連載中 長編

窓の中のWILL

作者からの一言コメント

熱血漢と頭脳派と男の娘が異世界で大騒ぎ。

「何処の世界に観葉植物に襲われて勇士になる人が居ますか!」 「ここにいるだろよ、三人も」 「じゃあぼくたちって襲われ勇士なの?」 失踪したクラスメイトを探していた男子高校生たちが、突如異世界へ! 飛ばされた先は戦いを知らない、平和な国――でも、侵略者が現れたそうで? ギャグもシリアスも伏線もなんもかんも全部ゴタマゼでお送りする、異世界コメディファンタジー! ■■ 個人サイト『環として満ちる瞬間』でも並行連載中です ■■ 表紙絵はソラエノ様(https://profile.coconala.com/users/1769258)に描いていただきました

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 窓の中のWILL
作者名 担倉 刻
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ 男主人公 転生/転移 アクション/バトル 高校生 魔法 勇士
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月1日 0時00分
最終投稿日 2020年7月7日 10時15分
文字数 233,414文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 15件
応援ポイント 4,400pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 悪役令嬢×海兵隊、混ぜるな危険――――。

    ♡38,200

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・95話 草薙刃

    2020年7月7日更新

    突如として第二王子から婚約破棄を宣告され、絶体絶命の危機に陥った公爵家令嬢アリシア。 婚約破棄なんて貴族社会では死んだも同然で、このままでは家ごと破滅してしまいかねない。 そんな時、アリシアの従者アベルにアメリカ海兵隊員としての“前世”記憶が覚醒。 滅びの運命を変えるため、お嬢様を連れて学園から戦略的撤退を成し遂げたアベルは、彼女を一人前のキリングマシーンへと鍛え上げる! 「いいか、縦ロール! 口からクソを垂れる最初と最後に“サー”をつけろ!」 「ふえっ!?」 そうして見た目は令嬢、中身は海兵隊員へと生まれ変わったアリシア。 しかし、今度は自身の変化によって予想もしない新たな運命に巻き込まれていく。 “守るべきもの”たちとの出会いの中、時に戦い、時に苦悩するアリシア。 彼女を筆頭に異世界で海兵隊が切り拓く道の先にあるものは!?

  • 少し風変わりな悪役令嬢ものです。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話 鰯づくし

    2020年7月7日更新

    「この『天下ご免』の向こう傷! プレヴァルゴ家の退屈令嬢とはわたくしのことですわ!!」 今日もまた、高笑いとともに王都に響く声。 巷で評判の、弱きを助け強きを挫く、「退屈ですわ」が口癖の伯爵令嬢、メルツェデス・フォン・プレヴァルゴ。 国内で法律にも不文律にも縛られない『天下ご免』を国王から許された彼女は、その振る舞いから王都の名物となり、庶民から愛されていた。 だが、その裏で一人誰にも言えず抱えている悩み。 彼女には、前世の記憶があった。 それによれば、この世界は乙女ゲーム『エターナル・エレメンツ~光の聖女と精霊の騎士~』の世界。もしくは、それに類似した世界。 そこに出てくるメルツェデスは、『高笑いバーサーカー』とあだ名を付けられる程の武闘派悪役令嬢。 実際、記憶の戻った十歳の時点で既に、突出した剣の腕を身につけているほどだった。 このまま行けば、将来的には破滅フラグ一直線、血まみれになりながら追っ手をバッタバッタと斬り伏せ、最後は高笑いをしながら討ち取られるという壮絶な最期を遂げることになってしまう! そんな危機感を覚えたメルツェデスは、何とか運命を回避しようと奔走する。 果たして彼女は、迫り来る運命から逃れることができるのか。 そしてその先に待つ未来はどんなものなのか。 少なくとも血塗れエンドだけは避けたい! と切に願いながら、彼女は今日も奮闘する。