異世界ファンタジー 長編 連載中

窓の中のWILL

作者からの一言コメント

熱血漢と頭脳派と男の娘が異世界で大騒ぎ。

「何処の世界に観葉植物に襲われて勇士になる人が居ますか!」 「ここにいるだろよ、三人も」 「じゃあぼくたちって襲われ勇士なの?」 失踪したクラスメイトを探していた男子高校生たちが、突如異世界へ! 飛ばされた先は戦いを知らない、平和な国――でも、侵略者が現れたそうで? ギャグもシリアスも伏線もなんもかんも全部ゴタマゼでお送りする、異世界コメディファンタジー! ■■ 個人サイト『環として満ちる瞬間』でも並行連載中です ■■ 表紙絵はソラエノ様(https://profile.coconala.com/users/1769258)に描いていただきました

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 窓の中のWILL
作者名 担倉 刻
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ 男主人公 転生/転移 アクション/バトル 高校生 魔法 勇士
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月1日 0時00分
最終投稿日 2020年9月30日 10時35分
文字数 561,038文字
ブックマーク登録 8件
コメント/スタンプ 32件
応援ポイント 6,800pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡358,400

    〇2,434

    SF・連載中・67話・376,257字 新星

    2020年9月27日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 迷い猫と怪奇のことならお任せ下さい

    ♡93,070

    〇1,450

    ミステリー・連載中・57話・96,858字 水深 彗

    2020年9月28日更新

    「霊能力者」。それは霊的な能力を持つ者の総称。 霊視は勿論、魂と会話のできる者や、特殊な能力を持つ者もいるという――。 ここは水の都・水柿町。 その商店街の一角に、二人の霊能力者が務める、一風変わった探偵事務所があった。 ◇◇◇ レトロな和風ファンタジーで、少しホラーで、猫ちゃんが出てくる、推理とバディものです。 各章のあらすじ ■猫の巻■ 真面目な男・夏虫と、真面目じゃない男・露草は、霊能力者であり、探偵であり、仕事仲間である。 秋のある日。彼らの探偵事務所に、飼い猫を探してほしいという少女が訪れるが……。 ■鈴の巻■ 初夏、水柿町に来た夏虫と露草は、事務所として借りられる部屋を探していた。 そんなとき、二人が霊能力者であることを知った喫茶店の店主が、彼らにとある依頼を懇願する。 ■湯の巻■ 家の風呂が壊れてしまい、夏虫と露草は知り合いの銭湯に赴く。 しかしその二階で、男の変死体に遭遇し……。 ■花の巻■ 女子校で、生徒の連続自殺が起きた。 しかしそれは自殺ではなく、怪奇が原因との噂が流れ……正体を突き止めるため、夏虫と露草は学校へ潜入捜査を開始する。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 個性しかない異世界の便利屋さん

    ♡5,600

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・6話・10,603字 三姫 律香

    2020年9月30日更新

    不運にも俺、白星恭一は力の女神に圧死させられた。 元の世界に生き返らせて貰えない上に、あの世行きは五百年待ち。 仕方なく別の世界へ生き返らせて貰う事を選択し、お得なスキルとやらも貰った。 一年の時が経ち、働かずしてのんびり生活をしていたのだが、変な少女に出会って不幸が次々と降りかかる。 働くことを余儀なくされた俺は自営業で便利屋をする事にした。 従業員は変な奴しかいねぇ。ちょいちょい不幸が襲ってくる。誰か俺を助けてくれ……。

  • 絶望から始まるアホの物語

    ♡6,200

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・9話・17,069字 昆布茶

    2020年9月29日更新

    休みの日にほんのり現実に疲れたオタクの灰斗は、現実逃避のために大量の古本を購入する。 灰斗は購入した本の中で、25巻セットで990円(税込み価格)のライトノベルを読むことにした。 時間を忘れて読んでいく灰斗だったのだが、突如急激な眠気と悪寒が襲いかかる。 朦朧とする頭でベッドから降り、飲み物を飲もうとした瞬間―― どこかで見たことのあるようなキャラクターが現れた。 それは先ほどまで読んでいたライトノベルの登場キャラクター、エルフのアルシュカだった。 アルシュカの放った特大の爆弾は灰斗を大混乱にたたき落とす。 灰斗は先ほどまで読んでいたライトノベル、『俺のエクスカリバーで世界を救ったら、ハーレムが100人出来ました』(通称、俺ハレ)の噛ませ犬のグレイ・アホホールに憑依してしまったのだ。 これはグレイとなった灰斗が、主人公に無残な噛ませ犬にされないように奮闘する努力と覚悟の物語である。 ※タイトルとあらすじを変更しました(内容は変わっていません)