窓の中のWILL

Chapter:33 「……悪い夢を、見ていたんですよ……」

 翌朝。 「逃げたですって!?」  執政官の怒号が、屋敷の中に響き渡った。 「はっ……はいっ!!」 「見張りは何をしていたの!?」  お約束ともとれる叱責。が、見張りは何が起こったのか全く解らないというような顔で、執政官の怒りを一手に引き受けていた。当然、それは取調官にも言えることで――   「ですが、本当に、訳が解らないのです。あっという間に、目の前が真っ暗になって、気がついたら床に転がっていた次第で、その時には、奴らが煙のように消えていまして」  ということは、彼女らは見事に一晩、気絶したままだったのである。よほどリオールの一撃が強烈だったのであろう。 「馬鹿をお言いでないよ! ご丁寧に鍵を開けてあるじゃあないの?」 「はっ」 「牢屋に案内なさい!」  執政官は、頭を下げ続ける見張りと取調官を引き連れて、怒ったまま牢屋へと移動していった。  執政官の屋敷と牢屋とは、そう離れていない。家一軒か二軒ほど隔てたくらいの距離である。執政官の頭の中は今、ファンフィーヌにどう言い訳をしようか――ということくらいしかなかったし、絶対に、逃げた三人――博希たちのことである――を捕まえなくては、という思いにもとらわれていた。  結局、博希たちは橋の下の小屋で一夜を過ごした。 「ん」  五月が、ふにー、と目をこする。景はパチパチと火を焚きながら、何かを焼いていた。 「おはようございます」 「おはよー……何焼いてるの」 「朝ごはんですよ」 「朝メシ!?」  今までいびきをかいて寝ていたくせに、博希がガバッと起き上がる。 「……早いですね」 「メニューはなんだ?」 「教室でも何か焼いてたら目が覚めるんじゃないですか」 「米あるのか?」 「……会話になってませんね……焼いてるのは魚です! お米はありません。今日の朝ごはんは焼き魚ですよ」 「魚なんかどこでとってきたの」 「あちらで」  景は川を指差した。 「大丈夫?」  五月が焼ける魚を見ながら不安そうにつぶやいた。 「いらないなら僕がもらいます」 「いるよう」 「いーい匂いだ。こりゃうまいだろうな」  ほかほかと湯気を立てる焼き魚を、三人はそれぞれ葉っぱの上に乗っけた。 「キャンプみたい」 「早く食おうぜ」 「いただきます」  三人とも、黙りこくって、はぐはぐと魚に食いつく。博希の手が止まった。 「ふむ」 「どうしました」 「キロ千円ってとこかな」 「……卸値ですか。食べましょうよ早く」 「すまん」  しばらく、とても静かな時間が流れていた。もぐもぐもぐもぐもぐ。時に、魚のむしれない五月のために、仕方ねぇ奴だな、――などと言いつつ博希が、今回だけですよ、――などと言いつつ景が、交替で魚をむしってやりながら、三十分もしないうちに、三人の葉っぱの上には、骨しか残らなくなっていた。 「けぷ」 「さあて……どうするかな」 「このまま、ここにいるわけにもいかないでしょう。追っ手が来ないとも限りませんよ」 「だろうな……もう、俺たちが脱獄したこともバレてるだろうし」 「隣村まで行けませんかね、もっとも、ここよりはマシだといいんですが」 「じゃ、何とかしなくちゃなあ……」  博希と景は天井を見つめた。五月は景にもたれて、そのままいい寝息を立てていた。腹がふくれると眠りだすタチらしい。 「困りましたねえ」 「それは五月のことか? それとも状況か?」 「……五月サン三割、状況七割といったところですか……」 「俺わりといい考えがあるんだけど」 「……博希サンの『いい考え』は良かった試しがありません」 「言う前からずいぶんなこと言ってくれるじゃねぇか」 「僕は女装なんて嫌ですからね」 「! ……」  博希は小屋の隅で、体育座りをした。博希の『いじけた』ポーズである。 「何やってるんです」 「俺の頭はどうせ単純にできてる」 「よく解ってるじゃないですか」 「……お前ってチクチク人をつっつくタイプだよなあ……」 「そんなことより」  景は新しい枝を火にくべながら言った。 「女装という手は僕も考えました。が、そんなのが似合うのはどう考えても五月サンだけです。僕、ましてや博希サンなんて、歩きだしたら五秒でバレますよ」 「そこまで言う」 「間違ってますか?」 「間違ってる」 「ほう」 「俺とお前で女装が似合うのはどっちだ!? 俺だろう!?」 「いつかと似たような質問するんじゃありませんよ。解るわけないじゃないですか、女装なんかしたこともないのに」 「だからやってみりゃ解るだろう」  ぱちり、と、火の中で木の枝がはぜる音がした。 「……やるんですか……」 「やってみて損にはならねぇだろ?」 「得にもなりませんよ」  景がそこまで言ったとき、五月がうーんと背伸びをした。景はしばらく火を見つめていたが、ひとつため息をつくと、五月を見た。 「五月サン」 「なあに?」  景は今まで自分が離さなかった財布を出した。スカフィードから預かった、大切な旅費。 「これで、女性服を三着と、それと、お化粧の道具を買ってきてください」 「三着? 何で?」 「……僕と博希サンと五月サンが着るんです」 「あっ、そうか! 女の子になって、村の中を歩くんだね!」 「何でそんなことばっかり頭の回転が早いんでしょうね……」 「なんか言った?」 「いえ。……急いでくださいね、追っ手が来ないうちに」 「うん。解った!」  五月はそのまま、駆け出していった。 「ちゃんと買って来ると思うか?」 「まさかおつかいが初めてって訳じゃないでしょう、五月サンは」 「……解らんぞ……」 「…………そうですね」   執政官は牢屋を見回した。 「……あからさまに堂々と逃げられてるのね」 「は……」 「――おや」  足元に、彼女は何かを見つけた。そこはやはり女性ならではの細かさと言うべきか。一本の――糸のような物体。 「髪の毛」 「髪の毛くらい、落ちていても――」 「彼らの中に、髪の長いのはいた?」 「いました、一人」 「……色は」 「え? ええ……栗色……というか茶色というか」 「この髪は黒い。では? 奴らが自分の手で逃げたのではない――何者かが手引きをしたんだわ」 「な!? 何者かが!?」 「私はファンフィーヌ様にこの事をご報告に上がる。お前たちは、奴らの行方を追いなさい!」 「はっ!」  五月はめぼしい店の戸を開けた。からーん。 「くーださーいなー」 「はい、いらっしゃい。なに差し上げましょ、おじょうちゃん」 「んとね、お洋服。三着欲しいな。それからねー、お化粧道具」 「はいはい、こちらにどうぞ」 「あっ、キャンドルだあ」  あのときグリーンライで買いそこねた思い出がよみがえる。今ならお財布はぼくが持ってるし。おだちん代わりに買ってもいいよね?  五月はこそっと、財布を開けてみた。店のおばさんのエプロンをくいくいと引っ張る。 「なあに?」 「あのね、これでさっきぼ……わたしが言ったの買えるかなあ」  おばさんはひょいっと財布をのぞき込んだ。 「うん、大丈夫。おつりがくるよ」 「わあい。じゃこれも欲しいの」 「うんうん、いいよ」 「これも」  当初の目的はどこへいったんだ五月。 「逃げた」 「はい……」  ファンフィーヌは冷たい瞳を執政官に向けた。 「それは、彼らが自分で? それとも、誰かが故意に?」 「……後者、かと」 「根拠は?」 「床に――髪の毛が一本、落ちておりました。見張りのものとも、取調官のものとも違いますので」 「ふうん。……じゃあ、誰が……伝説の勇士はいまだ三人のはず……ならば……もう、一人が……?」 「奴ら……伝説の勇士で!?」 「ええ。だからなおさら、捕まえなくてはね。厳戒体制をひきなさい! 逃がしては駄目よ、その代わり、レドルアビデ様に献上するまでなら、どんなことをやっても構わないわ、もちろん、殺してもね」 「ははっ」  執政官が去ったのち、ファンフィーヌは――わずかにぽろりと――涙をこぼした。 「男なんて――いなくても――いい……と……思ってたけど――あなたのことは――忘れられない――、ごめんなさい……」  変ね。  あなたのせいで、男には愛想を尽かした、はずなのに。 「ただいまあ」  靴がさくさくと草を踏む音、それに続いて五月の元気な声が聞こえてきた。 「おかえりなさい。……何ですその大荷物は!?」 「言われたもの買ってきたんだよう」 「……僕の言ったもの『だけ』買ってきたでしょうね!?」 「…………」 「答えてください」  五月は黙ったままで、景の前で袋の中身をバサバサッと開けた。次から次へといろんな物が転がり出る。 「服、それから口紅とファンデーション、……五月サン、答えていただきましょうか……何でキャンドルが十本も入っているんです!?」 「だってだって」 「こっちにはカツラもあるぞ」 「こんなものいりませんよ!」 「ヒロくんがいるかなって」  景は髪をかき上げた。困ったことになりましたねえ…… 「おお」  博希の歓声が聞こえた。五月の買ってきたカツラをかぶってはしゃいでいる。 「博希サンっ!」 「いいじゃないかケチ。それに、これだけのモノ、使わないと荷物になるぞ」 「……うーん……」  景は少し考えた。後ろでは五月がしょげている。 「五月サン」 「ハイ」 「もう、怒ってませんから、いいですよそんなにちぢこまらなくても。……好きなキャンドルを一つだけ取りなさい」 「うん」 「あとは全部燃やしますよ」 「えっ。……解った」  五月は一番気に入っていたキャンドルを一つだけ選んで、大事そうにバッグにしまった。  景は残りのキャンドルに火を点けて言った。 「始めますよ」 「黒魔術か」 「なに言ってるんですか! 着替えるんですよ」 「あのね、これがヒロくん、これがカーくん」 「五月サンの見立てですか?」 「多分サイズもぴったりだと思う」 「マメだなあ。……えらいヒラヒラついてないか……」 「この世界の一般的な服でよかったんですが……僕のは帯が……その……」 「似合うと思って買ったんだけど」 「とりあえず……着てみなきゃはじまりませんね」 「化粧は服を着てからか」 「そうだよ」 「何で知ってる五月」 「ママがいつもやってる」 「そうか……」  しばらく、悪戦苦闘しながら、三人は五月の買ってきた服を着た。 「腰のところが……一体どうなってんだこれ?」 「あのね、こっちにこうやって」 「さっ……五月サン、何で慣れてるんですか!?」 「ヴォルシガのお城でドレス着たから」  なんだかなあ、博希も景もそう思いながら、何とか服を着てしまうと、今度はもっと慣れない化粧を始めた。 「はい鏡」 「どこから出したんですか?」 「買ってきたの。三人分ね」 「ああ……これだけは盲点でしたねえ。ありがとうございます」  三人はそれぞれ、バラバラに座って、細々と化粧を始めた。キャンドルが九本点る、薄暗い小屋の中で。ある意味不気味である。――それも、誰も、一言もしゃべらない――。  やっと、博希が沈黙に耐えかねてつぶやいた一言は、 「……女に見えるように、化粧すりゃ、いいんだよな」  だった。 「男の僕らが男に見えるような化粧があれば知りたいですね」  景の皮肉も、今、彼には聞こえていない。数秒後、 「よしっ!!」  と、ガッツポーズとともに、博希のおたけびが聞こえた。 「できたんですか」 「できたぜ。ホレボレするね」 「……それが事実ならいいんですけどね」  景は博希の首をくきっと曲げて、彼の顔を見た。瞬間、景は、 「ウッ!!」  と絶句して、固まった。『鈴木さん』よりも凄いモノを見たような気がした。 「できたの、ヒロくん?」 「はうあっ! 駄目です五月サン、見ては駄目ですううっ!」 「えー?」  五月は景の制止を聞かず、博希の顔をのぞき込んだ。瞬間。 「………………」    ふ――――っ。  五月は後ろに、く――――っと倒れた。 「あわわわわわわわ」  景が慌てて支える。 「どうしたんだ?」 「五月サン。五月サンっ、しっかりしてください」  景は五月の頬をぺちぺちと叩いた。 「うーん」 「五月サン」 「あ、カーくん。ぼく、なにか……すごいモノ見たような気がする……」  景は博希に『後ろを向いてくださいっ』と目で合図すると、言った。 「……悪い夢を、見ていたんですよ……」  遠い目。  三人が固まるとバレるかもしれませんから――という景の提案で、三人は、それぞれバラバラに出ることにした。……博希の化粧が、どうやっても直せなかったせいも、ある。  まずは、五月が、出た。 「行ってきまあす」  決して僕らの方は見ないでくださいね! ――と、景が五月に厳しくクギをさしたため、五月は、小屋を振り返ることなく、村へ向かった。 「博希サンは最後に出てください」 「何で」 「……先に出られたらバレるのが早くなります多分」 「ああん? 何で」  だが景は理由を言わなかった。事実を知らないというのはある意味幸せなものですね――景は博希に聞こえないようにそうつぶやいて、小屋を出た。  これを空から見ていたのがデストダである。 「奴らだ! ご丁寧にも女装などしおって、バレバレなのが解らんか……脱獄したらしいが、再逮捕させてやる! 覚悟しろよ……」  デストダは景の後をそっとつけていった。  その後、それを知らない博希が小屋を出た。カツラつきで。  五月に続いて、景までが、村の中に溶け込むのに成功した。村の中には博希たちを捜す女戦士たちがうようよといた。が、景にも、当然五月にも、気がついていない。  ――なんだ、僕も結構、いけるんですね――  ……え? 何が!?   イヤ僕にそんな趣味はありませんよ!   これは仕方ないこととしてやっていることであって!   そんな独り言を誰が聞いているわけでもないが、景はぶつぶつとつぶやきながら歩いていた。その時である。 「ここに脱獄者がいるぞおおおお!! そっちにも一人!」 「!!」  女戦士たちが一斉に景と五月を取り囲む。景は慌てて振り返った。一体、誰が!? ――その時背中にぶつかった、布をまとった男が、ニヤリと笑った。 「! あなたは……」  それがデストダである、ということが景には知れたが、今この状況で、あの時のようにおちょくれはしなかった。 「久しぶりだな、伝説の勇士。……おっ……そこにもいるぞ!」  多分博希の姿を認めてのことだろう、デストダは本当に嬉しそうに、叫んだ。その間、景は、女戦士に取り押さえられて、動けなくなる。  かなり無防備に近づいてくる博希。デストダはそれを、まともに、見た。 「ウッ!!??」 「あ」  景はその時、止めるべきだったのか、それともこのままでよかったのかと一瞬考えたが、この場合、止めなくて正解だったかもしれないと思った。  デストダは絶句したまま、泡をふいて倒れた。博希は女戦士たちによって取り押さえられた。 「な、何するんだよ!? 俺は女だぞ!!」  さっぱり説得力がない。 「……あちゃあ……」  景がどういう意味でそのつぶやきを発したか、それは彼にしか解らない。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世界に美の神髄を取り戻す

    ♡6,901

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・32話・70,694字 筋肉痛

    2020年10月27日更新

    女体の造形こそ、美の神髄である。 美の女神、アフォリスは言い放つ。 しかし、世界はそれをひた隠す。 かの悪逆非道な女王が、大衆から肌色を奪ってしまった。 美が失われているこの世界は腐っている。 女神は決意した。 この女王は必ず除かなければならぬと。 そうして様々な人を巻き込みながら、女神は美のために世直しに突き進むのであった。 全ては美の神髄を人々に知らしめるために! ※ビキニアーマー大賞 参加作品です。

  • 家族がいない少女と悪魔の物語

    ♡8,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話・56,644字 佐竹 めぐる

    2020年10月27日更新

    有栖(ありす)は被虐待児の少女である。 飲んだくれの暴行クソ野郎である父から逃げる途中、トラックに衝突され、異世界に転移してしまう。 転移した世界、港町『ベルディア』でどういうわけか『アード』と名乗る悪魔に拾われ、さらにどういうわけか妹として大切にされることに。 有栖から『アルティア』と名前を変え、少女は悪魔の妹として生きていく決心をする。 『アード』の主である悪魔『フロム』とその姉の存在、そして転移先の港町『ベルディア』の歴史を探るにつれ出てくる謎。 これは傷ついた心を持つ少女と、家族に固執する悪魔、そして悪魔が支配する港街の歴史に関する謎の物語。