Chapter:50 「ボクは、『イチバン』、だもの」

「……まさかヒロキ……お前たちが……【伝説の勇士】だったなんて……」 「悪かったな、黙ってて。『できるだけ正体は隠す』がお約束だからよ」  笑う博希に、景がやんわりと釘を刺す。 「そういった会話なら後にした方がよさそうですよ、博希サン」 「……解ってらな。久し振りだな?」  久し振り、と言われた相手は、くすり、と、笑った。 「そう、だね? ダメージからの回復が早いんだね、さすが【伝説の勇士】。楽しみだよ、今度はどんな風にボクを『倒そう』としてくれるのか……!」  言って、相手――リテアルフィ――は、一瞬だけ、鋭い瞳で執政官を見た。 「キミに――任せてみようかな?」 「俺、いや、自分に! ……」 「失望はさせないでおくれよ?」 「はっ!」  ようよう五月と景がディルを抱え起こしたころの会話である。 「リテアルフィ! 逃げる気か!?」 「逃げやしないさ。ボクは、ここで、観てる」 「!」 「どこまでもふざけた方ですね! ……執政官様をとりあえずなんとかしましょう、博希サン」 「解った」 「うん」 「……待ってくれ」  ディルが絞りだすような声で、言った。 「ディル」 「俺が……俺がやらなきゃ……」 「バカ! お前、そのケガで! それに――」  執政官をチラと見やり、博希はディルの瞳をのぞきこんだ。 「お前に任せてしまえば、明日にゃどっちかの葬式が出る! そんなことさせられるか!」 「……ヒロキ……」  なんで、お前は。  あんな、あんなヤツでも、殺さない?  ディルの瞳はそう語っていた。博希はその言葉を――読んだ。 「……言ったろ、いつかは許せるはずだから。ましてお前のたった一人の父ちゃんじゃないか、あんなんでも」  その時景は、博希のその言葉を、どういう気持ちで聞いていたのだろう。なぜか自分の家庭のことが、その心の中で、交錯していた。 「親子で憎み合うほど、悲しいことは――ないんだぜ?」 「ヒロキ、」 「話は後だ。ここは俺たちに任しとけ」  ディルを壁際にやると、博希と五月と景はうなずきあった。 「スタンバイ・マイウェポン!」 「以一簣障江河――武器招来!」 「ブキヨデロー!」  くすり。  リテアルフィの唇から、笑みがもれた。  執政官はといえば、自分の武器、多分大刀のようなものを抱えて、博希たちをにらみつけていた。リテアルフィ様の御前で失敗はできない、という決意の表れだろう。というよりはもう決死だった。 「これまでの執政官様より、数倍は筋骨たくましくてらっしゃいますからね。五月サンのフェンシングソードは効かないかもしれません」 「じゃあ、どうしよう?」 「どちらかというとアレに対抗できるのは博希サンの剣でしょうね、僕と五月サンはサポートに回りましょう」 「OK、じゃあいくぜ!」  五月も黙ってうなずく。  この戦法は景の中で二つの意味があった。  ひとつは――ちゃんとした戦い方としての、意味。この相手にはこの戦法が一番有効だと考えたのだ。だがそれよりも意味のあることがあった。  博希サンに戦っていただかなくては。  今回、ディルと一番接触があって、ディルを一番心配して、ディルを説得に回ったのは博希である。『父親と息子』という問題からしても、今回は博希サンに先陣をきってもらったほうが絶対にいいはずだ、ディルにとっても博希サンにとっても――景はそう考えたのである。  リテアルフィはそんな景の心中を読み取ってか否か――また、くすり、と笑った。 「いくぞおおおおッ! アース・ファイアー!」 『声』の発動とともに、剣から光が生まれる。 「ぬうっ」  執政官は自らの大刀でそれを止めた。 「ちいっ! ……あんた、ディルがどんなに苦しんだか解るかっ!?」 「知らんな! 俺の跡継ぎたる者、なにに苦しむことがある!?」 「スノー・アターック! ……あんたの村民支配ぶりに苦しんでたんだ! それもディルへの『跡継ぎへの期待』込みでの愛情だとしたら――ちょいと歪んじゃいねェかい!?」  博希の攻撃を受け止めつつ、執政官は笑った。 「ちゃんちゃらおかしい! ゆくゆくはディルも支配する側にまわるのだ、俺のように、リテアルフィ様の配下、ひいてはレドルアビデ様の配下として!」 「俺は……俺はてめェみたいな支配はしない! 絶対……に!」  ディルが叫ぶ。 「それはどうかな……? 支配の快感を覚えれば、お前も必ず、俺と同じことをする! なにせ同じ血が流れているのだからな!」 「!」  ディルは一瞬、泣きそうな表情になるが――すぐ、その瞳を再び、憎しみの満ちた瞳に変えた。 「黙れ……っ! てめェと同じ血が流れてると考えただけで体中に鳥肌が立つ!」 「おやめなさい、ディル!」 「やめなくっていいよ……?」 「! ……リテアルフィ!」 「もっと憎みなよ、キミのお父さんを? 殺したいんだろう? 君が頂点に立ちたいんだ。殺しちゃいな? 今しか、ないよ……?」  笑顔ではない。否、笑顔ではあるが、凶悪な色が浮き沈みしている。リテアルフィのそんな表情を見て、五月はぶるりと――震えたが、ディルのそばに寄った。 「ディル、だめえ! 殺しちゃだめ! ディルは自分のお父さんを殺して、なにを守るの。誰を守るの!?」 「……俺の村を……みんなを……!」 「ほうら。守るものはあるじゃないか。だったら殺しても、いいよね?」 「だめ! だめだよ、絶対にだめ!」  理由は解らない。だけどだめ。絶対にだめ! 五月はディルを押さえながら、首をふるふると振っていた。景はリテアルフィをにらみつけたまま、動かない。 「なにか言いたそうな顔だね?」 「……言いたいですとも。あなたの卑怯さには今までの総統は誰も敵わないでしょうね……!」 「そりゃあね」 「え……!?」  リテアルフィの微妙な笑い。 「ボクは、『イチバン』、だもの」 「……『イチバン』……!?」  また時間が、止まる。  博希は執政官と戦いながら、ディルのフォローにまわっていた。 「お前が父ちゃんを憎むのは勝手だよっ、だからって、殺すなんてこと、絶対するな!」 「ふん……ならば俺がディルを殺すわ」 「オメーもだよっ、自分の息子、殺してなんか得でもあんのか!」 「ヒロキ……、俺は……」  ディルが五月を押し退けて、立ち上がりかける。 「どうしても殺すのか。だったらディル、お前、お前の父ちゃんと同じになっちまうぞ!」 「え…………」  ディルの行動が、一瞬、止まった。 「人殺して、自分が頂点に立つ? 人殺して、支配する? 父ちゃんと同じことじゃないか! お前、父ちゃんが嫌いなのに、その父ちゃんと同じになるのか。そんなんじゃきっと、お前、いつか父ちゃんと同じように、誰かに憎まれて、恨まれて――……!」  博希の声がだんだんと小さくなる。ぷるぷると手が――震えている。 「それもよかろう? 所詮ディルは俺と同じ道を歩まなければ生きてはいけないのだ」 「……ディルだって一人の人間だ……お前の人形じゃない……っ!」  博希はそれだけ言ってうつむく。余計なことばかり考えてしまう。  俺はどうなんだよ。  父ちゃんと同じ道、歩んでるじゃないか……  俺だって、跡継ぎじゃないか…… 「スキありだ!」  執政官が大刀を振り下ろした。うつむいた博希の頭の上に――!  景と五月、それにディルがハッとして、叫ぶ! 「博希サンッ!!」 「ヒロくんっ、危ないっ!」 「ヒロキ――――!」  だが、大刀は、寸前で、止まった。 「……博希サン!?」  博希の体から、ブルーの光が、少しずつ、もれている…… 「……テメーは……」  ぼそり、つぶやく。 「なに……?」 「テメーはっ、父親失格だ――――ッ!!!!」 「う……ぐああっ!?」  光が満ちる! だがその光は、いつも博希の剣から発せられる光ではなかった。ブルーの、鮮やかな光――  博希の手の中の剣が、淡いブルーに包まれて、ふっと、消える。 「……あれは、」  景はつぶやいた。同じだ。  いつかの五月サンと、同じ。ただその色が――違うだけ。  武器は出ていた。だがさっき、執政官の悲鳴が聞こえる直前、博希は、『声』を発動させていない。ただ、普通に、叫んだだけである。博希が攻撃手段として意識的に発した『声』ではない。 「面白いものを、見せてもらったよ」 「リテアルフィ!」  博希は茫然自失の体で、その場に膝をついた。五月が駆け寄る。 「ヒロくん、ヒロくん」  景は立ち上がったリテアルフィと対峙しながら、武器をもつ手に力が入っていた。 「してみるとキミは『まだ』らしいね」 「……解るんですか」 「カン。当たりだったの?」  にやあ、という笑い。景は自分のロジックがこの少年だけには通用しないかもしれない、と感じた。 「……先程おっしゃっていた『イチバン』の意味を、教えてはいただけませんかね?」  余裕のない笑いが景からもれていた。自分が今劣勢であることを、景は痛切に感じていた。 「簡単さ。……レドルアビデ様にとって、ボクが『イチバン』なだけ。ただ、それだけ。すべてにおいて、ね?」 「すべてにおいて……」 「ちょっと遊び過ぎたね……ボク、帰るよ。また会えると、いーね?」 「! 待ちなさい、まだ話は終わっていないっ!」  景が手を伸ばしかける。多分――意識的に、弓はひかなかった。  だがリテアルフィは、景がアクションを起こす前に、彼の目の前から消えていた。  くすり……そんな笑い声を、残して。 「――博希サンッ」  悔しがるよりも先に、博希のことが気になって、景は、二人のもとに走った。 「だいじょぶ、ヒロくん、ぼうっとしてるだけ」 「そう、ですか……」  覚醒、だろうか。だとしたら、何としての覚醒だろうか。以前五月が『こう』なった時、以後の彼の行動に変化はあっただろうか。  景は考えた。自分もいつか『こう』なるのだろうか。そしてその後、何かが起こるのだろうか。 「博希サン、博希サン」 「……あ……ああ……景……?」 「ヒロキ、大丈夫かっ」 「ディル。……執政官は……」 「うん、息、してる。気を失ってるだけだよ」 「そうか……」 「ヒロキ、すまない、俺は……」 「……何も言うなよ。解ってるから。解ってる……」  博希は疲れたような表情を少し、見せて、しかし立ち上がった。 「どうする。お前の父ちゃんだぜ」  ディルは大の字に倒れた執政官を見つめて、ひとつ息をついた。 「こうして見ると――こんなに小さかったんだな」 「ディル」 「目ェ覚ましたら、話、してみるよ。聞きやしないかもしれないけどな、だけど、もう、殺したいなんて――思わないことにしとく」  ディルはわずかに笑った。 「俺は同じにはならない。跡は継ぐだろうけど、同じにはならない。それだけの努力は、してみせる」  ディルのその言葉を聞いて、博希は、少し、顔を強張らせた。 「……博希サン?」 「あ、そうか、そうだよな、頑張れよ、ディル」 「ああ。お前たちに会えて、よかったよ。それから、――」 「それから?」 「お前たち、すごい、な。俺は【伝説の勇士】にはなれそうもないけど、やっぱり、尊敬するし、憧れる」 「ありがと、ディル」 「僕らも、あなたに会えてよかったですよ」  博希は、黙っていた。 「また会えるといいな? ヒロキ」 「あ、ああ……そうだな。きっと、また会える」  博希のおかしな様子に、景は複雑な心境だった。五月はなんとなく博希の心情を読み取ったのか、少しばかりおろおろとしながら、それでも、なんとか自分だけでも元気でいようと思ったらしい、 「これから、どうする?」  と、一番はじめに切り出した。 「……そう、ですね。……博希サン、……帰りましょうか?」 「帰る!? どこへだ」 「――アイルッシュへです。その精神状態で、あなたはこの先戦いを続けていく気ですか」 「……あ……」 「お家のことが心配で仕方ないのではないですか。――帰りましょう、僕らと一緒にね」 「景……」 「お前ら、帰るのか」  ディルが首を出した。 「ディル。……ええ、帰ります」 「どこへ」 「……僕らの住む街へ。今度会えるのは――もしかしたら二、三年後かもしれませんが――この村が平和になっていることを祈っていますよ」 「ずいぶんハバがあるな。……ま、いいや。またな?」 「ええ。――五月サン、フォルシーを呼んでください」 「うん」  五月が笛を吹く。景はその間、ディルに言った。 「今のうちに、村人たちを集めて、僕らのことをお話しなさい。そして自分たちで、新しい村を作るんです。あなたのお父様の権力はそれで失われるはずですから」 「……そうか。お前たちはそれで、今までの村も再生してきたんだな」 「そうです。……どうか平和になるように」 「ありがとう」 『勇士様あ』  フォルシーが飛んで来る。 「――じゃ」 「ええ」 「じゃあね」 「じゃあ、な」  ディルが見送るなか、フォルシーは飛び立っていった。 「……会えるよな、また。……さて」  ディルは村の仲間たちが眠る小屋へとってかえした。そう、よく考えたら、夜だったのだ。  もうすぐ、朝になろうとしていた。 「朝ですよ」  景たちはフォルシーの背中で朝を迎えた。 「ヒロくん、朝……」  五月はそう呼びかけて、やめた。博希は眠っていた。景も五月も、眠れなくて朝を迎えたというのに。 「…………あれ?」 「どうしました、五月サン?」 「……ヒロくん、……泣いてる……」  五月は博希の頬に、涙のあとを見つけた。 「泣いている!?」  景も博希の寝顔を見る。すでに涙そのものは乾いていたが、涙のあとである、と、はっきり解るものが、頬に残っていた。 「夢を――見ているんでしょうか、それとも――」 「ヒロくんが泣いてるのなんか、初めて……見た」  僕だって初めてです。――景はそう言って、五月の頭をなでた。 「大丈夫です、博希サンなら。大丈夫です」  もちろん根拠なんてない。だが、景にも解らないもの。それはなにより、博希自身の心。  ともかくも起こさなくてはならないほど緊急な訳ではない。景は博希をそのまま寝かせておくことにした。 「帰りますので」   景がそう言った時、スカフィードは、さほど驚かなかった。その前に景がそれまでのことを伝えているせいもあったし、景がそこまではっきりと言うのであれば、信用しない訳にはいかないと思ったせいでも、あった。  博希がこういうことになっているせいで、いささか、調子は狂っていた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゴブリンに転生しても生き延びようとあがく

    ♡14,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・89話・184,553字 水鳥天

    2021年1月25日更新

    現代日本で社会人として生活していたユウトは目覚めるとゴブリンの姿になっていた。ゴブリンにはとても生きづらいファンタジーの異世界で生き延びようとあがいてゆく。

  • 某漫画原作コンテスト応募作品です

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・10,564字 万業 破印

    2021年1月25日更新

    UJ原作プロットコン落選作品を脚本化したものになります。 コンテスト参加作品の為に一月三十日に未公開にさせていただきます。 ● あらすじ 異世界イアン・カムスを救った聖女が願ったのはただ一つ。 それは、愛する家族と一緒にご飯を食べること。ただそれだけだった━━。 これは、異世界転生した母、双葉さんが家族愛の為だけに現実世界に戻り家族と食卓を囲むだけの物語。 ただ、双葉さんが毎回、夕飯時に家族に話して聞かせる異世界冒険譚は全て貞操の危機に瀕する卑猥なもので、毎度食卓を凍てつかせるのだ。 困ったことに、お母さんは家族に聞かせる冒険譚の中で自分が毎回貞操を狙われていたことに、これっぽっちも気づいていなかったからだ。 何故なら、双葉さんは聖母とあだ名を持つほど、超ど天然で人を疑ったことがないお人好し。異世界でも殺すのは可哀そうだからという理由で魔王すら無傷で改心させて世界に平和を取り戻すという女神クラスの慈愛の持ち主でもあったのだ。 お母さん×異世界転生×勘違い系ソフトエロ日常型コメディ。ラブコメとNTR(未遂)要素も沢山、あるよ? 双葉さんが毎回なにかしら卑猥な目に遭うのはそれが作品の根幹だからです。 冒険少々、ソフトエロシーンメイン。愛はあっても世界の命運をかけた戦いの要素は完全にございません。 それでも良いという方のみ、ご覧ください。よろしくお願いいたします。 【作品コンセプト】 家族との夕食時、TVから突如として流れるラブシーンの気まずさを表現してみました。 昔は色々と凄かったですよ……。