連載中 長編

窓の中のWILL

作者からの一言コメント

熱血漢と頭脳派と男の娘が異世界で大騒ぎ。

「何処の世界に観葉植物に襲われて勇士になる人が居ますか!」 「ここにいるだろよ、三人も」 「じゃあぼくたちって襲われ勇士なの?」 失踪したクラスメイトを探していた男子高校生たちが、突如異世界へ! 飛ばされた先は戦いを知らない、平和な国――でも、侵略者が現れたそうで? ギャグもシリアスも伏線もなんもかんも全部ゴタマゼでお送りする、異世界コメディファンタジー! ■■ 個人サイト『環として満ちる瞬間』でも並行連載中です ■■ 表紙絵はソラエノ様(https://profile.coconala.com/users/1769258)に描いていただきました

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 窓の中のWILL
作者名 担倉 刻
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ 男主人公 転生/転移 アクション/バトル 高校生 魔法 勇士
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月1日 0時00分
最終投稿日 2020年5月30日 23時07分
文字数 100,741文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 4件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年5月31日更新

    のじゃ口調最先端ロボメイドと使命感の強い女子高生が友達と一緒に「ロボットに関する世界の倫理」を更新するために騒ぎを起こす物語です。 2040年、世界各国で戦争や紛争が激化。人間ではなく各国のロボット同士が戦う戦争に変わった事によって、戦争が気軽に行えるものになってしまっていたのだった。 本来であればロボットは人間を傷つけるべきでは無いのだが、戦場に送られるロボットの数々は「あくまでも過去の大量のデータから最適解を探して自動的に実行しているだけ」であり、アイザック・アシモフのロボット工学三原則に基づいたルールの適応外であるというのが各ロボット企業の言い分だった。 日本のロボット産業の覇権を争う染井グループの娘であるアキノは、その世界の流れを変えるべく友達のヨシノや高校の仲間と世界を変える為に行動を起こす。 ロボット工学三原則 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。 また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。 ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、 自己をまもらなければならない。 (出典:アイザック・アシモフ『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房) 2万字程度なのでぜひお付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

  • 超能力×学園×バトル!!

    ♡7,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話 眠すぎ太郎

    2020年5月30日更新

    超能力は、実在した。 突如としてぼくに目覚めた不思議なチカラ――サイキックは、離れたところにあるものを動かすことができる能力だった。 超能力者はサイキックを扱う者、サイキッカーだけではない。 透視・予知のクリアボヤンサー、瞬間移動のテレポーターなど、様々なチカラと個性が、学院ではひしめいている。 サイキッカーとして、ぼくはそこで着実にチカラを高めていく。 楽しい生活だと、充実した毎日だと思っていた。 だがその矢先、クリアボヤンサーたちがあることを予知した。 それはぼくのいた世界が、一年後に滅ぶということーー。 週1〜2回更新!! 最新話が一番面白いかも!?

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お菓子と一緒に、かけがえのない絆を作る

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 RINSE

    2020年5月31日更新

    最初は、愛しい彼女のために、デザートを作るはずだった。 サンクティーレ内で最強と名高い暗黒騎士、「ゾディアック・ヴォルクス」。 戦いに関しては超一流のゾディアックは、サフィリア宝城都市で最強のガーディアンとして活動していた。 だが、彼は人とのコミュニケーションを苦手としている、いわゆる「コミュ障」であった。性格も人見知りで暗い。 そんな性格のせいで苦労することも多く、同業者からは嫌われ、まともな友達もいなかった。 しかし、そんな彼には恋人の吸血鬼「ローレンタリア・ゼルヴィナス・ミラーカ」がおり、ふたりは幸せに暮らしていた。 ある日、ロゼは「パンケーキなるデザートを食べてみたい」と言った。 その願いを叶えようと、ゾディアックは生まれて初めてデザートづくりを行う決意をする。 だがパンケーキを作ろうとするゾディアックの前に、「ドラゴン討伐」を任務してくる謎の少女が現れ……!? お菓子作りを通じて仲間と出会い、共に成長し様々な困難を乗り越えていく。 そんな騎士と仲間と人々の日々を描く、【ハイファンタジー日常系アクション】小説。 いざ開幕。 ※挿絵は「ジョルジュ上条」様に描いていただいており、すべて使用許可を得ております

  • 俺の仕事は、悪役令嬢を破滅させること。

    ♡17,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 鯖田邦吉

    2020年5月31日更新

    物語世界に転生した人々によって、現実世界にある創作物の内容が改変されるという事件が頻発する。 これを防ぐため結成されたテイルズパトロール、その一員である俺は、ある乙女ゲームに悪役令嬢の取り巻きAとして潜入。だが悪役令嬢が断罪されるはずだったイベントで、告発されたのは俺だった。 すべての罪を着せられ投獄される俺。このまま指を咥えて見ているしかないのか。 そんな時、ただのわがままな憎まれ役だったはずの悪役令嬢が立ち上がった! 他サイトでも公開中。