窓の中のWILL

Chapter:2 「まさか……どこからか放射能が?」

 放課後、博希の机には、五月しかいなかった。 「景は……帰っちまったのか?」 「そうみたい」 「……あいつ、本気で賛成してなかったんだな」 博希は机にちょっと伏せた。教室には、もう、博希と五月しかいない。担任の零一が、ご丁寧にも『早く帰れよっ』とクギをさしたのだ。もちろん、今時分の高校生がそんなことを聞くわけがない。だが、わざわざ教室に残っても、何をするというわけでもない。だったらどこかで遊んで帰ったほうがどれだけ楽しいか。ほぼみんな、そういう事を考えたらしい。どこの教室も、電気は消えていた。光がともっているのは、職員室くらいだった。 「行くかっ」 博希は立ち上がった。 「うんっ」 五月もついていく。どこかウキウキしているのは気のせいだろうか。  温室は、裏庭の片隅にある。かなり大きい。どうも今日は大雑把な調査のみで、警察のお歴々は帰っていったらしい。博希はこれ幸いとばかりに、温室のドアに手を触れた。しかし―― 「!」 「どうしたの?」 「……開かない」 博希は淡々と言ったが、無論、心の中は『どうしよう!?』の大行進である。 「鍵がかかってるってコト?」 「そういうコト」 温室にも入らないうちに、計画が空中分解してしまった。博希も五月も、ごくごく普通の高校生である、一応。泥棒の達人じゃあるまいし、鍵開けの超人的技能なんて持ち合わせちゃいない。どうにかしなくては、遅くまで学校に残った意味がない。 「……ちいっ」 「何するつもり!? ヒロくんっ」 「決まってらあ、蹴ッ飛ばすのよっ!」 今にも足をドアに突っ込みかねない博希の勢いを、冷たい声が止めた。 「だから言ったんですよ、賛成できないってね」 「……え?」 足を下ろして、後ろを振り向く。五月も博希を止める手を下ろして、声の方を向いた。 「計画性もなく動くと、そういう事になるんですよ。これは教訓です。心しなさい」 「景っ!」 いつもの微笑を浮かべたまま、そこに立っていたのは、景だった。 「やはり僕がいないとだめなようですね。どいて下さい、今鍵を開けます」 「開けるったって、どうやって」 景は鍵の部分に、何かをくっつけた。白いもの。 「?」 博希は脇でそれを見ながら、なんかの映画で見たことがあるぞ、と思った。怪盗が金庫を開ける時にやってたような。くっつけたものから細い線を引く。しゅっ。火花が散って……    ボウン! 軽い音がして、鍵のみが破壊される。博希が試しにドアを押しやってみると、非常に軽く開いた。 「……何やったんだ?」 「いつか映画で見たのをそのままマネてみました。博希サンと五月サンと一緒に観に行ったアレですよ」 博希は、ああ、やっぱりそうか、と思いながら、心底、景を敵に回さなくて良かったと、そう思った。  ぎい、と音を立てて、ドアを閉じてしまうと、三人は手分けして、温室の中を歩き回った。  外はうす暗い。温室は擦りガラスになっているため、余計、暗い。三人は相互の応答を絶やさないように、声を掛け合いつつ、沙織か、もしくは何かの手掛かりがないかどうかを捜した。 「ヒロく――ん、カーく――ん、いるう――――?」 「いるぞ――――」 「いますよ――――」 「五月――、お前は大丈夫なんだろうな――?」 その直後、五月サイドから、変な応答があった。 「うきゃあ」 「??」 うきゃあとは妙な返事である。博希と景は五月の声のした方に走った。 「どうした」 「何かにつまずいたの」 五月をつまずかせた物を、博希が拾い上げる。それはじょうろだった。薄暗い中、じょうろを詳しく見る。はしっこに、何か書いてあった。 「……『S.T』……『園芸部』……」 「ああ、そういえば沙織サンは園芸部員でもあったんでしたね」 「イニシャルから察するに、こりゃ沙織のマイじょうろだな」 そして、博希は、ちょっと上を見た。沙織がこんな所に、じょうろを置きっ放しにするだろうか。落とした? 落とすだけの理由があった? 「……今、何考えてる? 景」 「多分博希サンと同じことですよ」 景も上を見た。まだ乾いていない水玉が、観葉植物の葉の上で、キラキラと輝いている。  ぽたん。 水玉が、落ちた。  博希はその時、五月が、自分のシャツをグイグイと引っ張るのを感じた。 「なんだよ、五月?」 「~~~~~~」 五月は無言で、泣きそうな顔をして、博希にすがっている。もう片方の手は、自分の後ろのほうを、必死に指差していた。 「なんだよ、幽霊でも出たか?」 博希は笑いながら五月の背中のほうを見て、それから、息を飲んだ。 「――――――!」 博希の時が止まった。博希は横にいた景に、さっき五月が自分にしたのと同じようなリアクションで、景に自分と五月の恐怖を伝えようと試みた。 「何やってるんですか、博希サン」 あきれ返って、景も先程博希がしたのと同じように振り返ってみる。 「………………」 しばしの沈黙。景は、自分の眼鏡を外して、レンズをきゅいきゅいと拭いた。再度、はめる。 「………………」 またも、沈黙。景自身、十六年生きてきて、こういったシロモノに会うのは初めての経験だった。目の前――もっと具体的に言うなら、五月の真後ろ――には、常識では到底考えられないほどにうごめく、観葉植物があったのである! 「きゃ――――――っ!!」 五月が恐怖に耐えきれずに、走り出す。 「五月っ」 博希が追おうとするが、その目の前に、新たな観葉植物が現れる。景は冷静に状況を見た。   温室中の観葉植物が……『動いて』いる!? そんな馬鹿な。パニック映画じゃあるまいし、観葉植物が動き出すなんて。どこかにカラクリがあるはず……そう思って、景は何とかそのカラクリを捜し出そうとするが、いかんせん、あまりにもその数と動きが多種多様すぎて、かなわない。捕まえられるもんなら捕まえて標本にでもしたいもんである。 「いやあ―――――――!」 突然に、景の思考を遮るような悲鳴。五月がわめきながら逃げ回っているのだ。しかも五月自身、完全にパニックの直中にいるようで、どこに逃げているのか、自分でも良く解っていない。  背中に観葉植物。 「来ないで――――――!」  そうかと思えば目の前に観葉植物。 「嫌い――――――!」  横から観葉植物! 「助けてヒロく――――ん!!」 博希もなんとかしようと思っている。思ってはいるが、武器が何もない。さっきから沙織のじょうろを振り回して、「ヤアヤア」と言っているだけ。それでも効果はあるらしく、観葉植物たちは少しはひるんでいるようだが。  素手で戦ってどうにかなる相手ではない。ちぎりゃ済むだろうが、数が多すぎる。いっそ焼くか? ……火種がない。……そうか! 「景っ、さっきの爆弾、出せ! ついでにマッチも!」 だが返事が返ってこない。 「景?」 ふるふると首を振るのが、博希には見えた。 「まさか……」 「爆弾はあれ一個です。ついでにマッチもあれ一本でした」 絶句。 「なんでだよっ!!」 「こんな事態なんて予想できますか!?」 「…………」 博希の背中に、逃げて来た五月がどーん、とぶつかった。 「ヒロく~~ん……」 えぐえぐとしゃくり上げる。涙がこぼれる寸前まできている。だが観葉植物たちは、五月の涙にほだされるほど性格? がいいわけではなかったらしい。再び、固まった三人に向かって襲いかかってきた! 「うわあああ!!」 「なんなんですか一体っ……! まさか……どこからか放射能が?」 「ンな訳ないでしょ――――!?」 こんな時でも、実に冷静に状況を見ていた景はその時、逃げる五月の、完全に死角になった位置から、観葉植物が蔓を伸ばしているのを見た。景はそして、まったく自分の計算にない行動に、出た。 「五月サンっ、危ないっ……」 のちに景は、「体が勝手に動いていたんですよ」とこの時のことを語る。いつもの彼のペースからは考えられないくらいに素早く、景は五月の体に覆いかぶさる形で五月に飛びかかった。 「か……カーくん!?」 何が起こったか解らないのは五月である。だが次の瞬間、五月は自分に飛びかかった景の腕に、蔓が巻きついていくのを見た。 「――――!」 「うわっ……」 景の体はぐいん、と、蔓に持ち上げられた。腕だけではなくて、気がつくと、腰にも足にも、蔓は巻きついていた。 「景!」 「ぐ、っ……」 じたばたするのは性に合わないながらも、とにかく動いてみなくては始まるまい。景はどうにか手足をばたばたさせてみた。だが、この蔓は、思いの外に強い。 「てめぇっ、景を放せっ!」 博希が叫ぶ。当然、観葉植物に言っているのである。五月はその時、温室のドアを開けて、誰でもいい、警備員か先生かに助けを求めればいいんじゃないか、という考えが浮かんでいた。だが―― 「ドアが……ドアが開かないよう」 ドアに、観葉植物の蔓が巻きついていた。それも、何重にも。まるで、彼らを最初からここに閉じ込める手筈になっていたかのように、観葉植物たちの動きは周到なものだった。  景に巻きついている観葉植物とはまた別の蔓が、ぐるうん、と、輪を描いた。それは人が一人、やっと入るくらいの輪。 「輪くぐりでもやらそうってのかよっ」 だが、そうではないらしいことが、次の瞬間に知れた。輪の中が真っ黒く染まって、奇妙な空間を生み出していたからである。 「なんだ、ありゃ……」 ごおおおお……と、風が起こる。奇妙な空間からの風であることは、その周りのものが少しずつ吸い込まれていることから解った。そして、その輪の手前にいる景の髪の毛や服が風になびいている……まさか……博希は叫んだ。 「景! 離れろ、吸い込まれるぞっ!」 「解ってますよ、解ってますけど……動けないんですっ」 もがけばもがくほど、蔓は景の体を締めつける。 「……くう」 強い引力。景にもう、抗う術はない。そして、腕の一部が、奇妙な空間にずるり、と入り込んだ。 「うっ……」 ぞくり。景の全身に、不快感が走る。だが、それまでであった。 「う……わああああああ…………」 蔓に巻きつけられたまま、景は、蔓によって生み出された奇妙な空間の中に、吸い込まれてしまった! 「景――――!」 程なくして、景を巻きつけていたらしい蔓が、空間の中から戻って来た。 「ど、どうしよう? カーくんが、連れてかれちゃった……」 「決まってるだろ、助けに行かねぇと……」 「どうやって!?」 だが、その心配はいらなかった。二人が景救出について言い合いをしている間、観葉植物の蔓は、博希の足と、五月の腰に迫っていたのである。 「うげえっ!?」 「気持ち悪いっ」 気づくのが遅かった。二人もまた、蔓に巻きつかれてしまった。 「そうだ、このまま、吸い込まれれば、景に会えるかもしれない、……」 もしかしたら、沙織さえ、この観葉植物にやられたのかも……蔓が足に巻きついた博希は、逆さまになったまま、そう考えた。無論根拠なんてものはない。だが、景がこの中に吸い込まれたという事実は確かだ、とするなら、吸い込まれれば、景を助けにいける! 脱出方法なんてそのうち考えればいい。 「五月っ、行くぜ! 景を助けに!」 「うん、解ってる、でもちょっと怖いよ……」 「ガタガタぬかすな! 俺がついてる」 五月はうん、とうなずいた。あの空間から、再び、風が起きた。 「うりゃああああ…………」 「きゃああああ…………」 二人の叫び声を残して、温室は、静かになった。奇妙な空間はその輪が閉じられることにより姿を消し、いつか、観葉植物もそれぞれの場に戻って、それっきり、動かなくなった。  そして、後には、沙織のじょうろのみが残された。  雨が、降り出した。  不意に、まぶたに光を感じる。 「……う」 眩しい。博希はしばらく、まぶたに重みを感じた。 「気がついたようだな」 「……え……?」 優しい男性の声がした。そこでやっと、博希は目を開けることができたが、まだ、自分が一体どこにいるのか、判然としなかった。  その部屋はとても暖かだった。学校の保健室でもないし、自分の家でもない。五月の家とも違う。どちらかというと雰囲気は景の家に似ているが、なんとなく違う。とすると……? 「ここは、どこだ」 つぶやいてみる。わずかだが起き上がる事ができた。隣には、五月が寝かされていた。 「五月。五月」 「……んーんん……」 少しむずかって、目を覚ます。 「ヒロくん……ここ、どこ……」 「解らん。人がいるみたいだから、そいつに聞けばいいよ」 博希はさっき、自分に声をかけた人物の影を捜した。人物は、台所とおぼしき所に立っていた。二人のほうを見ないで、言う。 「二人とも目覚めたらしいな。皿を一つ追加しよう」 長い髪。五月よりも、長い。そして、ゲームやテレビでしか見たことのない、何か良く解らない服。ああそうだ、神官とか賢者とかが着ているような服だ……博希はぼんやりとそんなことを考えた。鍋をかき回す人物の背に向かって、博希は言った。 「あんた、誰だ。そして、ここは、どこだ」 人物は、とても美しい白髪を揺らした。鍋の中身はまだ温まりきらないらしい。かき回す手を止めて、博希たちのほうへ歩み寄って来た。その白髪に似合わない、若々しい顔。自分たちより少し年上……だろうか。 「ここは私の家だ」 「ンなこたぁ解ってる! ここは円角のどこかって聞いてんだよ」 「マルスミ……?」 「知らねえのかよ。K県円角市」 「ケーケン?」 K県円角市とは博希たちの住む街である。 「じゃあここはどこなの? 日本じゃないの?」 「二ホン……? ここはコスポルーダだが……二ホンとは聞き慣れぬ都市だな」 「なんだと……?」 五月が、博希の服の裾を引っ張る。 「ね、ね、ヒロくん。『コスポルーダ』って、ぼくが今日、授業中に見た夢の中の人が言ってた」 「……!」 それを聞いて博希もハッとした。自分も、その名前には聞き覚えがあった。 「そうか、ニホン……ひょっとして、ジアルーパのことか。君たちはアイルッシュから来たのではないかな」 白髪の男性が言うのを聞いて、博希も五月も、首をかしげた。 『おい五月、アイルッシュなんて国、聞いたことあるか?』 『ぼく、地理の授業は寝てたからわかんないよ。カーくんなら解るかもしれない』 『! そうだ、景は……?』 『知らないよう』 博希は白髪の男性に聞いた。 「俺たちの前に、もう一人、来なかったか。眼鏡をかけた奴なんだけど」 「髪の毛がサラサラしてるの。頭よさそうな顔してるの」 博希と五月の説明で、話の腰が折れたが、白髪の男性はふむ、とうなずいて言った。 「その人物なら、今、奥の部屋に寝かせている」 「景に何かしたのか!?」 白髪の男性は博希の言葉にまず呆気にとられて、それからハハハハハと笑った。 「まさか。昨日、家の前に倒れていたから、保護しておいただけだ」 その時、ガタン……と音がして、よろよろと、景が現れた。頭が重いらしい。頭に手をやって、少し苦しそうに、博希たちを見た。 「博希サン……五月サン……?」 「景!」 「僕は……どのくらい眠っていたんですか……?」 誰に言うともなしにつぶやいたが、博希が何か言うより早く、白髪の男性が、言った。 「丸一日といったところだ。随分ぐっすり眠っていた」 「そう、ですか。ところであなたは……」 景は白髪の人物を見た。質問が最初に戻ったな、と、白髪の人物は思った。 「こいつ、変なんだ。俺たちがアイルッシュとかいう所から来ただの、ここがコスポルーダってトコだの言うんだぜ」 「変とは心外な言われようだな。私は事実を話しているだけだが」 「カーくん、アイルッシュって国、知ってる?」 景はまだ回りきらない頭の中で、自分の辞典をめくっていた。 「僕の頭の中には入っていませんね。初めて聞く国名ですよ」 そこまで聞いた白髪の男性は、だろうな、という顔をして、言った。 「多分君たちの世界では、チキュウと言うのだろう。違うかな?」 「何で地球がアイルッシュなんだよ」 「ここが、さっきも言った通り、アイルッシュ――チキュウではないからだ。ここはコスポルーダという世界。君たちの目から見れば、異世界ということになるのかもしれないが」 「異世界だぁ!?」 「そう。この世界にやってきた君たちは、異邦人なのだよ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る