代 」は小氷河期を迎え、現代の言語や価値観がまったく通用しない過酷な世界。 そのような中——彼のアバター、戦国大名オダさまのスペックは完全にポンコツ。パラメーターは全滅。 固有のSSSスキル「 トンズラ 」とSSスキル「 逆ギレ 」など、ネーミングが奇抜なだけで、まったく役立ちそうにもない。 軍師のアマバネは見た目こそ絶世の美少女だが、能力でいうと——性格破綻者のポンコツ。他の家臣も似たり寄ったりである。 ログアウトすら儘ならない状況で、ゲームクリアの条件——天下を統一する可能性は0%と判定される始末だが、クリアに失敗すると他の賞金目的で参加しているプレイヤーたちと同様、身の破滅——莫大な違約金が発生すると宣告され、一念発起・一発逆転、裏ではた迷惑な『 人類淘汰計画 』を企む国や、ゲーム運営相手に——ポンコツだらけの家臣団を率いて、この仮想世界から絶対に脱出すると誓うのだが……。 第一章は「 小田原城攻略作戦 」までを書き進めていきます。

  • 思い付きで書くので、気まぐれです。

    ♡2,900

    〇50

    詩/短歌・連載中・4話・3,048字 ぷりん頭

    2021年1月27日更新

    不意に思ったことを即興でストーリー性あるものに、忘れないうちに書き殴る。 完全ぷりん頭の自己満足の作品となっております。 サラッと読めるように短めになっていますので、好きだなって思ったらぜひコメント、スタンプお願いします。 とりあえずぷりんが食べたい。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る