窓の中のWILL

Chapter:17 「僕は、五月サンを、信じていますよ」

 それまで急いで走っていた博希と景は、急に、足を止めた。 「どういうことだよ!?」 「エンブレムが、出ないって、五月サン――それは――」 「見せてみろっ」 博希が半ば乱暴に、五月の両手をとる。手の甲と、手のひらと、代わりばんこにひっくり返して見てみるが、エンブレムは、生まれていなかった。 「だって、俺たちには――こんなにはっきり――出てきたんだぜ!? 五月だけ出ないなんてコトあるかよっ?」 景がふいに、考えるしぐさをした。 「…………」 五月は下を向いている。自分だけエンブレムの出てこないことが不安なのか、それとも―― 「五月サン」 「えっ」 景は五月の肩をぽん、と叩いた。 「お家に、お帰りなさい」 「カーくん……」 「景!? 何言ってんだ!?」 「博希サンは黙っててください。――エンブレムが出ない以上、五月サンは、【伝説の勇士】ではなく、一人の、高校生です。今、スイフルセントと戦うことはできません、よね?」 「うん」 五月は少しの躊躇があったものの、はっきりと、そう返事した。 「……解りました。お家に帰って、待っててください。僕たちがきっと、なんとかします」 「…………」 何かを言いかけて、五月はやめた。その前に景が、 「ただし、」 と、発言したせいもあった。 「エンブレムがもし、出てくるようなことがあったら、僕らのところに来てください。待ってますから」 いつもの微笑を浮かべて、景は博希の背中を叩いた。 「行きますよっ!」 「解ってるっ!」  二人は再び、走り出した。それはこれまでのスピードの比ではなかった。その勢いに乗って、二人は、一気に地面を蹴った。 「レジェンドプロテクター・チェンジ!」 「勇猛邁進・鎧冑変化!!」 鎧装着と共に、二人は、屋根から屋根へ跳び移っていった。  五月はそんな二人の背中を見つめたままだった。ふわっと、涙が出た。そして、家へ向かって、走り出した――。  情けなさと、悲しさと、とにかく色々のことが、心の中で混じりあって、五月は走りながら泣いた。 「……よぉ、景」 「なんです」 「五月のこと」 「……ああ……」 「どう思う」 「……グリーンライを、もっと言うならヴォルシガの居城を出た時から、五月サンの様子はおかしかったんですよ」 「え……?」 「なぜだと思います」 「……襲われかけたのがそんなにショックだったかな」 「少しは他人の心を読むような努力をなさい。そんなことだからいつまで経ってもモテないんですよ」 「……勝ち誇るんじゃねぇぞ」 「おや、誰が勝ち誇ってるなどと言いました。解ってるんじゃないですか、僕には勝てないって」 「うるせぇよ。今、取り沙汰してんのは五月のことだろ」 「……ええ。……多分――戦えないんです――」 「戦えない?」 「自分の一撃でヴォルシガが砂になってしまったことに、軽いトラウマを持っている、のではないかとね――武器すら出せないほど、に」 「だってそれは!」 「そうです。そりゃ僕らに言わせれば、村はああしなければ助けられなかった。でも、人一倍感受性の強い五月サンのことです。ヴォルシガを砂にした、ストレートに言うなら殺した――という概念が頭を離れないのでしょう。たとい五月サンにそのつもりがなくても――ね?」 「…………」 「僕らが今何を言っても、五月サンのエンブレムは浮き上がってはきません。五月サンが戦おうと思わなければ、無駄です」 「じゃ永久にエンブレムが浮き上がってこないってことも?」 「有り得ます。ですが、」 「何だよ」 「僕は、五月サンを、信じていますよ」  五月は家に帰るなり、部屋に駆け込んだ。 「メイっ。どうしたの。早引けしたの?」 「…………」 五月は黙ったままだった。部屋のドアに鍵をかけて、ベッドにごろんと寝転ぶと、うにうにと転がって、それから――黙って、涙をはらはらと流した。  ごめんね、ヒロくん。  ごめんね、カーくん。  ぼく――どうしていいか、解らない――  どうしていいか――  あの時。  ぼくは、一瞬だけ、許せない、って、思った。  カーくんが、傷つけられて。  気がついたら、体が動いてた。  そしてぼくの武器が――フェンシングソードが、   ヴォルシガの、首輪を。  ぼくは首輪にライフクリスタルがあるなんて思わなかった。  カーくんに聞くまで、ホントに。  そして、ぼくの攻撃で、割れちゃうなんて。  思わなかった。  ヴォルシガは、ぼくを――恨んでるんだろうな――  あの目――忘れられない。  怖かった。  ううん、今も、怖い。  目の前で。一滴も血が流れないで。  ヴォルシガは、砂に、なっちゃった―― 五月は引き出しの中から、ブルーの小ビンを出した。青い光を放ちながら、 小ビンは、中の白をひき立たせていた。  夢中で。  ひと握りの砂を――ヴォルシガの砂を、  ぼくは握りしめてた。  なんでだろう。  ぼくの、  瞳の中に、  真っ白な砂が、映ったとき、  手にとってた。  思わず。  何のためらいも、なかった。  なんで、だろう。  スイフルセントの扇は、黄味を深め、輝きを一層増していた。 「ホホホホホホ。面白いわねえ」 彼女が何をやっているかというと。扇で、電力という電力を吸い取って、それを、生き物に放出しているのである。学校で生徒たちがくらった攻撃がこれで、いわば、生徒たちは、一種の、感電状態に陥っているのであった。  そして、街の人々も―― 『そっ、そこの……宙に浮いている者! 止まれ! というか降りろ!』 多分拡声器であろう。パトカーから声がする。しかも、混乱している様子が手にとるように解る。それはそうだ、宙に浮いて電気を放射なさるご婦人など、ギネスにだって載っちゃいまい。  スイフルセントは面倒臭そうにパトカーのほうを見ると、扇を振るった。 『うあああっ』 「ホーホホホホホホ……アイルッシュ人というのは本当に好戦的にできているのねえ。かなわないと解っていても、手向かうのだから!」 扇はなおも、電気を吸い続ける。その時だった。乾坤一擲! ――と声がして、スイフルセントの真横を、一本の矢がかすめた。 「待ちやがれっ!」 「あらあ」 「スイフルセントですね!? それ以上の暴挙は許しませんよ!!」 博希と景が到着した。 「初めまして。お目にかかれて嬉しいわ、【伝説の勇士】。まあ、デストダの報告通り、美少年揃いねえ」 デストダ――の名はともかく、美少年という単語を、博希が聞き逃すはずがなかった。 「それは俺にも言ってんのか!?」 「当たり前じゃないの。とても素敵」 それを聞いた途端、本当に嬉しそうに、ふふ-ん、と、博希は景に胸を張った。  「いばってる場合ですかっ。このままじゃあ街どころか、本当にアイルッシュがむちゃくちゃになりますよっ」 「はっ、そ、そうかっ!」 博希はしかし、褒めてもらって悪い気はしなかった。 「美少年がお前をここで倒してやるぜっ」 まだ言うか。景はふう、とため息をつくと、矢をつがえた。 「あなたはやり過ぎました。僕たちの友人を大勢傷つけた罪は重い! ――乾坤一擲!」 矢を、びよん、と、放つ。しかし―― 「残念だわ。あなた方なら、私の城にお招きしてもよかったのに」 なぜかとても残念そうに、スイフルセントは言い、景に向かって、扇を振るった。 「うぐあっ……」 一瞬。景の体に、黄色い稲妻が取りついた、と、博希は思った。 「景っ!」 「博希サンっ。ダメです、油断してはいけませんっ」 「な……」 振り返る。だがスイフルセントはすでに、二発目を博希に向かって放っていたところだった! 「があっ」 博希は体の周りにバチバチとしたものを感じ、倒れた。 「……っぐ」 鎧装着していたからこれくらいで済んだのである。もし一般人だったら、多分――死んでいた。スイフルセントは『普通の』アイルッシュ人には、最大限、加減をした電撃を放ったのだ。 「これと同じものをアイルッシュ人に放つのは、またの機会にするわ。だって――レドルアビデ様のご命令ですもの」 「……何だと……?」 「何ですって……?」 二人は、――多分、箇所は違うだろうが――スイフルセントの言葉に反応した。ゆっくり、ゆっくり、起き上がって――  街中の電気が奪われ、一般家庭でも、頼りになるのはラジオのみになった。五月の父親は、仕事にならなくなった会社から早引けし、家へ向かっていた。 『――現在、電気強奪犯と、突如現れた少年たちとの会話にならない会話が続いており、一般家庭にいらっしゃる皆様は、どうか、家から外へは出ないように――強奪犯の電撃を受ける恐れがあります――』 「……この街も物騒になったねえ」 それにしても。少年たちが二人だけで、話し合いに向かったとは。警察もやられたというのにねえ。――彼は、話し合いに向かった少年たちの正体を知ってか知らずか、車の中で、そんなことをつぶやくのだった。  五月は、引き出しに入れておいた携帯ラジオで、ちょうど、父親と同じ放送を聞いていた。  『少年たち』が誰であるのか、五月には、解っていた。放送は時折、少年たちが電撃をくらっただの、少年たちの身元が解る方は申し出てくれだの、そんなことを言っていた。  ヒロくん。  カーくん。  ぼくは、どうしたらいいの。  解らないよ。 ふいと、手の中の、小ビンを見る。  ヴォルシガ。 五月はまた、顔を伏せた。ラジオから聞こえてきたのは、中継車が電撃をくらって、動けなくなったというニュースとか、すでに感電者が一万人を越えたとかいうニュースだった。  博希が反応したのは、『レドルアビデ様』、だった。  沙織の行方を知っているかもしれない者。  沙織をすでに、手にかけたかもしれない者。  あの時ヴォルシガが何を言いかけたのかは知らない。だが、ヴォルシガの直属上司なら――何をしてもおかしくない――博希はレドルアビデを見つけ出したら、即座に殴りかかってやるつもりでいた。 「てめぇ……そういやあレドルアビデのヤローの直属部下、だったな……知ってんのかっ、奴がどこにいるかっ!!」 「さあね? 知らないわ。私なんか手の届かない所にいらっしゃるのよ、あの方は」 「…………!」 ぎりっ。博希は唇を噛んだ。  一方景が反応したのは、『またの機会にするわ』、であり。 「今回は様子見、というわけですか? そのくせあなたはこれだけの人々を襲ったんですか!?」 「アイルッシュ人はコスポルーダ人と違って好戦的だと聞いたものでね。話に聞く以上だったわ、楽しめましたよ――」 景の心の一端に、その言葉が、ちょい、と、引っかかった。  好戦的。  では、コスポルーダ人は?  確かにアイルッシュ人は――警察や自衛隊もいるし――自分たちの身に何かが起これば、すぐさま、抵抗ぐらいはするだろう。自分の身が危ないというときに呑気にしている人間は、少なくともアイルッシュにはいない。  では? ―――― 「ほうら、スキありね!」 「!!」 景と博希は、今度はいっペんに、電撃をくらった。 「ぐっ」 「……う」 強固な鎧である、まさか壊れるということはないと思うが、スイフルセントの電撃をくらいながら、博希も景も、ひょっとしたら、ということを考え始めていた。しかし、考えている暇は、本当をいうとないのである。 「ホーホホホ。楽しい楽しいお遊びねえ!」 扇がヒラヒラと揺れる。その度に、景と博希は電撃をくらった。そりゃあ彼らだってバカではないから、よけるだけの努力はしているつもりだが、電撃は一定方向には飛んでくれないのである。特に、この婦人の放つ電撃に限って言えば。 「うわああっ!」 「……づうっ!」 「ただいま、レイ」 「お帰りなさい、アッキー、……」  五月の父親は『少年たち』が『話し合いという名の戦闘』をしているすぐそばを通って、家に帰りついた。  母親の、ただ事ならぬ様子に、すぐに気がつく。全くよく気の回るひとである。 「どうしたんだい? 落ち着かないね?」 「メイがねっ、メイがっ」 「五月がどうかしたの」 「それが、走るみたいにして帰ってきてから部屋に閉じこもって、出てこないの。一言も口をきいてくれないの~~~~!」 「解った。解ったから落ち着いて。僕が話をしてみよう」 父親は母親を軽く抱きすくめ、背中のところをぽんぽんと叩くと、落ち着いてね――と数回繰り返して、ネクタイをほどいた。 「まだ夕飯には間があるからね、君は少し眠るといい。ちょうど電気も消えてるんだ、ゆっくり休めるよ」 君は少し、育児に神経質なんだよ、そんなことをつぶやきつつ、父親は私服に着替え始めた。  キッチンへ行くと、昨夜のコンソメスープが少し余っている。 「ふむ」 電熱調理器への移行をこの夏に決めなくてよかった、と、父親は少しだけ胸をなで下ろした。  温め直そう。コンソメスープに火を入れると、父親は明かりのすっかり消えた冷蔵庫から、卵を二つ、出した。  五月は部屋で、泣いていた。  動けない。  エンブレムも出ない。  ねえ、カーくん。  ぼくはカーくんとの約束を、守れそうにないよ。 小ビンの中の砂は、キラキラと光っていた。五月はその砂を見つめながら、やはり、ベッドから起き上がることはできなかった。  ぎゅうっ――と、小ビンを胸のところで抱きしめると、また、ぽろぽろと涙がこぼれてきた。  その時、ドアの所で、ノック音がした。 「五月」 「……パパ……?」 「コンソメスープを温めてきたんだ。二人で飲もう」  五月はそっと、部屋の鍵を開けた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る