聖欲闘技 ~セイント&バイオレンス~

メーンエベント

聖闘技者、入場

 聖欲闘技とは!!!  鍛えた力! 磨いた技! そして偽りなき聖欲の強さ!!  全てを兼ね備えた者だけが女神の御前で勝者の栄誉を勝ち獲ることのできる、世界で最も熱く激しい、セイント&バイオレンスな神事である!!!  ここは天衣無縫の女神、アズモノウヅメを奉じる天の浮島、サンタアメノニア。  雲海を泳ぐように遥かな空を行くこの島は、アズモノウヅメの神通力によって絶えることなく世界の空を渡り往き、世界各地の人々に女神の恩寵を賜っている。  その島に住まうのは、世界四大陸五諸島の各地から訪れた女神の敬虔なる信徒たち。この浮島全体が街にして聖域であり、女神を奉じる世界最大の神殿にして総本山。  島の中央には、島の何処からでも見える程に高く大きな、世界最大のコロシアムが設けられている――もちろん、コロシアムという表現は、飽くまで比喩で――それは神事のための巨大な礼拝堂なのである。  高さはおよそ50m。円形を成しており、その直径はおよそ250mにも及ぶ。  日差しの明るさを程よく透かすが熱は通さない、純エーテル加工された特殊な天幕に覆われたその内部構造はシンプルだ。  まずは外側から、内に向けてすり鉢状に設置されている参列者の為の観覧席。4階構造になっており、何処からでも礼拝堂の中央に視線が集中するように作られている。  参列者席は最も中央に近い、一番低い所でも、地上からの高さは3mほどはある。  中央部分、直径80m程の範囲には、基本的に外部の参列者は立ち入ることはない。良く整備されたグラウンドの様なその中心には、祭壇と呼ばれるほぼ円状と言って良い――正確には正二十角形の――リング、などと言われるものに酷似した高さ1.5mほどのマットがあり、各頂点に立てられたポストの間を3本ロープで囲っている。    この建物がコロシアムという表現で呼ばれる理由も、お分かりだろう。  要するに、中央にリングの置かれた正円状の闘技場、と呼ばれるものを想像していただければそれでおおよそ間違いではない。  リング上――もとい、祭壇上の光景を大写しにするための大型モニターも、場内三箇所に設置されている程度にはコロシアムしているのだ。  だが、ここは礼拝堂である。  即ち、今この場で執り行われていることは神事であり、人々はそれを【ミサ】と呼ぶのだ。 『さぁぁぁぁぁぁぁァ!! 盛ぉり上がっております! ここサンタアメノニア礼拝堂! ミサの殿堂、聖欲闘技の総本山は本日も! 6万4000人の参列者が! メーンエベントの開始を今か今かと待ち侘びております!』 『私もね、今日のミサはね、特にこのメーンをね、とても楽しみにしてましたの』 『そぉーですか!  そうでしょう! なんと言っても今日のこの一戦は――』  祭壇脇の放送席でマイクに向けて熱く唾を飛ばすリリリリス=リリリリン枢機卿の言葉を遮るように、大音量の音楽が会場内に鳴り響き(北方大陸のメジャーバンド・BBスクイードの『ALPHA-WOLF』だ)天幕の陽光透過率が素早く調整され、暗くなった場内にスポットライトが当てられる。  列席する女たちの口々から一斉に発せられる黄色い歓声。  立ち昇る爆炎魔法の煙の中を悠々と歩き、中央の祭壇へと向かう女が一人。  長く艷やかなその黒髪は爆炎の光を受けてもなお乱れることなく、柔らかな風に吹かれるかのようにしなやかに揺れながらその輝きを怪しく映す。顔の横からピンと凛々しく突き立つのは一対の獣耳。  わずかに紅の塗られた薄い唇を僅かに笑みの形に曲げて、祭壇中央を見つめる眼差しは冷ややかなれど何処か色めいている。  細く引き締まった白磁の体に艶めかしい曲線の美を加える豊かな双丘。  歩く度にぐっ、ぐっと人の視線を集めるその腰つきに目を向ければ、ふぁさり、ふぁさりと揺れる黒毛に覆われた太い尾が目に入るだろう。  ワーウルフ――彼女はそう呼ばれる種族だ。ライカンスロープと呼ばれるいわゆる狼男とは異なり、満月の夜に狼そのものの姿に転じるようなことはない。しかしその耳、そして尾。内に秘めたる牙と爪――何より、熱き闘争心はその身に獣の血脈を継いでいることを如実に物語っている。  その身体を覆っているのは、黒い革のベルト、のみ。  腰に巻いているだけ、というのでは勿論無い。胸の先端を覆うようにぐるり、腰回りや太腿、そして鼠径部も覆うようにぐるりぐるりと幾本のもの革ベルトを体中に巻きつけて衣類の代わりとしている。  徐々に明るさを増していく場内、そのワーウルフの美女は予備動作もなくしなやかに飛び上がると、後方空中一回転を交えて、一本だけ青く染まったポストの上に音もなく降り立った。いつもながらの素晴らしいパフォーマンスに参列者たちの中から一際大きな歓声が巻き起こる。 『影狼(かげろう)・アマリエ、今祭壇に降り立ち、ロープの張り具合を見ます……北方大陸のニドラ・カテドラルで遂に無敗のままここ、サンタアメノニアに上陸。いや、あえて、侵略と申し上げましょう! そして、この地でもトップ聖闘技者相手に無傷で5勝。  今日のミサで勝利すればチャンプ、ローズ・マリーローズへの挑戦が認められます』 『凄いですわね、なんと言ってもね、ニドラと言えばここを除けば、えぇ。一番のトコですから』 『そうですね、ニドラ・カテドラルといえば名門ですから。そこを無傷で戦い抜いたというのはこれは凄いですよね』 『プレッシャーもね、相当だと思いますけれど。それを跳ね除けられるから、今こうしていられるんでしょうね』  バッ! と、明るくなりかけていた会場が再び闇に落ちる。地獄の釜の底を亡者が引っ掻いているようなイントロ(メンバー全員が夭逝したことで知られるavengerの『DE∀:D』だ!)をバックに、真っ赤なスポットライトを浴びながらまた、新たな聖闘技者が礼拝堂に現れた。  先ほどとは真逆、壮絶なほど礼拝堂中から響くブーイング。現れた女は場内を見回しながら、中指を突き立てて、時に「襲っちゃうぞ、ガオっ」とばかりに威嚇してみせたりする。  刈り込むように短く切ったベリーショートの黒髪、褐色の肌に覆われた細身ながらも筋肉質な体つき。浅く、深く、あちこちに刻まれた傷がいかにも物々しい。  先に祭壇に立ったアマリエと比べ無骨な印象しか与えないシルエットだが、要所要所の肉付きには丸みがある。十分に人並み以上な胸元や鼠径部を隠すよう、そして拳と脚を保護するように巻かれたサラシには、血のこびりついたような薄汚れた痕がまだらになって染み込んでいた。 『良さそうですわよイヴ、気合いがね、入ってます。目が違う』 『はいっ! 意気揚々と入場しております、破壊者(ザ・クラッシャー)イヴ!  北のド田舎で積んだ実績がなんだ、ここはサンタアメノニアだ! 礼儀を知らない新顔に、本場のミサってやつを教えてやる!  本日のカードが決まったとき、控室でそう言い放ちました!』 『フフフ、ニドラの方がね、ここなんかよりずっと大都会ですけど』 『えぇ』 『ミサに関してならね、本場というのは勿論ここですからね。意地っ張りというのは、これは大変な【欲】ですから。今日のイヴはいつもより怖いですわね』 『なるほどぉーっ! さあ、今イヴが、赤のポストへと降り立ちます!』  リング――祭壇は直径にして20mほどもある巨大なものだ。  一般的に格闘技などでリングと呼ばれるものは7m四方、広くとも10mに及ぶものは少ない。対角線に位置する赤と青のポストの傍らで互いに視線を飛ばす二人の聖闘技者の距離は、参列者たちが遠間から眺めて抱くイメージよりも遥かに遠い。  場内に明るさが戻る。  イヴに向けられていたブーイングが少しずつ静まっていく。  二人の聖闘技者が見つめ合う、睨み合う祭壇の上に、6万4000の参列者達の全ての視線が、そしてこの光景を中継で見ている全世界数億の視線が集まっている。  改めてのルール説明はない。  もし、今日この日のミサの、このメーンエベントの視聴が初めてのミサ体験だという者が居ても、ルールの理解にさほどの時間は要しないだろう。  何でもあり。  決着は失神KOのみ。  リング全体が赤く鈍い光を放つ。  そして明滅。合わせて、ピッ、ピッ、と魔導音がなる。 『実況はわたくし、リリリリス=リリリリン枢機卿。  そして解説には当然この方。我らが女神、アズモノウヅメ様に御顕現頂いております』 『はい、よろしくお願いしますわ』  ヴーッ!!  ゴング代わりの魔導音(ブザー)。リングが鮮やかな緑に輝いたと同時、二人の聖闘技者は音もなく飛んだ。  否、音は少しばかり遅れてきた。  ドォッ! という、暴風のような風切り音を残してリング中央でアマリエの掌打とイヴの拳がぶつかり合った。  びぎぎっ、と音がしそうなほど肉体を張り詰めさせながら、二人の女は数億と6万4000の視線の中心で牙剥くような殺意を込めて微笑みあった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 召喚中はどうせ暇だろうと短剣を渡され……

    ♡22,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・51話・154,221字 桜良 壽ノ丞

    2021年1月22日更新

    【1行紹介】 引っ込み思案だった貧乏召喚士の少年が、クールで優しい人型精霊から1人前に育てられ、仲間と共に悪へと立ち向かうお話。 【あらすじ】 物語の主人公であるキリムは、危険を冒して各地を回る「旅人」を志望する少年だ。 彼は召喚の能力を持っていて、自然や力を司る精霊を呼び出すことができる。 しかしその能力を使っていつかは旅に出たいと思うものの、 病気の父の看病、魔物の襲来で壊滅した村の復興のため、その夢を諦めつつあった。 キリムはそんなある日、駆け出しには不相応な強さを誇る人型の精霊ステアを呼び出してしまう。 生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか…… 哀れなキリムを見かねて、ステアはキリムに旅立ちを決意させる。 「魔法はどれくらい使える。1度召喚してしまえば暇だろう」 「暇って……。魔法なら1日に5,6発はなんとか」 「話にならん。魔力切れを恐れて突っ立っているくらいなら武器を使え」 「え、ええ……? 俺、召喚士ですけど」 貧乏な村を襲った悲劇のせいで、出遅れてしまった新米召喚士の少年キリムと、そんなキリムを放っておけない不愛想で優しい相棒、人型精霊ステアの旅。 時折現れる他の精霊の助けや人々との出会いにより、キリムは次第に旅人としての頭角を現す。 そして、その旅の中で、それぞれに隠された秘密へとたどり着く。 デルを捕らえ、両親や精霊たちの雪辱を果たせるのか……。 毎日更新! 世間慣れしていない少年と精霊の旅を是非お楽しみ下さい! 主人公の成長や相棒との信頼関係、旅の様子、人との繋がりを重視した作品です。 どうか面白いと思っていただけましたら応援を宜しくお願いします。 ※ブックマーク、スタンプ、レビュー、応援ポイント等は有難く頂戴いたしますが、 ノベラポイントは不要です。投げないで下さい。お気持ちだけで十分です。 カクヨム他でも掲載しております。 カクヨム版作品フォロー1000人突破、13.5万PV達成! 有難うございます!

  • ーー全ては、過去の贖罪のために。

    ♡10,800

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・16話・40,939字 伊南

    2021年1月23日更新

    アカデミーの生徒であるレヴィスは卒業試験をクリアするため、別クラスのフロートとペアを組んで旅を始める。 彼女と旅を進めるうち、彼は他者との繋がりを感じ、少しずつ自らの考えを変えていくーー。 *以前某小説投稿サイトに載せていた作品になります *ちまちま加筆修正は行いますが、基本的な大筋は同じとなります *毎日11:00更新 *基本全年齢向けを意識しておりますが、途中で若干性的表現をにおわせる描写があるため、念のためR15のタグ付けをつけております

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年1月23日更新

    あらすじは、これといって考えておりませぬ。僕が執筆するにあたっては、話を先に考えておくよりも、文章に話のついてくるほうが、たいてい上手くいくのです。それゆえに、臨場感、とでもいうのでしょうか、計算のされていない自然の感じ、そんな味わいがきっとありましょうから、それを楽しんでいただきたい。 心配ございません。容貌のかわいらしい主人公、その内面を描くことにおいて、僕は無知ではないのです。僕自身が、かわいい顔の男なのですから。それですから、たとえば自身のかわいさから来る苦悩や、自負心の有様など、実に現実的に書くことができます。あまり退屈はしないでしょう。 いいえ、ちょっと見得を切りすぎました。何をさせても不器用な僕が、あまり大きなことを言うものでありません。 けれども頑張って書きます。それは信じて、いただきたい。

  • できぬなら、させてみせよう婚約破棄

    ♡7,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・207話・641,395字 篠原 皐月

    2021年1月23日更新

    KADOKAWA電撃文庫、電撃の新文芸にて『悪役令嬢の怠惰な溜め息』第3巻が12/17に発売。 ほしの総明さまによるコミカライズ連載が、コミックウォーカー、フロースコミックで毎週金曜掲載中。コミック第2巻が2/5に発売。 都会の片隅でオン(仕事)とオフ(娯楽)に邁進し、それなりに人生を充実していた女性が、何がどうなったか乙女ゲーム《クリスタル・ラビリンス》の世界に悪役令嬢として転生した上、前世の意識と知識が覚醒。その結果彼女は、仕事が無いなら娯楽を追究するしかないじゃない!とばかりに、世間の常識と認識をぶっ潰し、変革し、新規組織を構築するとんでもない人物へと成長する。挙句の果て、自分の行動に制限をかけるのが明らかな王太子との婚約を破棄に持ち込むため、周囲を巻き込んで暗躍する事に。 これは暴走悪役令嬢による、ヒロイン希望勘違い令嬢と迂闊王子の粉砕記です。(間違っても王道乙女ゲームの話ではありませんので、そこの所は何卒ご了解下さい) 「カクヨム」「小説家になろう」からの転載作品です。