Chapter:56 「そっ、それ奉公と違うような気がするっ」

「あなたが【伝説の勇士】ねえ?」  部屋に入ってきたなよりとした人物にそう言われ、五月は背中が凍った。 「なんでもうバレてるの!?」  だが、その疑問はすぐに氷解することになる。 「久し振りだな」 「あ……! ディルの、お父さん!?」  そっか、それで、ぼくが勇士だって、もうバレてたんだ……  「ヒロくんとカーくんをどうしたの!」 「どうもしないわよ。あなたをどうかしただけで」 「じゃあ、ぼくをどうしたの!」 「さらってきただけ。あなたがあまりに可愛いので」  またしてもくふふふふと笑う。気持ちの悪い笑い方だなあ、と思ったが、五月はそのことは言わず、別の言葉を捜した。 「ぼく可愛いんじゃないやい。美しいんだい」  もはやその言葉が誰に言っても通用しないということを知らないのは本人のみである。 「くふふ、気の強い。それで、名前はなんといったかねえ?」 「……五月……」 「サツキ、ね。本当に女の子のよう――」 「ぼ、ぼく女の子じゃないよっ! 男だよ!?」  五月は焦った。早くここから逃げ出したかった。ではどうすればいい?  そうだ、鎧装着だ!  五月はそこまで考えるだけの余裕がまだあった。通信機が取られても、エンブレムまでは取られないもの! 五月は手の甲の布をはぎ取った! 「ヨロイヨ――」  だが、デロ、は、言わせてもらえなかった。というより、言っても無駄だった。言いかけた瞬間、 「ダメよ」  なよりとした人物が、五月の手の甲に、何かを巻きつけたのだ。それはまるで新体操のリボンのようなもの。五月の手の甲にきつく巻きつき、エンブレムを隠してしまった。 「ああっ」 「くふふ。これで鎧装着はできないわね」 「痛いよう……」  きりきりと、リボンは五月の手を締めつけた。 「なるほど、ステキに可愛らしいわねえ。ドレスで奉公してもらおうかしらねえ」 「痛い痛い痛い」 「この子を着替え部屋へ! 私の最側近にするわ」  たぶん配下のような人物が二、三人、出てきて、リボンごと五月を別の部屋に運んでいった。 「いやああああ~~やだああああ~~~~」  そんな絶叫を残して。 「……どうだ」  ディルの親父がそう聞いた。 「……ヤバいわねええ。どう? あの可愛さ。二日といわず一日あれば十分よ、陥落には」 「自分で言うな、自分で。……だから最側近に?」 「もちろん」  くふふふふ。  ああ、しつこい。 「自分で化粧品買い込む日が来るなんて思わなかったぜ」  博希はそう独り言ちた。が、悪い気はしない。 「舞台化粧と普通の化粧は違うが、まぁ、男でも女に見えるような化粧は化粧の勉強の時にやったから大丈夫だろうと思う」 「あなたがいてくれてよかったと思いますよ、ディル。ありがとうございます」 「いやあ、俺だって、お前たち【伝説の勇士】の手伝いがこんな形でできるなんて、すごい感激さ。死ぬまで自慢になる」  大袋を抱えて、三人はいったん、ディルの村に戻った。 「あれ? 建設途中だった屋敷はどうしたんだ」 「屋敷じゃなくって倉庫にすることにしたんだ。元の屋敷で十分住めるしな」 「なるほど、予定を変更したんですね。屋敷より倉庫のほうが建つのは早いでしょう」 「ちゃんと大工に頼んだから一般人が倒れることもない」 「お前、いい執政官になれるぜ」  ぱむ、と、博希はディルの肩を叩いた。 「ありがとな。お前らにそう言われると、ホントにそうなる気がする」  ディルはそう言ってちょっと笑った。  ディルの部屋で、三人は化粧および女装にいそしんだ。 「急いでやってしまおう、早く隣村に行かないと、五月が危ない」  博希と景はこの前着たような女物の服を着てしまうと、ディルに顔を任せた。 「下地にこれ塗って、眉……と、それからちょいちょいっと……、ほい、ヒロキ、終わりだ」  景は心臓を二、三回叩いてから、博希の振り向くのを待った。 「どうだ?」  博希は景の方を向いた。 「……は」  景は一瞬、誰か別人を見ているような感覚に襲われた。ここまで可愛くなれるんなら、パープルウォーで化粧したのはいったいなんだったのだろう。 「……やっぱり兄妹、ですね。茜サンそっくりですねえ……」  茜がもう少し成長したらこんな感じになるのだろう、という見本のような顔がそこにあった。 「さあ、次はお前だな、ヒカゲ」 「すみません……」  景もディルに顔を任せる。もしかしたら、僕は姉様に似るのでしょうか。 「あぁあ」  五月はため息をついた。無理やりに着させられたドレスは、奉公用で動きやすいものではあったものの、やたらめったらビラビラのついたものだった。 「……でも、かわいいよね」  ぴらん。スカートの裾をめくると、五月は一回転した。  やっぱり何かが違う。 「執政官様がお呼びです。急いでお部屋に行かれるよう」 「執政官……?」 「先程お目見えした方です」 「…………アレ…………?」 「執政官様にアレとはなんですアレとは!」 「ごめんなさい」  ……行きたくないなあ。五月はそう思った。が、行かなかったら行かなかったでどうなることか解らない。巻きついたままのリボンはどうしても外れなかった。  これじゃあ鎧装着もできないよね。五月はまたため息をつくのだった。 「ホレ、ヒカゲあがり。あとは俺だけだな」  景も化粧が終わった。景は博希の方を向く前に、鏡で自分の顔を見ることにした。 「……これは……」  博希が興味シンシンで 「見せてみろよぉ」  と言うので、景は博希の方を向いた。 「へえ、お前の母ちゃんそっくりだぜ! お前、母ちゃん似だったんだな」 「……そのようですね……」  姉そっくり、というよりも、母親のどこか華奢な感じに、その顔は似ていた。  化粧、恐るべし!!  景は心の底からそう思うとともに、今は遠くアイルッシュにいる母親のことを思うのだった。  ほどなくして、ディルサイドから声が上がった。 「俺もあがりー。できたぜ、さあ、行こうか!」  やはりその顔も美しい。化粧の名人ですねえディルは、とは景の言。 「行くのか?」 「もう夕方ですが――」 「夜の方が襲撃はしやすい。それに、夜ってのは危ないぜ、五月にとっちゃあな?」 「!」  それで殴り込みは決定した。ディルはすぐ、天空に向かって叫んだ。 「パピヨン!」  フォルシーとはまた違ったタイプの鳥が舞ってきた。 「パ……パピヨン??」 「ディル、この鳥はあなたの……?」 「そうさ。下手に歩いて人目を引くより、こっちのがマシだろ」 『……ディル様ですよね……?』 「お前主人の顔を忘れたのか」  無理言うな。 「急いで隣のファイテリアに飛んでくれ、急な用事なんだ!」 『承知致しました!』  譬えて言うならでっかくなったツバメのような感じ――これは博希の譬えである――のパピヨンは、空を斬るようにして五月がいるはずの村に向かった。博希や景にとっては戻ってきた、ということになる。 「無事だといいんだが、サツキ」 「五月サン……」 「五月、もうちょっと我慢してろよ!」  何をだろう。  趣味の悪い障子に手をかけるのは、少しばかりの勇気が要った。 「……あの、えーと……来ました」  景のようにうまい敬語が使えない。まあ使えたところでどうなるものでもないのだけれど。 「そう。サツキ、だったわねえ。湯浴みはした?」 「ユアミ??」 「……お風呂には、入った?」 「うん」 「ではこちらへ。髪のひとつもといてあげなくてはねえ」  手がくいくいと五月を誘った。五月は自分の髪をつかんでぶるぶるぶるんと首を高速で横に振る。 「そっ、それ奉公と違うような気がするっ」  正解である。しかし目の前の執政官は瞳にもうどこの執政官も敵わないくらい怪しげな光をたたえて、五月を上から下まで見ている。  かた。  かたかたかたかたかたかた。  五月は覚えず、足が震えているのを知った。 「これは……」  本当にヤバいと思う。五月は心の片隅で冷静にそう思っている自分に、少し、驚いた。だが今は、焦るのが先かもしれなかった。 「よく考えたら、」 「どうしたヒロキ?」 「闇討ちするのに女装する必要なんかあったんかな?」 「……忍び込んで、誰かに見つかった時、ごまかしが利く、という意味でなら、必要はあったと思いますよ」 「そういうことだ。なにせゴッツいのもかなりいるそうだからな」 「ゴッツいのね……執政官の趣味で?」 「……たぶん」 「………………」  しばらく、沈黙。 「ええい、急ぐぞ!!」 「正体バレたらその場で脱ぎますよこれ!」 「解ってらな、ところで、」 「なんです?」 「化粧はどうする?」 「………………」 「ま、そんなにまずい化粧じゃなし、つけたまま戦うってのもある意味オツかもしれんぞ」 「何がオツですか。落とすのは簡単には?」 「いかないね。仕方ないさ、それも宿命」  ディルはからからと笑った。執政官の屋敷が、すぐ、見えてきた。 「そのへんで下ろしてくれ。先に帰ってていいぞ、遅くなるかもしれんから」 『はい。それでは』  パピヨンは飛び去っていった。 「さあて……」 「行くか」 「ええ」  博希と景がまず塀に飛び乗って、ディルを引き上げる。 「どこだ、五月!」 「叫んじゃダメです博希サン、シー」  三人は手分けして屋敷の中をかけずり回っていた。屋敷は、ムチャクチャ、広かった。  すでに救出要員が侵入を完了していることなど夢にも思わないここの二人はというと、――執政官はまだ誘っており、五月はまだ、抵抗を続けていた。 「イヤだってばっ」 「早くおいで。――来ないとこちらにも考えがあるわよお」 「……え……」  よく見たら唇は真紫に染まっている。ああ、気持ち悪い。 「いらっしゃいっ」  そう唱えるとともに、執政官の右手に、何かが収まった。 「! 『声』……『声』の魔法だ!?」  五月はその時思い出した。そうだ、ぼくたちが武器を出せるのと同じように、『声』でこの人は、  ……、  ……何を出したの? 「おいで~~?」  ピシュン、まさにそんな音がして、何かが長く伸びた――! 「きゃーっ! またリボンっ!!」  そう、五月のエンブレムを封印したリボン、それと同じタイプのものが再び、五月を襲った! 「ほーほほほほほっ」 「ひゃあああああっ」  リボンは五月の体に非常に的確に巻きついた。上半身の自由が奪われる。 「いやだ――――!!」 「叫んでもムダムダ。この部屋だけは防音設備を施してあるの」  ずる。  ずる。  ずるり。  当然つながっているリボンの端を引っ張れば、五月はそれに応じて引きずられるわけで。 「やだああああああっ」 「そろそろおとなしくなさあい?」 「気持ち悪いよおおおおおおうっ」  正論。 「あ、すみません、執政官様のお部屋はどちらでしたでしょう?」 「あちらの方だけれど……あら、あなた、見ない顔ね?」 「え、ええ、新顔ですわ……」  景はげっそりしながら、動きにくいヒラヒラのスカートで屋敷の中を早歩きしていた。 「栗色の髪をした可愛い子、見なかったあ?」 「見ないわよ。……あなた、誰? 名前、なんていったかしら?」 「へ……ききき、昨日入ったの。えと、アカネっていうのお」  目がバタフライ。博希は限界までスカートをたくしあげて走り回っていた。  すまん、茜。兄ちゃんは頑張ってるぞ。 「……!」  ディルは目の前から歩いて来る人物に気がついた。  親父……!  やっぱりここにいやがった!  だが、今は女装している身分。というか、正体がバレたら何が起こるか解らない。ディルは黙って通りすぎようとした。 「初めて見る顔だが?」 「! ……新顔ですの。よろしく」 「そうか」  ……はふう――。  が。 「……【伝説の勇士】を捜しに来たのなら邪魔するまでだぞ、ディル?」 「!!」  モロバレてる――――!! ディルはそこからダッシュをかけた。もう構うもんか! スカートをモロにたくしあげ、ディルは廊下を走って逃亡した。 「ちいっ」  一瞬だった。ディルを逃がしてしまった……、……ディルがここに来ているということは残りの【伝説の勇士】も侵入の可能性が高い。――そう考えた彼は、執政官の部屋へ急いだ。  五月はまだ頑張っていた。カーペットの端っこを噛んだりして、引きずられまいと必死の抵抗。彼にしてはたいしたものである。 「んっもうっ。……でも、抵抗されればされるほど、引き寄せた時の興奮も高いわ~~!」 「ひ――――――――!!」  これほどまでのピンチがあったかと思うくらいの大ピンチである。ヴォルシガの時なんかがショボ目に思えてくるほどピンチ度が高い。  が、そのピンチが、一瞬だけ、軽減された。 「おいっ!」  ディルの親父が入ってくる。 「どうしたの」 「……邪魔したか?」 「ちょっとね」 「それは悪かった。それよりも、……【伝説の勇士】がこの屋敷にいる可能性がある!」 「あらあら!」 「ヒロくんとカーくんが……!」 「ディルがさっき、女装までしてこの屋敷に潜入していた。【伝説の勇士】を手引きしたのかもしれん」 「ふうん。じゃあ、ここにもほどなく来るわねえ?」  五月はそれで、ちょっとだけ、救われた気分になった。しかし、その心を先読みしたかのように、執政官の一言。 「彼らも見てみたいわねえ……」  ぞぞぞぞぞ。  五月は鳥肌の立つ感覚を体中に感じた。 「その前にやっぱりあなたよね、サ・ツ・キ」  くいん。  リボンが、引かれた。 「ひいややああああぁぁあああ!!!!」  もう何語か解らない叫び声をあげて、五月が叫んだ時、 「ここにいましたかっ!」  五月にとっての、救世主の第一声だった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡123,800

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・60話・208,202字 ぷりん頭

    2021年1月16日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

  • 美少女じゃなくても女の子はヒロインだ!

    ♡945,085

    〇7,509

    異世界ファンタジー・連載中・154話・791,416字 東郷しのぶ

    2021年1月16日更新

    16歳、青春真っ盛りながらも女の子にモテたことのない少年サブローは、念願の異世界行きを果たす。「異世界と言えば美少女とのキャッキャウフフ。夢はハーレムだよね!」と期待に胸を膨らませるサブローだったが、異世界も現実の壁は厳しかった……。基本はコメディーですけど、バトルや恋愛、シリアスの要素もそれなりに入ります。 サブローは異世界転移前に地獄で鬼たちによる猛特訓(笑)を受けているため、かなり強いです。 物語が進むにつれて、ケモノっ娘・令嬢・メイド・女騎士・魔法使い……と、複数名のヒロインが出てきます。但し、一般的美少女形態(?)とは異なるケースが存在しますのでご注意を。 ※異世界が舞台になるのは、2章からです。 表紙イラストは、成瀬ちさと先生に描いていただいております。 「小説家になろう」様などにも投稿中。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人付き合い下手な最強厨と奴隷の少女の物語

    ♡133,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・130話・530,430字 葉簀絵 河馬

    2021年1月17日更新

    VRMMORPGファーアースオンラインを廃課金で最強を誇ったプレイヤー、フォルティシモ。 彼はある誘いを受けてファーアースオンラインそっくりの異世界へ転移する。 そこではフォルティシモを更に強くできると言われたが、実際はそんなことはなくカンストのままだった。更にその異世界では、ルールもよく分からないゲームが催されていて、いつの間にかフォルティシモも参加することとなってしまう。 これは最強厨の彼が更なる最強を目指し、異世界で自由に生きていく物語。 ◆◇ 家族に捨てられて奴隷として売られた少女、キュウ。 彼女は最強だけど少し変な主人に買われてしまう。 誰からも家族からでさえ望まれなかったキュウは、主人の歩みに合わせていくだけでも精一杯だった。しかし主人はキュウを物理的に強くさせ、その周囲に集まる多くの人々との出会いは、何も持たなかった少女を成長させていく。 これはすべてを失った少女が、最強に並び立つための物語。 その他要素:多視点、主人公チームチート、奴隷、ケモミミ、ステータス、AI ※フォルティシモ、キュウの二人を主人公だと思って書いています。 ※地の文多め、状況描写、心理描写共に力を入れて書いていきたいと思います。 ※書き溜め20万文字以上、しばらくは毎日更新予定となります。 この小説は小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

  • 2021年1月17日更新

    5歳の時、比良坂アカツキに、25歳で死んだ田中アカツキの記憶が入ってきた。 そして10年間、藤宮家の守護人として修業し、16歳の春。 比良坂家長男として、藤宮家守護人として『剣聖』の才能が期待されていた。 しかしアカツキの才能は『神からの寵愛』。 『剣聖』の家系として代々続いていた比良坂家として、これはあってはいけないことだった。 アカツキの父は、急いで弟のオリガミに才能判定をさせ、出た結果は『剣聖』。 比良坂家として、藤宮家を守護する家系として、アカツキは追い出され、弟のオリガミが次期当主になることが決まった。 遠くの魔術学園に通うことになったのだが、アカツキの持っていた『神からの寵愛』という才能は、”ソウル”と呼ばれるこの世界での魔力や霊力、チャクラ的な存在を爆発的に上昇させる才能だった。 アカツキはその才能を持って様々なチート魔術を使いこなす。 前世からの付き合いがある藤宮アリスとは、今世でも一緒に行動する……。 タイトル読み方 ☆5愚行権機関と空色彼女(いつつぼしぐこうけんきかんときままなかのじょ)