窓の中のWILL

Chapter:38 「だったら気合いを入れてください!」

 ファンフィーヌの居城を目指して、疾走を始めた二人。 「五月サン、地図をお願いします」 「うんっ。チズヨデロー」 「今回はいつもより急がなくてはなりません。気合いは入っていますか!?」 「たぶん」 「多分じゃ困るんですよっ。博希サンが死んでしまってもいいんですかっ」 「やだあ」 「だったら気合いを入れてください! 勇猛邁進・鎧冑変化!」 「あっ、カーくんがぼくの見せ場とったあ」  ふいに、五月がワケの解らないことを言ってスピードをゆるめた。 「……はあ?」 「だってだって、走りながら鎧装着するのってぼく、あこがれなんだもん。やろうと思ってたのに、布までとりかけたのに、カーくんが先にい」  そう言ってメソメソしだした五月の手の甲から、エンブレムを隠していた布がぶらんとたれ下がっていた。 「五月サン」 「ぼくが先なんだい。いくらカーくんでも許さないやい」 「~~~~っ」  景は天を見上げた。  せっかく今回ばかりはシリアスに終わりそうだったのに。  なあんでこうなっちゃうんですかねえ。 「解りましたっ。いったん僕が鎧装着を解きますから、五月サンはその後すぐに鎧装着なさい!」 「ホント? ワアイ」  景はやや肩の力を落としつつ、鎧装着を解いた。五月がその後を追うように、 「ヨロイヨデロー!」  と叫ぶ。 「気は済みましたか……?」 「うん。早く鎧装着しなよ、置いていくよ?」 「……………」  景はもう何も言えなかった。もし相手が五月でさえなかったら、いつもは絶対出ないはずの手の一つも出ていたかもしれない。 「それにしても」 「ん?」 「五月サン。ファンフィーヌの城までは遠いんですか近いんですか」 「うん、なんだかね、遠いみたい。ずいぶんあるって」 「困りましたね。早いところファンフィーヌの居城まで行かなくては、博希サンが――」 「うーん」  五月はその時、胸の輝きに気がついた。 「そうだっ。フォルシーを呼ぼうよっ。フォルシーに、ファンフィーヌのお城まで連れて行ってもらうんだっ」 「…………」 「どうしたの」  景は少し空を仰いで五月をじっと見た。 「気持ち悪いなあ」 「あなたにまで倒れられたら僕はどうすることもできませんからね」 「ぼく倒れたりしないよ」 「いつもより頭の回転が早いじゃないですか」  博希と同じ事が起こることを懸念したのである。まあ当然といえば当然なことかもしれないが。 「ヘンなカーくん。フォルシー呼ぶよ?」 「ええ」  五月は胸から下げた笛を、思い切り吹いた。 「フォルシー」  すぐに、遠くから黒いものが飛んで来る。それが段々大きくなって――   『お待たせしました。……おや、もうお一方はどうされたのです?』  フォルシーがちょいと首をかしげた。五月はもうフォルシーの首を抱いて、その羽毛に顔をぼふんとうずめている。景はフォルシーに飛び乗りながら、言った。 「ファンフィーヌの『呪』にかけられたんです。彼女の居城へ――急いでいただきたい!」 『ファンフィーヌに! それは大変だ、急ぎましょう!』  翼がバサリと舞った。景は少しばかり強い風を全身に浴びながら、さっき解除した鎧をもう一度装着した。  ――向かい風。です……ね。 『ファンフィーヌはの、時をつかさどる女として、もともと、レドルアビデの寵愛を受けておったと聞く』 『時、を』 『進むも止まるもファンフィーヌの意のままに。それでも、そのようなことは決してしなかったという。――この世界に来るまではのう』  フォルシーの翼がゆっくりと閉じかけた。この風の中、彼はずいぶん急いでくれたらしい。 『あれが、ファンフィーヌの城です』 「あれが?」 「フォルシー、ありがとうございました。大変だったでしょうに」 『いえ、そんなことはありません。それよりも早く、ファンフィーヌの『呪』を解いて下さるように』 「うん。あ、そうだ。あのね、フォルシーね、ヒロくんの所についててほしいんだけど」 『え?』 「もし、ヒロくんが目を覚ましたら、ぼくらの所に来るかもしれないもの」 「なんでフォルシーを博希サンのところへ」 「ヒロくんきっと迷うから」 「あ」  なるほどねえ、景は思ったが、口には出さなかった。五月の意見がもっともだと思ったせいもあるし、今から乗り込むべき居城の真ん前でくっちゃべるシーンほどサマにならないものはないと思ったせいもあった。 『承知しました。それでは宿屋のほうに向かわせていただきます』 「頼みましたよ」  はい、とフォルシーは言って、バサリと飛び立って行った。その背中を見送りながら、二人はつぶやいた。 「博希サン、来ると思いますか?」 「……今日、仕切るの、誰だっけね」 「…………五月サンですけど…………」 「じゃあ来ないかもしれないねえ」 「……そうですね。ま、いいでしょう。行きますか!」 「うんっ!」  二人は扉を勢いよく開けた。  『この世界に来るまでというのは?』 『解らぬか。レドルアビデはこの世界で、マスカレッタ様に出会うた』 『!』  ――扉の向こうは真っ暗だった。五月が少し、おびえて、景の腕をつかむ。 「大丈夫です」  景が五月の肩をぽんぽんと叩いてやって、安心させたが、景自身も、あまり平静ではいられなかった。その心に喝を入れるように、彼は、叫んだ。 「いるんでしょう、ファンフィーヌ! 僕らが来ることは解っていたはずです!!」  その、歩いただけでそれと解る冷たい回廊の中、その一面の暗闇に、わずかな光が、チカリ、と、瞬いた。 「――――――。」  景はその光の正体をつかみかねて、戸惑った。 「そう大声で怒鳴らなくても、私は、ここにいるわ」  奇妙なエコーのかかった声。しかし、暗闇のせいであろうか、その姿は見えない。 「声だけでぼくらを倒す気ですか。姿を見せないくらい卑怯な敵は、僕は大嫌いなんですよ。もしそのままで僕らと戦われるつもりなら、絶対に容赦しませんからそのつもりで!!」  それだけを言い切って、景は暗闇の中、 「以一簣障江河――武器招来!」  弓を構えた。  それを聞いたのか、闇の中で、ふう、と、ため息が聞こえる。 「明かりをつけてもつけなくても、あなたたちに得にはならないわよ」  そのつぶやきがどういう意味なのか、景が聞く前に、    ビカッ!  明るくなったのだと二人が理解するのに、しばらくは時間がかかった。そう、明かりのあまりの強烈さに、瞬間、二人は視力を奪われたのである。 「……っ、……」  やがて目がその明るさに慣れてくると、景は改めて、そこを見回した。そして、 「――――!」  絶句した。 「これ、鏡? 鏡だよねえ、ぼくが映ってるよ」  まるで昔の遊園地にひっそりと立てられていたミラーハウスのように、回廊の中には、縦横無尽に鏡が林立していた。 「これは……!?」  頭の上で、何か静かに語りかけるような声がする。 「その鏡を見てごらんなさい。あなたが、見えるでしょう?」 「……その手にはのりませんよ。どうせ催眠か何かかけるつもりでしょう!」  だが五月は鏡をじっと見つめている。 「五月サン! 駄目です、鏡を見てはいけません!」 「あら。その鏡には――あなた自身が映っているのに?」 「何を面白いことを言ってらっしゃるんです。当然のことじゃないですか」 「ふうん。それは本当に――あなた?」 「ますます面白いことをおっしゃいますね。当然で――、――!?」 『我、過去を捨てたり。時よ――遡れ。――トゥアイルディーズ』  くすり、という笑い声とともに、その声が聞こえた。景はそのほんの一瞬、鏡を、見た。鏡の中に映っていたのは、 「――僕、ですか!?」  そう景には違いなかった。しかしその姿は、景の記憶の底に残っているか残っていないかくらいの、幼少の頃のものだった。 「ファンフィーヌっ、あなた――何をしたんです!」  景と五月のずいぶん上から二人を見つめるファンフィーヌの手の中で、紫色の砂の入った砂時計が、くるり――と、ひっくり返された。 『マスカレッタに出会ったということは……レドルアビデに寵愛を受けていたファンフィーヌは?』 『聞かんでも解ろうよ。捨てられたのさ』 『……捨てられた……』 「この鏡は私の過去を封じ込めた鏡。変わることのなかったあの時を。あなたたちもその『変わることのない過去』の中で、永遠の夢を見なさい!」  景は鏡に映る、幼少時の自分を見ていた。  『変わることのない過去』。  今は……変わってしまった?   じゃあ、今の自分は?   その時だった。誰かが、景のブーツを握っているのに気がついた。 「誰ですっ!」  景はそれでも、素早く振り返る余力と精神力だけは残っていたらしい。ブーツをつかんだ手を握る。が、景はその腕が異様にかわいらしいことに気がついた。 「…………さ……つき………サン……!?」  景はつかんだ手の持ち主が五月であることにすぐに気がつきはした。しかし、あまりにも、頭の中にある五月像と違い過ぎていた。目の前の五月の姿は、景の記憶にないものだった。 「おにいちゃん、だあえ?」 「さ……」  だあれ、と聞かれて、景はすぐに答えることができなかった。 「ええと、おなまえは?」 「えっとね、えっとね、さちゅきでしゅ」 「おとしはいくつですか?」 「あのね、こえだけ」  五月とおぼしき幼児は指を三本立ててみせた。三歳の時の五月。そりゃ知らないわけだ。博希や五月、景が三人出会ったのは、小学校入学の時。それ以前の五月……彼にとって『変わらない過去』。そうか、それから、僕らに出会ったことで、五月サンは少しなりとも変わったのかもしれませんね――景は思ったが、もちろん、これでよいわけがない。もしもこれが、ファンフィーヌのかけた『魔法』であったなら、それを解かないことには五月はずっと三歳の姿のままである。 「ファンフィーヌ! 出てきなさい、僕はあなたの罠にはかからない!! 五月サンを元に戻しなさい!!」  無駄だと解ってはいるが、そうがなりたてなくては気が済まない。 「あら、あなたも、過去の姿に戻ってみたくはなくて?」 「お断りします!」  くすり、と、笑い声が聞こえた。 「そう。つまらないわねえ……」 「……!?」  その声が聞こえるや否や、鏡の色が、淡い紫に輝いた。 「!」  景は今度こそ、鏡を見つめた。その中に映ったのは、自分の姿ではなくて、 『もしかしてファンフィーヌが変わってしまったのは、レドルアビデに捨てられてから――』 『そうじゃ。ファンフィーヌはそれから、レドルアビデだけではなくて、男という男を信じられなくなった――憎しみだけが――彼女の心を支配したといっていいかもしれぬ』  幸せそうな表情のファンフィーヌ。恐らくレドルアビデと仲良くやっていた頃のものだろう。景はしかし、自分の足をぐっと踏ん張って、にらむような瞳で鏡を見つめていた。 『それでもレドルアビデはファンフィーヌを部下として使いおった。ファンフィーヌはその辛さも悲しみもすべて、』 『すべて……?』 『過去のものとして封じ込めた。そして、自分だけでなく、』  景の見つめる鏡の映像がふいに、黒ずんだものになった。涙を流しながら、冷たい瞳で呪文を唱える、ファンフィーヌの姿。 『この村の時をも、止めたのだ、その魔法で』  冷たい瞳は何も語らなかった。景は自分の胸を押さえながら、 「――間違ってる、そんなの、間違ってます」  つぶやいた。しかしファンフィーヌの声は、あいも変わらない妙なエコーで、 「何が間違っているの。私には、現在だけあればいい。変わってしまった過去なんて、いらないの」  淡々と述べた。冷たい笑い。だから時を止めたのよ、と。 「だからって――あなたはあの村で何が起きているか、解らないわけではないのに!」  景の叫びが響く。 『ワシらの外見上の時は止まったが――声を聞いて解ろう? 中身の時は確実に動いておる。外と中が食い違うことで、変調により逝んだ者も少なくはないわ』 『男の方を人柱にしていたのは?』 『捧げねばファンフィーヌが『呪』を更に強めると言うでな』  鏡の揺らめきは止まって、再び、景の姿が映っていた。 「ルピーダはこの村をこれ以上不幸にしない為に、敢えて男の方を犠牲にしてらした。そうさせたのはあなたでしょう!? 一体何の――何の為に!!」  ふいに、冷たい笑い声が、やんだ。 「もう、遊ぶのはやめたわ」 「え、……!!」  下から突き上げるような激しい衝撃に飲み込まれる景。それっきり、彼の意識は、飛んだ。 『この村は――『呪』に包まれておるよ――』  カタン、と、ひっくり返された砂時計を、ファンフィーヌは目の前に置いた。  村の宿屋で眠り続ける博希のエンブレムの輝きが、ますます強くなってきていた。ルピーダはその光を、遠くから呆けた瞳で見つめながら、首を振った。  これで、何が変わるわけでもあるまいに。  だが、彼女は次の瞬間、とんでもないものを見ることになる。 「――――!?」  シュウシュウという音とともに、ルピーダのかけた魔法が解け――もっというなら、博希をくるんでいた繭が、熱を含んで溶けていくかのように、消滅していったのである! 「ば、バカな、ワシの魔法が解け……!?」 「んあ――――」  博希はすぐ目を覚ました。一番に目に入ったのは当然ながらルピーダだった。 「あんた誰?」 「ぬ、ワシは、……」 「あれ? 景と五月はどこだ?」 「む、」 「なんだなんだ? どういうコトになってんだよ?」  その時、フォルシーが部屋の中に入ってきた。 『勇士様!』 「おっ、フォルシー。どうした?」 『勇士様お二方が、ファンフィーヌのもとへ行かれました!』 「あぁ!? ……ファンフィーヌって誰だっけ?」 『パープルウォーの総統ですよ!』 「そっか、じゃ、俺も行くわ」  早い。  話があまり急で飲み込みきれなかったルピーダが、なんとかなんとかそれを止める。 「待てい、おぬし、体のほうが……!」 「あ? 寝てたら楽ンなったよっ、それに、俺にゃあもうワケ解んねぇや。とにかくあいつらのトコ行きゃあコトは解決すんだろっ!?」 『すると思いますけど……』 「フォルシー! 乗っけてけっ!!」 『はいっ!!』  あっという間に一人と一羽は高い空の向こうに飛んでいき、見えなくなった。 「……なんとものう……」  ルピーダはそれを見送るのみだった。 「急げ、フォルシー!!」 「……パパぁ、ママぁ……どこにいゆの……?」 「……………………」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 変わらない形をあなたに──

    ♡541,094

    〇16,837

    現代/青春ドラマ・連載中・41話・204,800字 兎禾

    2020年10月26日更新

    その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。 これから始まる私の物語の最初の一ページ。 ……その一行目。 彼女との出会いが私にとって大きな意味を持つ。 なんて、今の私は知る由もないのだけれど──。 私達を繋いだのは一枚の折り紙。 それは時を越え届けられた想いの形でした。 折り紙を通して織りなす少女達の群像劇。 彼女達が最後に見るその形とは……? 和の心と作法とその由来。 あたりまえだけど、知らないものがここにはあります。 四季織のいろは。 変わらない形を、あなたに── この作品は毎週月曜日と木曜日に更新致します。 コメントだけでも気軽に頂けると嬉しいです!!

  • 広い異世界を少年は冒険生活の旅にでる!

    ♡389,784

    〇55,320

    異世界ファンタジー・連載中・84話・271,656字 ネコカレー

    2020年10月23日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れりと!! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界系の皮を被ったごった煮ファンタジー

    ♡71,170

    〇1,286

    異世界ファンタジー・連載中・111話・384,806字 氷桜羽蓮夜

    2020年10月27日更新

    【第一部完結に伴い第四部を毎日投稿します!!】 異世界系の皮を被ったごった煮ファンタジー 異世界に拉致された主人公 天神和輝(てんじん かずき)を中心に、様々なキャラクターを神の視点で描く 毎週木曜更新(予定) ※現在修正中です 2ー1ー2まで終了済み(2020年10月18日) ファンアートも挿絵も表紙も大歓迎! ツイッターでは #併交世界 小説家になろうでも投稿しています(更新はなろうの方が早いです)

  • 優勝を目指して少女は挑戦する

    ♡11,300

    〇160

    異世界ファンタジー・連載中・8話・13,842字 けろよん

    2020年10月26日更新

    人間界と隣り合う場所にある異世界クインバース。かつてそこで大きな戦いがあった。異世界の女神は人間界から勇者を召喚し、魔を封じ込める事に成功した。 自分達の世界に帰った勇者達は神秘の鎧を授けられ、隣の世界から魔を監視する任務を受けた。 時が流れた現代、勇者の末裔も自分達の生活で忙しくなったので神秘の鎧はその時の実力者に与えられる事になった。 かつては女神に捧げられていた儀式は時が経って戦いの腕を競う大会のエンターテイメントへと変わった。 ごく普通の少女一条空良は本戦へ出場する為にまずは選抜テストを受ける事にした。