窓の中のWILL

Chapter:5 「俺たちが、君を助ける」

 夜。それなりにご馳走になった後、布団に入った博希たちは、疲れもあってぐっすりと眠った。――ただ一人を除いては。  真夜中、景は、持ち前の神経質さも手伝っての事だろうが、ふと、話し声に目が覚めた。この家の父親と、誰かもう一人か二人、大人が話をしている。 「もうこの村で残っているのは、隣とうちだけだ。明日にも、隣の娘が……」 (……? 何の話でしょうね……) 景は寝たフリをしつつ、悪いとは思ったが聞き耳を立てた。 「仕方がない事だ。神様には、逆らえん」 (神様?) 「お前はそれでいいのか!? 自分の娘が生け贄にも等しくいなくなるというのに……」 「…………」 景は布団に潜り込んだ。今、博希と五月を起こすのはたやすい。しかし、下手に起こすと、ろくなことにならない。なんせ二人とも、寝起きが悪いのだ。小学校からの付き合いで、景にはそれがよく解っていた。 (明日……博希サンと五月サンに話をしてみましょうかね……それにしても、神様……とはまた……) 景はそれからうとうとしたまま、朝を迎えた。  朝、昨日の様子からはうって変わって、娘の顔は暗かった。ああ、昨夜のことで……と、景にはすぐに察しがついた。が、博希と五月には全く何も解っていなかったため、二人とも、かなり無神経に、娘に聞いた。 「どうしたの? 娘さん、顔色悪いよ」 「そうだな。よく眠れなかったの?」 「!!」 なんて事を聞いてくれる。景は思った。娘は、顔を覆って部屋を出ていってしまった。 「なんて事聞くんですっ。二人ともっ」 「え? なんだよ、景ぇ」 娘の父親がそのやり取りを見て、言った。 「そちらの方はご存じのようですね」 「……! ……、あの、昨夜、すみません、聞こえてしまいました」 「いえ、いいんです」 なお首をひねる博希と五月。 「何の話だよ?」 「ああもうっ。僕が説明しますっ」 父親がそれを制す。 「いえ。私から話させていただきます」 父親は椅子に座った。三人にも、椅子を進める。 「あ、どうも」 「……この村に、『神の呪い』が降り立ったのは、つい最近の事です」 「神の呪い?」 「村には五つの『ご神体』があります。ある時、そのご神体が、すべて壊されていました」 「ね、カーくん、ゴシンタイって?」 五月がこそこそと聞く。 「ご神体というのは、神様を象った、石の置き物とかそういうものです。お地蔵さまみたいなものですよ」 父親は更に続けた。 「ご神体が壊されたその日に、村の人間が十人、死にました。村の執政官様がおっしゃるには、夢枕に、ご神体が立たれたそうです――『毎日一人、村の娘を差し出せ。さもなくば村の者が毎日十人死ぬだろう』――と」 「それが『神の呪い』ですか」 父親はうなずいた。 「娘を一人ずつ差し出すようになってからは、村の者は死なずに済みました。ですが、隣の娘と、それから、うちの娘で、もう、最後なのです。それで呪いが治まるのか、……こんな事を言うと、他の親から、何を言われるか解りませんが、私は、娘を神に差し出すのが、嫌なのです。ここまで育てた娘です。何も神に差し出すために育ててきたわけではない! ……」 景が博希に言った。 「……ということです。どう、思いますか?」 博希は好戦的な瞳で景に言った。 「怪しいねえ。ひっじょ――に、怪しい」 「えー? ねえねえ、怪しいってどういうコト?」 五月はまだ飲み込めないでいる。博希はそれを半ば無視して、父親に言った。 「だいたいなんで、アンタがたが動かないんだよ? あとでもつけりゃあ分かるんじゃないのかい?」 「……それは……できません」 「なぜ」 景はまっすぐ父親を見た。が、何か――それは多分、スカフィードと話した時と同じ――胸に、わずかに引っかかるものを感じて、博希に言った。 「博希サン。理屈抜きで、これは、多分、僕たちの仕事です」  「解ってらあな。最初ッからそのつもりだぜ」 それを聞いて、景はうなずき、改めて、父親に頭を下げた。 「お父さん。よろしければ今晩か明晩くらいまで、僕らを泊めていただいて構いませんか」 「ええ、それはもう、いつまでいて下さっても構いませんが、……?」 景はいつもの微笑を浮かべた。 「もしかしたら、娘さんは助かるかもしれませんよ。それだけでなく、他の家の娘さんもね」 「……え? あなた方は……一体……?」 部屋の隅で泣いていた娘に、博希が言いに行く。 「任せとけよ、大丈夫だから。さっきはごめんよ」 「どうして……?」 「俺たちが、君を助ける」 「……?」  夜。博希たちは家を出て、隣の家の娘の納められた棺桶の後を追った。夜、ご神体の前に運んでゆくのがしきたりとなっているらしい。道々、こそこそと五月に事情を説明してやる。 「隣の娘さんが、どうやって神様とやらに連れていかれるのか、見届けるんですよ。もしかしたら、神様はこの村の住民かもしれません」 「??」 博希がふっと、立ち止まった。 「静かにっ。あれが、壊されたご神体らしい」 棺桶が置かれた。 「寒いよう」 「黙んなさい五月サン。少し我慢するんですっ」 五月はしゅーんとなってちぢこまった。  三人は、それからかなり待った。 「……待って……どのくらいになります……?」 「そうだな。出てきた時間見てないから何とも言えないが、かれこれ二時間以上は待ってるはず……」 「あっ。ちょっと静かにっ。誰か来たよっ」 五月には言われたくなかったな、と二人ともにそう思ったが、とりあえず二人はそれっきり黙って、来た人物を見た。集団だ。四~五人はいる。みんな、黒い装束で身を隠している…… 「今度の娘で最後か?」 「いや。まだあと一人いる」 「確かめろ」 「確かめろ」 「へっへっへっへ。確かに娘だ。生娘だ」 「生娘だ」 「連れて行け」 「連れて行こう」 「へっへっへっへっへ」 四~五人の怪しい集団は、棺桶の中から娘を出して、連れていってしまった。博希と五月と景は、黙った。 「…………」 そして、集団が去ってしまうのを、確認した。 「…………」 そして、 「神様が『へっへっへっへ』なんか言うかあ!?」 「神様のくせにボキャブラリーが貧弱すぎますよ!!」 「神様って黒い服着てるんだねー」 「……ちょっと待て五月。お前の突っ込みはなんか視点が違ってる」 「えー? そう?」 大騒ぎする三人。が、景がすぐに我に返る。 「さっきの男たちの後を追うんですっ! どこへ行くのか見届けなくては」 「お、おう、そうだな。で、誰が行くんだ」 「あなたしかいませんよ、博希サン」 「は??」 「当たり前でしょう、僕らの中で唯一の体育会系ですから」 「ヒキョーだぞ」 「ごたごた言ってる間があったら行くっ!」 「わーったよっ」 博希は走り出した。 「うまく後をつけられたらいいんですけど」 「そうだねぇ。……でところで、ヒロくんが体育会系なら、ぼくは何系?」 「…………」 「ねーえ。ねーえ」 「……耽美系ですかね……」 「タンビ? タンビってなーに?」 「……世の中には知らないほうがいいってこともあるものですよ」 「えー? 解んないよー」 景は遠い目をしたまま、博希の帰りを待った。五月は横でふくれていた。  やがて、博希が帰って来た。 「ただいまっ」 「どうでした?」 「集団は執政官の屋敷らしいとこに入って行ったぞ。どうやら、娘を閉じ込めとく地下室があるらしい。そこに運んでいってたみたいだけど、よく見えなかった」 「やはり……そうでしたか」 ふむ。景は顎のほうに手をやって、しばし、考えた。 「今から行ってみますか……」 「どこへ!?」 「霊感の大変お強い、執政官様のお宅ですよ」 瞳をキラリと光らせて、皮肉を強烈に交えた一言を吐く景。 「……いや、それはやめたほうが」 「なぜです」 「……これ」 博希が指差した先を見る。五月がゴトリと崩れ、非常に気持ちよさそうに眠っていた。スヤスヤと。 「…………」 景は肩を落として、それから空を見上げた。 「……博希サン。五月サンを連れて、先に帰っていて下さい。僕は執政官様のお宅の様子を窺ってきます」 「何だと!? 危険だぞ!」 「……自分も行きたいんでしょ?」 うっ。博希はぎくっとした。 「心配いりません。殴り込みは明日です。その前に、地理などを見ておきたいだけです。地理を知らなくては作戦も立てられません」 「……気をつけろよ?」 「解ってますよ」 博希はよいしょ、と五月をおぶった。 「……ん――」 五月が博希の背中でむずかる。ぽんぽんと背中を叩くと、五月はまたスヤスヤと眠った。 「ホントにこいつ十六かよ」 「戸籍上はそうでしょうよ」 「そういうこと言ってんじゃないんだよ。……ま、頑張れや」 博希は五月をおぶって、帰っていった。 「さて、と」 行ってみますか。景はさっき、男たちが娘を連れていったほうへとゆっくり歩き出した。  ざくりざくり、土の道を蹴る。 「…………」 この世界には星だの月だのはないのだろうか、と、景は思った。あたりはとっぷりと暗い。ベルトにつけていたライトキーホルダーで、足元を照らしながら歩く。 「!」 足跡。それも、いくつもの。 「バカ丸出しですね」 辛辣な意見である。村人はこの足跡に気がつかないのだろうか。いや……気がついていても、口出しできない? ――なぜ?  厄介な事に巻き込まれましたね、心の中でもう一人の自分が冷静に語った。そこからしばらく歩くと、足場が急に土からアスファルト――というより、石畳――に変わった。 「……ここ……ですか」 景が顔を上げると、そこには、大きな屋敷があった。執政官の屋敷らしい。 「うっ」 景はそのとき何かに気がついて、物陰に身を潜めた。屋敷から、誰かが出てくる。 「……さっきの……」 娘を運んでいった男たち……装束はすでに脱いでいる。 「明日で仕事は終わりだよ。よく頑張ってくれた」 「へえ」 男たちに金らしきものを渡しているのは執政官か……? 「日雇いですかねえ」 なぜこんなときに彼らの給料が気になるのか、景は頭の中で、彼らの今後について考え出してしまった。きっと『仕事』が終われば、彼らは消される運命にあるだろう。彼らの口から下手にこのことがのぼりでもしたら、執政官にとっては致命傷にも等しい。金を与えてつなぎとめておいて、終わった直後にバッサリ……悪役の考えそうなことだ……。 「娘を運ぶだけでこんなに金をくれるなんてなぁ」 「それにしてもこの村にはきれいな娘ばっかりで」 「そうだそうだ」 「執政官様が羨ましいぜ、毎晩毎晩とっかえひっかえ……」 景はその時、思わず声に出してしまった。 「なんですってえ!?」 しまったと思って口を押さえても、もう遅い。 「誰だっ」 「うわっ」 見つかった。こんなお約束な展開で見つかるとは……景は自分の未熟さに頭を垂れながら、走り出した。だが『頭脳担当が主』な十六歳の高校生と、『悪いコトはだいたい一通りやった』成人男性五人とでは、どっちが勝つか、考えなくても解る。捕まる。まずい。  景はその時、ぱっ――と、頭に、あることがひらめいた。 「ふっ!」 足に気合いを入れる。そのまま、景は、石畳を、蹴った! 「何!?」 石畳を蹴った景は、自分がとんでもない跳躍力で、屋根の上に乗ったことを知った。そのまま、屋根の上を走って、逃げる。 「ちいっ」 「まあ、どうせ、何も知らんだろう。今度会ったら、始末すればいい」 その声を遠くに聞きながら、景は「じゃあ、明日ですね」と、約束でも交わしたかのようにつぶやいた。誰にも聞こえないように。  博希は寝ないで待っていた。 「ただいま帰りました」 「景! 大丈夫だったか?」 「ええまあ……ちょっと、追われましたけど、逃げ切りました」 え? と博希は思った。体育の授業は特に苦手な景が、あの男たちの足から逃げ切った? 「よく……逃げ切れたな、それにしても」 「ええ。多分これは僕の想像ですが、――」 「?」 「……いえ、まだ、確定していないことを言っても仕方ありませんね、今度にします」 「そうか。で、どうするよ」 「そうですね、……」 五月抜きの相談は夜中じゅう続いた。時々、なぜか何かがどっかんどっかん爆発した。  翌朝。父親と娘の顔色は悪かった。 「おはようございます」 景が挨拶に続いて、二人に言った。 「今日、棺桶の中には、僕たちの仲間を入れておきます。あなた方は、家で、おとなしく待っててください」 「なんですって?」 「僕たちが、神様の呪いとやらを、鎮めてきます」 「そんな、そんなことまでしてもらって……」 博希がそれを聞いて、ウインクした。 「俺たちの住む国に、こういう言葉があるんだよ、『一宿一飯の恩義は大切に』ってね。一宿一飯どころか、もう、俺たち二宿五飯もさせてもらってる。恩義返すには十分すぎる」 「ご飯美味しかったから、そのお礼だよ」 五月が多分、これから何をやるのか解らずに、そう言った。  朝食の後、博希と景は、五月に、今夜の作戦を、できるだけ五月に解りやすく、話した。 「そんなことするの!? ぼく怖いよっ」 「どうせ、その頃には昨日みたいに眠くなっているでしょう? 棺桶の中で寝ていればコトは終わりますよ」 「ダメダメダメ。だって、初めて、鎧装着するんでしょ!? そんな時に、寝ぼけてたくないもん。寝ぼけてたら、せっかくのぼくの美しい登場シーンがダメになる」 「…………」 景は絶句して、少し、考えた。 「ではお昼寝しておきなさい。そうすれば、夜は寝なくてすみますよ」 「あ、そうか。じゃそうするねっ」 「ちょっと待ってください、五月サン。寝る前に、『鎧装着時の声』と『武器射出時の声』を決めておくこと。いいですね?」 「うん」 「じゃあ、おやすみなさい」 「おやすみ」 五月が部屋に引いていくのを見ながら、博希がつぶやいた。 「……やっぱりオトリ、俺でなくていいのか」 「…………」 景はしばしの沈黙の後、答えた。 「慎ましく却下しておきます」 「そうか……」 「それよりも、僕らも『鎧装着時の声』と『武器射出時の声』を決めておかなくては。せっかくの初装着ですからね」 「お前もそういう性格持ってたんだな」 「何の事です」 顔を見合わせて、博希と景は、ぷっ――と笑った。握り拳をちょん、と合わせると、最終的な打ち合わせを始めた。  五月の入った棺桶が、ご神体のもとへ運ばれていく。 「行こうか……」 「行きましょう」 「しかしお前も面白いこと考えるね」 「そうですか?」 「そうデスよ」 「ほらっ、五月サンを追いますよっ。無駄口叩いてないで」 「はいよはいよ」 博希と景は、五月の棺桶の後を追い始めた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • アサルトライフルをお供に異世界転移を

    ♡3,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・63話 種田自由

    2020年8月9日更新

    この物語の要点をまとめるとしたらキーワードは刀と魔術、そしてアサルトライフル。 物語は主人公カトウ・ミナトが幼いころからその心の奥底に恋心を抱き続けてきた少女、ヤマガワ・カエデを暴漢から助けようとする所から始まる。 カエデがナイフを持って突っ込んでくる暴漢からミナトを庇おうとしたその瞬間だった。ミナトは偶然『転移魔術』の才能を開花させ、発動。そして気づけば二人は潮と血の香りが漂う異世界に立っていた。 そこからは激動で、反社会的集団に追いかけまわされてしまった二人は力尽きついにカエデは仮面を被る謎の男に拉致されてしまう。 ミナトはイーサン・ベイカーという刀を使う殺し屋の男に助けられ、カエデを奪い返すために一緒に戦う事を決意する。 しかし、手渡されたハンドガンとナイフの重さはミナトにそれが凶器であるという事を強く実感させるが、カエデを助けるためにその手を血に汚すことに躊躇っている時間は無かった。 そして行われた救出作戦だったが、それはいずれ世界を大きく動かす歯車の一部となる。 この世界には魔法の様な奇跡や、最強のステータスも無ければチート能力もない。弱者は強者に捻りつぶされるのみであるし、暴力こそがこの世界の真理なのかもしれない。 そんな世界を変えようという大きな波を起こすのがミナト、そしてその仲間たちだ。 全員がその手を血に汚している世界でミナトは一体何を夢見るのか。 最後にもう一度、この物語のキーワードは刀と魔術、そしてアサルトライフルだ。

  • 2020年8月9日更新

    両親に愛されなかった男、『三門 英雄』 事故により死亡した彼は転生先で『ラース=アーヴィング』として生を受けることになる。 すると今度はなんの運命のいたずらか、両親と兄に溺愛されることに。 ライルの家は貧乏だったが、優しい両親と兄は求めていた家庭の図式そのものであり一家四人は幸せに暮らしていた。 また、授かったスキル『超器用貧乏』は『ハズレ』であると陰口を叩かれていることを知っていたが、両親が気にしなかったのでまあいいかと気楽な毎日を過ごすラース。 ……しかしある時、元々父が領主だったことを知ることになる。 ――調査を重ね、現領主の罠で没落したのではないかと疑いをもったライルは、両親を領主へ戻すための行動を開始する。 実はとんでもないチートスキルの『超器用貧乏』を使い、様々な難問を解決していくライルがいつしか大賢者と呼ばれるようになるのはもう少し先の話――