恋愛/ラブコメ 短編 完結済

家出した私は先輩の家に逃げ込んだ!~そこは愛の巣窟だった~

作者からの一言コメント

宜しくお願い致します。

読了目安時間:13分

一人の女性は家族と喧嘩して家出をする。 しかし、行く所がないために以前から知り合いの 先輩の家に逃げ込む事になる。 そして、先輩の家では何かが起こる。 どんな事が起こるのでしょうか。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 家出した私は先輩の家に逃げ込んだ!~そこは愛の巣窟だった~
作者名 raruti
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 OL 年の差 令嬢 家出 現代日本 百合 日常 R15 専属の使用人
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年1月21日 4時12分
最終投稿日 2020年1月22日 6時45分
完結日 2020年1月22日 6時45分
文字数 6,595文字
読了目安時間 13分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ラピスの再生論

    変わりゆく社会を生きる人々のSF風群像劇

    92,500

    3


    2021年5月14日更新

    ――何かを忘れたように淡々と陽が昇り、月が出る。 七つの都市と七万の人口を抱える街、新都ラピスは今日も平穏だった。そこは、共同体を保つために人間が「生産」され「役割」の名の下に歯車として働く、人と社会の使役関係が逆転した世界。ラピスの最高権力機関・統一機関に所属するリュンヌは、読書家で人との関わりを苦手とするところ以外、ごく一般的な研修生として暮らしていた。19歳の秋、幹部候補生に抜擢される研修生が発表される日の朝に、異言語を話す少年ティアがやってきたときから、彼女の日常は、そしてラピスという世界は、徐々に変化していく。 形を変えゆく世界のなかで、自身を変革してゆく人々の群像劇。 ------ リュンヌ・バレンシア(ルナ)…… 本作の主人公。統一機関の研修生。事なかれ主義で厭世的、消極的でごく少数の人間としか関わりを持とうとしないが物語の中で次第に変化していく。本を読むのが好きで、抜群の記憶力がある。長い三つ編みと月を象ったイヤリングが特徴。 ソレイユ・バレンシア(ソル)…… 統一機関の研修生。ルナの相方で幼馴染。ルナとは対照的に非常に社交的で、人間関係を大切にする。利他的で、時折、身の危険を顧みない行動を取る。明るいオレンジの髪と太陽を象ったイヤリングが特徴。 ------ 全十章。 「小説家になろう」「NOVELDAYS」にも投稿しています。 他2サイトに投稿したものは完結済です。そちらを改稿し、順次投稿していく予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間42分

    この作品を読む

  • 【R·O·S·E】

    学園の深層で始まる少女の復讐劇。

    33,100

    60


    2021年4月24日更新

    異物の異郷【ミスティルテイン】剣聖学園。 毎年、何百人もの入学生を迎える世界の中心にある剣の学園へ入学した女性【リディア・ローズ】は異郷での六年間を開幕させる。 不安定な安寧、不特定な混沌が蠢く世界の中心で、墓標に朽ちた【極剣】と新たな【極剣】を携え、復讐の華を咲かせる。 許しなど必要ない。自分にも誰にも、世界にも。 最低の選択でもいい。それで未来を一滴たりとも残さず奪えるなら。 九年前に平凡な未来を奪われた少女が、今度は未来を奪う。 なんて事ない平凡を失った、滑稽な復讐劇。 ◆◇◆ 2021/04/24 にて【R·O·S·E】は一旦〆です。 エピローグに 後書き がございますので、そちらも読んでいただけると幸いです。

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 憧れの侯爵さまに嫁ぎましたが、新婚早々、「国王の愛人になれ」と言われてしまいました!~寵姫メリザンドは二つの愛の狭間で揺れる~

    三角関係の西洋風ラブストーリーです

    0

    0


    2021年5月15日更新

    平凡な男爵令嬢メリザンドの結婚相手に決まったのは、美しき貴公子・バルテ侯爵リュシアン。 密かに憧れていた殿方と結婚できるなんて、夢みたい。良き妻になれるよう、精一杯努力しよう……。そんな決意を胸に、あれよあれよという間に侯爵夫人となったメリザンドだったが、リュシアンからは放置され、初夜さえ訪れない。 そしてある晩、久しぶりに帰宅したリュシアンに告げられる。「お前と結婚したのは、国王の愛人にするためだ」と。しかもただの愛人ではなく、『公式寵姫』となることが既に決まっているのだと(公式寵姫は既婚者でなければならない。この辺りは史実を参考にしています)。 実は、メリザンドは三年も前に国王に見初められており、裏で準備が進んでいたのだ。 国王の愛人なんて、そんなのぜんぜん嬉しくない。メリザンドがなりたかったのは、あくまで『リュシアンの良き妻』だったのに。 怒りと悲しみでいっぱいになりながら国王の元へ向かうメリザンドだったが、国王から情熱的な愛の告白を受け、公式寵姫となることを決意する。冷たい夫より、自分を愛してくれる男の傍にいよう、と。 こうして、メリザンドの華やかな宮廷生活が始まったが……。 ※いろいろな史実を元ネタにオリジナル要素を加えた作品です。ご承知おきのうえ、お読みください。 【以下、コンテスト用ネタバレあらすじ】 やがて国王は、メリザンドとリュシアンを離婚させ、メリザンドを王妃にしたいと熱望するようになる。王族にとって、身分違いの結婚は禁忌だと知りながら。 一方のリュシアンも、メリザンドへと真情を告げる。本当はずっと愛していた、と。国王に逆らってでも結婚生活をやり直したい、と。 メリザンドは、二つの愛の狭間で揺れる。果たしてどちらを選んだらいいのか……。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • さようならのかわりにありがとうをもういちど

    僕は僕で僕ではなかった。

    800

    0


    2021年5月15日更新

    それは、僕であり、それは僕ではなかった。 ひとりぼっちの寂しい世界。 誰も僕には構ってくれなかった。 僕は誰? 君にとって僕は必要? 答えは、誰にもわからない。 だって、答えは、君の心の中にあるのだから…… この物語は、僕とレックリングハウゼン病(通称レック)の少し切ない物語。

    読了目安時間:50分

    この作品を読む