窓の中のWILL

―Third World―  男と女のイロハニホヘト

Chapter:31 「普通は心をほだすために何か出すモンなんだよっ」

 パープルウォーを目指して、森の中を歩き続ける博希たち。 「タイクツだね」  ぼそっと、五月がつぶやいた。そのことは博希も景も解っていたのだが、どうしようもなかったのである。なにせ森の中、何をするというものでもないのだ。 「退屈なのは解ってるよ。じゃ何やれっつーんだよ?」  博希が後ろ歩きで聞く。 「うーん」 「さっきまでしりとりしてたじゃないですか。飽きたんですか」 「飽きるわい」 「なぜ」 「お前の出してくる言葉がアウトなのかセーフなのかさっぱり解んねぇんだもん」  博希の提案で、三十分ほど前に、彼らは『しりとり』を始めた。だが―― 『俺からな! リンゴ』 『“ご”、ですか。……ゴルジ体』 『え?』 『え?』 『ゴルジ体』 『“い”……? い、い、イヌ』 『ぬ!? ……沼』 『ま……マグナカルタ』 『??』 『??』 『マグナカルタ。次は“た”ですよ』 『た……タマゴ』 『また“ご”かあ……ゴリラ』 『ラジウム』 『……………………』  ……以降、景の単語のみが、本当に存在するのか否か、博希と五月には判別しかね、博希が「やめやめ」と手を振ったのだ。 「じゃあ何やります?」 「だるまさんがころんだ」  五月がうつむき加減に言った。 「三人でだるまさんがころんだやれっつーの?」 「つまんないかなあ」 「いつまでたってもたどり着きませんよ?」 「じゃあなにやろう?」 「古今東西ってのどうだ」 「しりとりやだるまさんがころんだと大差ない気もしますが」 「やろうよう」 「じゃあ、お題は俺からな。古今東西『赤いモノ』――リンゴ」 「リンゴ好きですね」 「ほっとけ」 「んーと、口紅」 「赤色発光ダイオード」 「……あ?!」 「聞こえませんでしたか。赤色発光ダイオード」 「……えーっと、鯛」 「うーん、赤チン」 「薬品紙」 「……赤いのか」 「赤いです。モノによっては」 「んじゃ、スイカ」 「ポスト」 「血液」 「………………」  博希はぶるんぶるんと首を振った。 「やめよう。なんかダークになりそうだ」 「僕もそう思います」 「じゃどうするの」 「黙って歩きましょう」  三人は大して進まなかった距離を補うかのように、やや早足で森の中を突っ切っていった。 「なんだか一日中歩いたみたい」 「バカ言え、イエローサンダを出てから、昼飯しか食ってねぇよ」 「でも、もうそろそろ、暗くなるよ。今晩は野宿になっちゃうのかな」  不安そうに五月が周りを見た。鬱蒼と茂った木々の中から、何か、声がしていた。 「……異世界にもケモノはいると思うか?」 「いなきゃウソのような気もしますが」 「食われる前に森を出なきゃいけねぇな……」 「食われる? ……」  食ってしまう、の間違いでは、と、すんでのところで景はそう言いかけたが、かろうじて、彼の理性がそれを止めた。  それを知らない博希は五月に、地図出してくれ――と言った。五月はうなずいて、 「チズヨデロー」  と、唱えた。立体地図が、三人の眼前に浮かんだ。 「どうやれば出られるんかなあ?」 「こっちが北らしいですからあっちの方へ歩いて……」 「こっちじゃないの?」 「違いますよ、もっと、こっち寄りに進んで行くと、……」 「違うなあ、南の方に行けばいいんだろ?」 「そんな馬鹿な、西のほうに行くんでしょう?」 「解んなくなってきたよう」  五月が頭を抱えていやいやと振った。 「困りましたね、どうやら僕らは迷ったらしい」 「迷ってもカッコつけてられるのはお前くらいのもんだぞ」 「何のことです。こういう時、本当の男というものは、落ち着きを失ってはいけないのですよ」  博希がやや冷たい目で言った。 「宿の娘さんを幽霊と間違ったのも落ち着いているうちか?」 「……過去の話は忘れました」  景は遠い目をした。それからふと、冷静な口調で、言った。 「冗談抜きで、早いうちにここを出ないと、凍死は免れませんよ。ただでさえ寒いんです、夜はどれだけ冷えるか。……村にさえ入ることができればいいんですが」 「迷ってんじゃどうしようもないだろう」 「それをなんとかしなければ。……博希サン、何か、匂いは感じませんか」 「俺ばっか頼りにされても」 「別にそういうわけではありません。……いつか、僕が、悪漢から逃げ切った時、その理由は言わずじまいでしたよね? それに、執政官の屋敷の塀に飛び乗ったの――あれは、イエローサンダの最初の村でしたか」 「それが?」  景はさくさくと草を踏みながら、言った。 「アイルッシュに帰った時に少し、試してみたんですが、このエンブレムが出ているときに限って、僕らは、超人的な力が使えるのではないかと思ったんです」 「俺が最初にお前たち担いで村に走っていったのもそれだと? ……」 「そうだと思います。だから多分――必要に迫られれば、僕らは、アイルッシュでは出せなかった力が、ここでは出せるのではないかとね」 「じゃ、ぼくたちが、普通の格好でビルの飛び越えができたのはどうして?」 「あの時はまだ、鎧装着を解いた直後で、エンブレムが手の甲に残っていたでしょう?」 「あっ、そうか」 「なるほどなあ」 「博希サンが『米の匂いをかぎ分けた』のも、その力の増幅だと思うんです、もともと、博希サンの食に関する執着には頭が下がるほどですからね」 「照れるぜ」 「褒めてませんよ。――だから――食べ物の匂いさえ解ればあとは、ダッシュするだけでいいと思うんです」  景の説明を、博希と五月はうんうんとうなずきながら聞いていた。そして出た結論は、五月が眠たくなる前に、なんとかして、村に辿り着かなければならない、というものだった。 「ならとにかく俺が、食い物の匂いをかぎあてなきゃ話にならないってコトだよな?」  博希はそう言って、全神経を、鼻に集中させた。本当を言うと、そこまで、神経質にならなくてもよくはあったはずなのだが、景に言われたこともあって、なんとなく、博希は、自分の『寿司屋の跡取りとして』役に立ちそうな能力を誇りに感じていたのだ。ここは何としてでもかぎ当てないと、自分のプライドにもかかわる。博希はしばらく黙った。     森の中に、一瞬だけ、冷たい空気が流れた。 「こっちだっ!」 「ホントですか!」 「俺を信じろ」 「……ぼくこの前から信じるのはカーくんだって決めた」 「……じゃここで凍死するんだなっ!?」 「だってヒロくんがウソばっかりつくからいけないんだ。だからぼく」 「泣き言は村に辿り着けなかったときでいいですよ。今はとにかく行ってみましょう」 「……お前も俺を信用してないんだな……」 「何をおっしゃいます。僕は博希サンを信用していますよ?」 「ウソくせぇよ」 「ほらほら、急ぎますよっ!」  三人は森の中を走り抜けていった。今まで歩いていた疲れは微塵も感じられなかった。さくさくさくさくっ――草を蹴る音が三人分、森の中に響いて、そしてやがて、その音は、石畳を蹴る、かつかつという音に変わった。  ぽつ、ぽつと、オレンジ色の光が見える。 「村ですよ!」 「わあい」  博希が二人の後ろで、ふふーん、と、胸を張る。 「……何やってるんです?」 「誰のおかげでここまで来られたと思ってる!?」 「ヒロくん」 「解ってんじゃねぇか」 「行きましょう。どこかで泊まらせてもらわないと」  三人は、とにかく、村の入り口まで辿り着くことを目的に、急いだ。が、三人が村の入り口に近づくにつれ、今まで立ち寄った村にはなかった、何か、妙な違和感に気がついた。三人は木の影に隠れて、遠くから、その違和感の正体を観察した。 「あれは……」 「大きな門だねえ」  五月が無邪気にそう言う。 「門っつーよりゃ、時代劇によくある関所に見えるぜ俺は」 「……僕もそう思います」 「時代劇見たことあんのか国営放送」 「ケンカ売ってるんですか」 「お前にケンカ売れるのはお前をよく知らないヤツだけだよ」 「……国営放送でも時代劇はあるんですよ」 「そうか。……で、お前も関所に見えるんだな」 「見えますよ。ただの門に、どうしてあんなに厳重な警戒が必要なんです」 「立ち入るのに何かいるんかな……」 「まさか、都市ではなくて村なのに?」  三人は遠目でその『関所』の様子をうかがいつつ、それでも、そこを通してもらわないことには村に入れないし、野宿するわけにもいかないので、三人は連れ立って、『関所』のようなそこへ、近づいていった。  そこに立っていた門番のような人物は、女性だった。それも、どこかの女子プロレスジムから派遣されてきたような、屈強そうなのが二人。 「こんちはー」  博希が気軽に挨拶する。 「ちょっと止まれ!」  やはり、というか何というか、まあ当然のコトなのだろうが、黙って通してはもらえないらしい。景は二人を少し観察しつつ、言った。 「僕たちは旅をしているのですが、今晩の宿を求めてこの村に辿り着いた次第です。どうかこの門を開けてはいただけませんか」 「……旅人、だと?」  ずいぶん態度のデカい方ですね、景は心の中でそう毒づいた。こっちが下手に出てるんですよ、もう少し物腰が優しくても良さそうなものでしょうに。――だが、目の前の二人はそんなつぶやきなど当然聞いちゃいない。博希たち三人をじろじろと見ると、 「名前と性別を一人一人述べろ!」  と、言い放った。景は二人にそっと、言った。 「自分の下の名前だけ言いましょうね。名字まで言うと怪しまれるかもしれません」  博希と五月は、うん、とうなずいて、それから、言った。 「博希、男」 「五月、男」 「景、男です」  それを聞くや否や、二人の門番は、うなずき合って、なぜか――しかもどこから出したのか――ホラ貝を吹いた。  プオ――――! 「なんだっ!?」 「なっ、何が始まるんですか!?」 「うわあ、すごく上手」  何かずれたコトをのたまって、五月が拍手した時、門がギギイッと開いて、門番そっくりなのが二十人、ドドドドッとなだれてきた。 「わあ」  三人はたちまち囲まれた。 「こやつらが」 「村に侵入しようとした不埒な者どもにございます」 「男か?」 「約一名、とてもそうは見えませんが、自分で男とのたまいました」  五月サンのことですね、景は思った。 「では連行しよう。ご苦労だった」 「は」  三人は、あっという間に手錠をかけられ、腰に縄をつけられた。 「ど、どういうコトだよ!? 何すんだ!?」 「僕らはこんなことをされるいわれはありませんよ!?」 「電車ごっこなら明日にしようよう。ぼくもう眠い」 「違いますよ五月サン! 僕らは逮捕されたんですよ!?」 「逮捕? 何で?」 「解りません。ただ、何かまた厄介なことに巻き込まれたのには、違いないようですが」  景のその言葉を聞いて、連行していた女性の一人が、唇の端を歪めた。 「なぜ逮捕されたか解らない、だって? ……これは愉快だ!」  他の女性たちもゲタゲタと笑い出す。 「……何がおかしいんです?」 「どうしても逮捕された理由が解らないというのなら教えてやろう。……お前たちが、男だからだよ」 「なんだとう!?」  博希が叫んだ。 「そんな理不尽なことありますか!? 男だから逮捕しただなんて!? じゃあ女だったらそのまま門を通していたということですか!?」 「そうだ」  案外にあっさり言い放つ。 「貴様らしばらく牢屋入りだ。後は追って沙汰するから、黙って歩け」  それぎり、女性たちは一言もしゃべらなかった。景と博希も、あまりに突然のことで言葉を見つけられず、黙りこくった。  そしてやっと、さっきから五月が会話に参加していないことに気がついた。『電車ごっこ』発言の後、『逮捕? 何で?』と言ったきり、一言も言葉を発していない。あれだけ黙るのが嫌いなヤツが。博希は後ろを振り返って、五月を見た。五月はこっくりこっくりと頭をたれながら、歩いていた。 「……寝てるのかあ……!」  歩きながら寝る。全く器用なヤツだよ、と、博希は思いながら、体を正面に戻した。景はそんな二人を後ろから見ながら、思っていた。  結果的に、寝るところには不自由しなくなったわけですよね。  牢屋……というのが少々不本意ですけど……  三人はやがて、無機質な白い建物に連れて行かれた。 「ここが今日からお前たちの住家だ」  監守をにらみつける一人と、目をそらしつつも瞳に剣呑な光を浮かべっ放しの一人と、いい気分で眠っている一人は、割合広めの部屋に入れられた。  ガッシャアアン! と、檻の閉まる音がする。 「本格的に犯罪人の気分ですね」 「男だから犯罪人だなんて話、聞いたコトねぇぞ」 「僕だって聞いたことありませんよ」 「じゃなんで俺たちが逮捕されなきゃなんねぇんだ」  二人は話しつつも、エンブレムをあらわにしようという結論にはいきつかなかった。五月が寝ていたというせいもあったし、まだ、この都市はおろか、村のことすらよく解っていない。そんな中で鎧装着したって、何ができるというわけでもないからである。  ただ……多分いつかは、バレるでしょうね、それが、景の持論だった。 「出ろ!」 「どっちが」 「……お前だ」  博希が指名されて、牢屋を出された。何で? という不可解な顔をする博希に、景が言った。 「取り調べでしょう」 「カツ丼出るんかな」 「この世界にそんなモンありますかね」 「…………ねぇだろうなあ」  博希はちょっとだけがっかりしながら、引き連れられて行った。 「さて」  景は冷たい床にごろんとなった。部屋の隅っこに申し訳程度に置かれた毛布を五月にかけてやる。その上からコートをかぶせてやると、景は自分のコートを毛布代わりに使って、天井を見た。  何かがおかしい。……  この村も、じゃあ、女性しかいないんでしょうか……?  それにしても、納得がいきませんね。  ずいぶん攻撃的な村だ。……  攻撃的?  どうして?  コスポルーダ人は……戦いを知らないはずではなかったんですか!?  景はがばっ、と跳ね起きた。  ……まさか、『障害』……、もしくはレドルアビデの、影響……?  戦いを知らない人間が、戦いを知ってゆく。  それも、間違った方向で!?  ――――それだけは!  博希は椅子に座らされていた。 「何か食いモン出せよ」 「態度デカいぞ男のクセに」 「普通は心をほだすために何か出すモンなんだよっ。そんなんじゃ俺ナニも話さないぞ」 「……何がいいんだ」 「ゼイタクは言わねぇよ。カツ丼がいいな。俺腹へってんだ」 「カツドン? なんだそれは? ……やっぱりだめだ、質問が先っ」 「食いモンが先だよっ。食わせろ食わせろ食わせろ」 「質問! 質問質問質問質問質問」 「食いモン! 食いモン食いモン食いモン食いモン食いモン」  話が先に進まない。  夜が更けてゆく。  パープルウォー第一日目は、おのおの、何か不本意な形で過ぎていったのだった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る