ホラー 短編 完結済

自死について

作者からの一言コメント

カウンセラーとして書きます

最近、また増えている自死。牛子が視てきた自死について書き残しておきます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 自死について
作者名 間々乃牛子
ジャンル ホラー
タグ 現代日本 コズミック・ホラー 異能 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月28日 5時22分
最終投稿日 2020年9月28日 5時31分
文字数 3,938文字
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 美少女傭兵の物語、第四章・帰郷編スタート

    ♡590,750

    〇19,771

    異世界ファンタジー・連載中・293話・506,277字 美風慶伍

    2020年10月28日更新

    ★第四章スタート! 【あらすじ】 17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。そんなルストは女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない。だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破っていく 気高さに溢れた美少女が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く爽快なサクセスストーリー戦記ヒロインファンタジー 【ストーリー】 17歳の少女ルストは病身の母のために傭兵として戦い治療費を稼いでいた。努力の末に昇格したルストだが実績のない彼女では良い仕事はなかなか得られない。彼女はそれでも諦めない。親切な老傭兵の助けを借り、大きな任務を掴むことに 新たな任務には隊員として参加するはずだったが、予想外の事態から小隊長を任じられる。命の危険を乗り越え敵軍の偵察部隊を撃破する成果をあげて無事帰還する 成功を喜び仲間を労おうとするルスト。だが一人の不良傭兵が仕掛けた罠が彼女を待っていた。仲間たちの前で晒し者になったルストは傭兵として誇りを守るため、真っ向から果し合いの勝負を挑む 「あたしの誠意とメンツを傷つけたならあなたのメンツを叩き潰してあげる!」 ルストは苦闘の末に見事果し合いに勝利すると、二つ名『旋風のルスト』を勝ち取る 名を挙げた彼女に新たな任務【西方の辺境領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務】が舞い込む 再び隊長として仲間を率いたルストが任務先の土地で目の当たりにしたのは、領主の不慮の死、対立領主の執拗な迫害、そして苦境に立たされる領民たちの姿だった 姿なき敵がルストたちを襲い、ワルアイユに危機がせまる 悪化する事態の中、解決の糸口を開いたのはルストの強い意志と、ともに闘う仲間たち。そしてルストは人々の命とワルアイユ領再建への道を掴みとるために決起する 「みなさん!これは困難ではありません!千載一遇のチャンスです!」 東から追撃部隊が、西から砂漠の帝国が迫る中、ルストは秘策を胸に人々と決戦の地へと向かう。ルストの乾坤一擲の策が動いたとき大平原で決戦が始まる。ルストは勝利して仲間たちと共に栄光をつかめるのだろうか?

  • なんちゃって伝統芸能の世界へようこそ!

    ♡3,100

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・7話・25,487字 kiri

    2020年10月22日更新

    風姿花伝(ふうしかでん) 道(みち)をたしなみ、芸を重んずるに私(わたくし)なくば、などかその徳を得ざらん ことさら、この芸、その風(ふう)を継ぐといへども、自力より出づる振舞あれば語(かたる)にも及びがたし その風を得て、心より心に伝(つたう)る花なれば風姿花伝と名付く がんばってお稽古して、感動させたるやで! ふわっとそんな雰囲気のことを、世阿弥さんが高尚な感じで書かれてますが、ガッツリ崩していく所存 舞台のハシゴをする感じでお楽しみいただけると嬉しいです。 ※ざっくりですが、↓こんな感じかなって思っていただけると良いかと思います。 浄瑠璃 太夫が三味線伴奏で語るもの 語りのちょー巧い人で竹本義太夫って人がいまして→義太夫節爆誕 ↓ +人形 文楽 人形浄瑠璃 人形劇 ↓ -人形+人間 歌舞伎 舞踊、音楽、科白劇の総合演劇 この中でも義太夫狂言と言われるのは文楽作品を歌舞伎に移植したもの 能 謡いと囃子に乗せて舞踊的な動きで物語が進む 象徴劇 狂言 対話を中心にした科白劇 言葉やしぐさで表現する 喜劇 能と狂言はセット販売 ひとつの舞台で交互に演じられる

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死者の記憶を巡る奇譚

    ♡50,700

    〇700

    ホラー・連載中・18話・44,391字 孫野ウラ

    2020年10月29日更新

    死者の記憶を売る不思議な店の短編連作。 「これは世界にただ一つ。あなただけのための飴玉です」 ありふれた街並みの、薄汚れた雑居ビル。細い階段を降りた地下に「飴屋」は在る。訪れた人々は、死者の記憶を追体験させる不可思議な飴を手に入れる。 娘を捨てた母親。病弱な弟。浮気者の恋人。溺れ死んだ幼なじみ。 彼らが最期に「見た」モノとは――

    タグ:

    奇譚 現代日本

  • オムニバス×美少女×死体×フォークロア

    ♡54,970

    〇0

    ホラー・連載中・48話・12,171字 ぽちくら

    2020年10月28日更新

    表紙作:菅野夜鷹様 少女は死ぬ、旅人は誰かへ語り継ぐ、それだけの物語、それしかない物語。 【やること】 ・これ以降文体はフォークロア風に書かれた、いわゆる都市伝説的な文章。 ・本文は必ず4行。1行は40文字前後。文章は簡潔で、3~6文程度。 ・内容はすべて「美少女の死」、それ以外は自由、たまに他作の再録もする ・この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。