現代/その他ファンタジー 長編 完結済

0n1y ~生物失格と呪われた人間~

作者からの一言コメント

彼女がいるなら、世界なんて滅んでも良い。

0n1y ~生物失格と呪われた人間~の表紙

※お楽しみ頂いている方々には大変恐縮ですが、こちらの作品は未完にて終了とさせて頂きます。俗に言う「打ち切り」です。お読み頂きましてありがとうございました。別の形で書きたいとは思いますが、未定です。 人間というのは随分と身勝手だ。 自己中心的で自己満足的で自己保身的で自己保存的だ。 自分が一番可愛くて、そんな自分を穢されるのが許されなくて、他人を貶して貶める。 その貶し貶めが、自分を更に穢すなんてことを知らないまま。 馬鹿な生き物だ。 自分も、その子供なのだけれど。 更に言えば、失格なのだから手に負えない。 だけど、それでも。 自分は、彼女を守るために戦うことにした。 ※本作は、さくもさん主催の『プロローグ書き出し祭り』参加作品です。お誘い頂きありがとうございます。 なお本作は、続くかもしれないし続かないかもしれません。 ※プロローグ祭にて、応援ポイント4位を頂きました!お読み頂いた方全てに感謝を!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 0n1y ~生物失格と呪われた人間~
作者名 n00ne
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ プロローグ祭 ダーク 現代日本 R15 異能 ファンタジー 呪い
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年8月26日 23時18分
最終投稿日 2021年3月22日 4時00分
完結日 2021年4月7日 9時05分
文字数 66,671文字
ブックマーク登録 24件
コメント 35件
スタンプ 35件
ビビッと 7件
応援ポイント 72,500pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    804,800

    137,479


    2021年4月15日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第ニ章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:14時間0分

    この作品を読む

  • クリムゾンナイト~傀儡英雄と亡国の予言~

    これは作られた英雄譚

    120,500

    600


    2021年4月17日更新

    峻険な山々と荒海に囲まれた永世中立国モノリス。 それは五世紀も昔のことだ。 とある著名な魔術師が突如として訪れ、数々の奇跡とともに一つの予言を残し去っていった。 ~この国は、五百年後に滅ぶ~ 偉大な魔術師の残した予言に人々は畏怖した。だが長い歳月によって予言は風化し、いつの間にか忘れ去られていく。 その日が迫るにつれ大陸全土を巻き込む不穏な事態が相次ぎ、人々はかの予言を思い出した。そして気づいたのだ。その日がすぐそこまで迫っていることに。 亡国の予言、呪いと言い換えてもよいそれに対抗するため、国王直属部隊として魔術特務師団が急遽編成された。 とある事変を解決した功績が考慮され、若き英雄ヴィンス・アスカムは特務准将という破格の階級とともに師団長に任ぜられたのだった。 深紅の装束は英雄の称号を叙せられた彼だけに着用が許されている。その勇猛さと華麗さから、時に畏敬を込めて、時に嫉妬を秘めて、人々からクリムゾンナイトと呼ばれていた。 さまざまな思惑が渦巻く中、クリムゾンナイトは今日も街を駆け巡る…… ※毎週土曜日13:30更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間55分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 普通のJK、実は異世界最強のお姫様でした〜みんなが私を殺したいくらい大好きすぎる〜

    魔女と魔法使いのガールズファンタジーです

    10,600

    0


    2021年4月18日更新

    いたって普通の女子高生・花園 アリス。彼女の平穏な日常は、魔法使いを名乗る二人組との邂逅によって破られた。 異世界からやって来たという魔法使いは、アリスを自国の『姫君』だと言い、強引に連れ去ろうとする。 心当たりがないアリスに魔の手が伸びた時、彼女を救いに現れたのは、魔女を名乗る少女だった。 未知のウィルスに感染したことで魔法を発症した『魔女』と、それを狩る正統な魔法の使い手の『魔法使い』。アリスはその戦いの鍵であるという。 わけもわからぬまま、生き残りをかけた戦いに巻き込まれるアリス。自分のために傷付く友達を守るため、平和な日常を取り戻すため、戦う事を決意した彼女の手に現れたのは、あらゆる魔法を打ち消す『真理の剣』だった。 守り守られ、どんな時でも友達を想い、心の繋がりを信じた少女の戦いの物語。 覚醒した時だけ最強!? お伽話の様な世界と現代が交錯する、バイオレンスなガールミーツガールのローファンタジー。 ※非テンプレ。異世界転生・転移要素なし。 ※GL要素はございません。 ※男性キャラクターも登場します。 ※イラストがある話がございます。絵:時々様( @_to_u_to_ )/SSS様( @SSS_0n0 ) 旧タイトル「《ドルミーレ》終末の眠り姫 〜私、魔女はじめました〜」 ※他サイト(小説家になろう・カクヨム・アルファポリス)でも掲載。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:57時間22分

    この作品を読む

  • 青薔薇園の生き人形館

    そこは、死者の魂を宿した人形が棲む館。

    33,600

    0


    2021年4月18日更新

    ただ、もう一度会いたかった。……それだけだった。 「あなただけは、わたしをとつぜん置いていったりしないでね」 ――幼いその約束は、守られる事はなかった。 あれから、七年。 僕、真白 雪兎(ましろ ゆきと)は、家庭の事情で昔住んでいた町に戻って来た。 新しい環境。新しい妹。新しい学校……一つ年下の同級生達。 ちょっとだけ、〝普通〟と違っても。きっと、そう代わり映えのしない退屈な日常が待っている。――そう思っていたのに。 僕は何故、出逢ったばかりの名も知らぬゴスロリ少女と共に、死神みたいな鎌を持った物騒な連中に追われているんだ? ――その答えは、青い薔薇の咲き乱れる奇妙な館に住む、自称〝人形師〟から聞かされる事となる。 「そうだね。この物語は、雪兎君と五人の美少女人形達による、一つ屋根の下ドキドキハーレム学園ラブコメディ~たまに死神とのバトル有り~だよ!」 「……それ、何か違くないですか?」 コメディというより、どちらかというとシリアスな気がする。 これは、生と死、愛と命の物語……かもしれない。 ------ エブリスタ、アルファポリス、カクヨムさんでも掲載しております。 連載再開!新章、chapter.4、配信開始! 最低週1更新(調子の良い時は2~3回)を目標に、時間帯は毎度気まぐれにのんびり更新予定です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間36分

    この作品を読む