現代/その他ファンタジー 長編 完結済

絶対捜査戦のアストラルホルダー~新人特務官の事件録~

作者からの一言コメント

感情をエネルギーにして戦う異能バトル

とある夏休み、補習を終えた【天渡 凪斗】は帰り道に友達の【二斬 結衣】と出会う。 高校で仲良くなった二人は凪斗が昼飯を奢ったりするぐらい仲が良かった。 そしてその夜、バイト帰りにいつもの道を夏の暑さを感じながら帰っているとバッグを抱えた男とぶつかる。 その男はバッグがすり替わったことに気付かず走り去っていき、凪斗がその男が持っていたバッグの中身を見ると中に入っていたのは謎の液体が入った注射器。 これをどうにかしようとバッグを抱えたまま動き出すと突然空中から鎌を持った少女が襲い掛かってきた。 凪斗は尻もちをつきながらもその少女を見ると全く雰囲気が違う昼間の結衣の姿があった......。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 絶対捜査戦のアストラルホルダー~新人特務官の事件録~
作者名 夜月紅輝
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 近未来 異能 ハッピーエンド 感情 成長 恋愛要素あり アストラル
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年4月1日 18時07分
最終投稿日 2021年2月19日 18時00分
完結日 2021年2月23日 18時18分
文字数 582,502文字
ブックマーク登録 10件
コメント 0件
スタンプ 68件
ビビッと 0件
応援ポイント 21,300pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 背景描写より大切な事は登場人物の心を!!

    ♡2,500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・27話・226,473字 蒼真空澄

    2021年2月28日更新

    ある程度それなりの有名大学に進学。 特に学業でも何も問題すらない。 いつも私は思う。 「下らない」 「つまらない」 たまに出す口癖でも本心だ。 昔から大人相手をしてきた事もある。 だから相手の『目』を見れば大体、嘘か本当かも判る。 だからこそウンザリする!! 人間なんて嘘の塊でしかない。 大抵の事も苦労なく出来る。 友人なんて使いっ走りだ。 私の本心すら一切、気付かない馬鹿ばかり。 男なんて更に馬鹿で救いようがない。 私の外見のみ。 誰も内面なんて見ても居ない。 それに私の場合、金も親から定期的に貰ってる一人暮らし。 でも別にそれも実家に居ても変わらない。 親は常に仕事で居ない。 家には家政婦が定期的に来るだけ。 私には金を渡すだけ、ずっと今までそうやって生きてた。 そして私は人間が、一番嫌いだ!! 私自身が人間な事すら嫌気がする… そんな中で普通を装って私は生活してたけど。 ある日を境に異世界へ。 どうやら私は死んだらしい… それは別に、どうでも良かったけど。 でも私の死は神だと名乗る馬鹿のミスだった。 更に慌てる様子をしてる馬鹿神を『誘導』してみた。 その馬鹿は… 本物の馬鹿神だった。 私が誘導したらアッサリと、もう驚く。 まさかの異世界チート生活をする事になった。 私は内心思う。 これは楽しめそうじゃないか? そんな形で始まった異世界生活。 私の場合は完全なチートだろ? 私専用にと得た『異能』もだけど。 更に、それだけじゃなかった。 この異世界でなら… 誰の事すら気にする必要さえない!! だから私は初めて本当の自由になれた気分だった。 そして初めて出会った『獣人』の言動に困惑した。 でも動物でも、人間でもない!? 私に何を言いたい? 全く判らない… 私が判らない事もあるけど。 だから相手からの提案を一応は受けた。 その内容が『誰かを愛せるまで一緒に居る事』だった。 私が誰かを? 愛せる気すらない。 判らないからこそ… 始まる異世界での恋愛チート物語を。

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡5,400

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・26話・364,652字 蒼真空澄

    2021年2月26日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る