Chapter:14 「カクセイってヤツか」

 景ははっきりと、もう、ごまかしはきかないと思った。勇士であることを暴露して人質になるか、嘘をつき続けて『花』になるかという選択肢。景は前者をとろう――それが自分にとって間違ったことでも――と思った。博希たちを信じていた。  が、景が発言するより早く、執政官が膝をついた景の視点に合わせて言った。 「知的でも、嘘をつく『花』は嫌いなのよ?」 「……知的だからこそ……嘘をつくんでしょう? 矛盾してますよ……」 「認めたわね」 「もとよりごまかせる相手ではないと思っていましたがね」  景は腕を妙な方向に回されたままであったので、わずかに苦悶の表情を見せながら、言った。 「その顔も美しくてね。知的な美少年が、苦しそうな表情を見せる瞬間はとても好き」  なんて趣味だ、と、景は思った。そして、もう今自分ではこの執政官はおちょくれないと思った。できるなら早いとこ博希たちに来てもらって、この危ない婦人を散々におちょくってほしい、と、思った。 「……それ、で。どうするつもりです……?」  やはり腕が痛い。苦悶の表情は変わらぬまま、景は冷や汗と脂汗を流しながら言った。 「そうね。あなたのお仲間も、『花』として愛でて差し上げようかしら?」 「本気……ですか」 「私は嘘と冗談は嫌い」  景はなんとなく、五月と博希がどんな『花』となるのか、気になった。 「ではお呼びになればよろしい。すぐにでもとんでくるでしょうよ」 「そう――ではそうさせてもらうわね」  しかし執政官は景の顎にすっ……と手を触れた。景は全身に鳥肌が立った。 「本当に素敵なこと。冬菫……できれば死ぬまで、私の側にいてほしいわ」  そんなことしたら日がな一日毒づいてばっかりですよ――景は思ったが、声には出さない。執政官はそのまま、景の腕の通信機に手を触れた。スイッチを入れる。 「聞こえていたら返事していただきたいわ。あなた方の仲間はここにいてよ。安心してね、まだ手は出していないから」  通信機の向こうから声が聞こえた。 『出す気なのかよっ!!』  博希サンだ、景は思った。 「さあ。それはあなた方次第ね。言っておきますけれど、鎧装着はしないでお出でになってね。もし鎧装着なさったときは――」  あとは、ふふふふふ、という含み声だけで、何も言わない。執政官はそのまま、ぷつん――と通信を切った。 「それで、もし鎧装着したらどうする気なの?」  いきなり五月の声がした。 「え!? 五月サンっ?」  通信機からの声ではない。では!? 景は動かない体を動かそうと努力した、が、声がどこからするものかは解らなかった。  その時――ドアが、ズバーン! と開いた。 「元祖美少年二人が来てやったぜ」 「屋敷の前まできたら通信が入るんだもん。びっくりしちゃった」  なんだか半ば五月に引っ張られる感じで、博希は屋敷の前まできたのだった。博希が塀に乗った直後、通信が入ったのである。 「博希……サン」  何で元祖なんです、と突っ込むだけの気力は、景にはあまり残っていなかった。二人とも鎧装着はしていなかったが、戦う意気はマンマンだったとみえる。そばに無残にも全身に落書きされた衛兵が転がっていた。 「ふうん……」 「なんだよっ。景を離してもらおうか、でないとお前もこいつらみたいになるぜっ」  女に手を出すのはどうかと思うが、この場合は別だからな――と博希はつけ加えた。  しかし、その言葉は執政官の耳にはほとんど入っていなかったらしい。 「噂に違わぬ美少年揃いね。そっちは『(なずな)』で、そっちは『姫女苑(ひめじょおん)』というところかしら」 「????」 『薺』と呼ばれた五月は、不思議な顔をして、まだはがいじめになったままの景に聞いた。 「この人、なに言ってるの?」 「……美少年を『花』として愛でるのがお好きだそうですよ……」 「それで俺は『姫女苑』か。お前はなんだったんだ景?」 「……冬菫です……」 「ほお」  本当をいうと、花なんか博希にとってはどれもこれも同じに見える。従って五月の『薺』さえ、どういう花だか解らないのである。もちろん、自分の『姫女苑』も。  俺に解る植物は菊と大根ぐらいだ――普段から博希がそう豪語しているのを、五月と景は知っている。なぜその二つであるのか。簡単な事だ。刺身のツマだからである。 「で? 俺たちも『花』として愛でようってのか?」 「ええ」  言い切った。 「冗談じゃねぇ!! おい景、俺ァ今初めて、連れてこられたのが俺じゃなくてよかったと思ってるぜっ」  そりゃあそうでしょうよ――と、景は言った。その理由にはあえて触れない。多分、博希ならこの環境に耐えきれてなかったはずだ。 「いいかっ、その耳かっぽじいてよく聞けっ! 俺たちァ花じゃねぇ、母ちゃんの腹から生まれた、ちゃんとした人間だっ!」 「!」  ――景はその時、何を思ったのだろう――たぶん一つの正義感の印として生み出された、本当に何気ない博希の言葉に、深いものを感じとったに違いなかった。全くこちらが予想もしない、ドキッとするようなセリフを、時々、この熱血美少年は吐くものである。 「てめぇ村中の男を神隠しに遭わせやがって、いったいどうするつもりなのかは知らねぇが……タンビ趣味もそこまできたら変態だぜっ!」  景はまたも度肝を抜かれた。博希が耽美などという言葉を知っていたとは思わなかった。とはいえ、博希だって本当の意味なんか知らないのである。景から耽美系だと言われた五月から「ねえヒロくん、タンビってなにさ」と聞かれて、博希もまた、「た……タンビ? 何だそりゃ」というふうな感じだった。ただ五月を見ていたらなんとなく意味はつかめたような気がして、試しに言ってみたまでのことである。もちろんそれが大正解であることなど、本人の知るところではない。 「言いたいことはそれだけ?」  言うが早いか、執政官はまたもぱちいん――ア、今度の人は上手い、と、博希も五月も思った。が、思った直後、自分たちが囲まれているのを知る。 「囲むの好きだねぇ」 「囲めば勝てるとでも思ってるんだろうよ」 「おとなしく私の『花』として一生を終えればいいものを。後悔させてあげるわ」 「その言葉、そっくりそのまま返してやるぜっ! こちとら寿司屋の跡取りだ、こんなトコでツマとして一生終えてたまるかよ! 俺はヒラメだ!」  彼にとって『花』はすべてツマであるらしい。白身の王様ヒラメに自分を例えるところなど彼らしくてよい、などと客観的に論じている場合ではなく。 「おやり」  その一言で、博希たちを囲んでいた用心棒たちが動いた。博希と五月はとっさにエンブレムを出した。うっ、と、用心棒たちがつまる。やはり解ってはいるものの、目の前で本物のエンブレムを出されたら、動くことはできない――そんなところであろう。 「ヒロくん! 今日はぼくが仕切るよ!」 「解ってらぁ、ローテーションだろ!?」 「いくよっ!」 「おう! レジェンドプロテクター・チェンジ!」 「ヨロイヨデロー!」  ぱきいんっ、と、鎧装着完了。博希は続けて、叫んだ。 「スタンバイ・マイウェポン!」  彼の手に、大きな剣が浮かび上がる。用心棒たちはそれを見てとると、すぐさま、博希に飛びかかった。五月も、叫び、 「ブキヨ、……」  かけた。だが、その後の言葉は、出てこなかった。五月は立ちすくんだまま、下を向いていた。 「…………」  目の前に用心棒が迫る。 「五月っ!?」  博希は何がなんだか解らないまま、用心棒を昏倒させていく。 「五月っ、危ねぇっ」  五月に迫っていた用心棒を昏倒させた博希は、五月の頭をくしゃっとやった。 「どうした。仕切るんだろ?」 「うん」  こくん。 「武器出して戦わなきゃ、景が危ないぞ?」 「うん」  こくん。  でもねでもね、ぼくね――そこまで言って、つまる。それ以上のことが言えない。 「よっしゃ、じゃあ、調子が出たらその時は、お前に仕切らせてやるよ。貸しひとつな。今日は俺が仕切る!」 「うん」  こくん。 「お前は、景を助けてやってくれ。用心棒は俺が引き受けた」  博希は――景ほど「聡」くはないから――五月がなぜ、動けないのかは知らない。否、景も知るはずがないのだが――だが、博希は、今、五月に戦わせるわけにはいかないと、そんなことを思った。なぜそう思ったのかは自分でも解らない。なぜだろう。いつもなら――多分、尻を叩いてでも戦わせていただろうに――ふむ。俺も「聡」くなり始めてんのかな? こりゃ知的美少年は近いな――『花』の名前もロクに知らないくせに、博希は一人で景に勝った気でいた。  五月は景のもとに向かった。 「お待ち?」 「っ」  景にあと少しで手が届く、その時に、執政官が五月を押さえた。 「だめねえ。薺、おとなしくしてなきゃだめじゃないの?」  五月は、ゆっくりと振り返った。執政官のどろんとした瞳に、五月は胸がざわりと震えるのを覚えた。否、震えたという表現では足りないほどに――  ぞく、り。  百パーセントの悪意を含んだその瞳に、五月は―― 「五月、サンっ」  景が声を絞り出す。自分の責めぎあう精神に打ち勝とうとする表情を、彼は五月の表情から読んでとった。 「やめてえ――――っ」  ボクヲカエシテ。  ボクニカエシテ。  一瞬のことだった。まばたき一回分の、瞬間。  カッ! と、ぼんやりピンク色に光るフェンシングソードが生まれた。 「……え?」  聞いていない、と、景は思った。五月が『武器射出時の声』を発動させるのを、聞いていない。つぶやいてもいない。聞こえなかった。こんな近場で。ではなぜ。  ぼろっ――と、五月の瞳から涙があふれる。 「あ」  景は小さくつぶやいた。博希と同じで、なだめるのに時間がかかると思ったせいだった。が、五月はあふれる涙に気がつかないかのように――フェンシングソードを抱きしめた。  光が、爆発した。 「!」  どんっ、と、執政官以下、用心棒も誰もかも――博希と景以外――、そこにいたすべての『敵』が、倒れていた。 「……息はしてるぞ。気絶ってとこだ」 「そうです、か」  景の身も自由になった。五月は――いつの間にか、鎧が解除されていて――しくしくと泣いていた。 「違う」 「何がです」 「……五月の力なのかこれは?」 「……五月サンの不安定な心が――何かを生んだと考えたほうが、この場合は適切だと思いますよ――」 「カクセイってヤツか」 「…………」  意味解って言ってるんでしょうね――と、景が聞いた。博希は少しだけ黙って、イヤ――と苦笑した。ちょっとカッコつけてみただけさ――そんなつぶやき。 「ところで」  落書きしがいがあるな――博希は屋敷を見渡して言った。ざっと見ただけでも前回の二倍の人数が転がっている。 「やりますか?」 「やるだろ」 「執政官にも?」 「ちょっと気が引けるけどな」  博希は落書きに走った。景は泣き続ける五月の頭をなでた。 「大丈夫ですよ。もう誰も、五月サンをいじめたりなんかしませんよ」 「うん」  こくん。 「武器は五月サンが出したんですか?」 「ううん」  ふるふる。 「では勝手に出てきた?」 「うん」  こくん。 「ああそうですか……ありがとうございます、助けてくれて」  くしゃ。 「死んじゃったの?」 「え? ……いいえ、みんな、気絶しているだけですよ」 「そう」  景は五月の涙が乾いているのを見た。早いな――そんなことを思った。 「行きますか? 執政官様と用心棒の方々に落書きして差し上げましょう」 「うん」  ちょっとだけ、五月は笑った。  結局。  執政官と用心棒、数えたところ百人あまりは、すべて額に『大根』『菊』『ドクダミ』『曼珠沙華』と大書きされて、屋敷の中に転がることとなった。誰が何を書いたかは、聞くだけヤボというものである。  千人にのぼる美少年たちも村に帰されて、村には一応の平和が戻った。 「じゃ、失礼します」 「ありがとうございました。勇士様、またお寄りくださいね」 「ありがとう」  博希たちは、新しい村へ行くことにした。 「結局――美少年以外の男たちがどこへ行ったのか――聞けずじまいだったな」  博希が歩きながら、ぼんやりとそう言う。 「次の村でもまさかそうなんじゃないでしょうか……目的が――この街の総統、スイフルセントの目的が見えませんね」 「うん……」  五月はぼんやり手のひらを見た。自分があのとき――何をやったか、覚えていない。ただ、自分の頭の中に見えたのは――自分の両親と、そして、ヴォルシガ――それらを、ピンク色の光が包み込んで――それから、真っ白になった。気がついたら鎧装着も解けていたし、もう、頭の中に何も見えなかった。  こそっ。  ポケットの中に手を入れる。小ビンが入っている。五月はポケットの中の小ビンを、きゅっと握りしめると、博希と景の後を追って歩き出した。 「あのさあ」  博希が突然に言う。 「あの執政官が俺を例えた『姫女苑』って、どんな花だ?」 「…………」  景はふいに黙った。ちょっとだけ言葉を捜した。が、それより早く、五月が言う。 「あのね、雑草」 「雑草!!??」  ハチャ――……景が頭を抱える。 「あのですね、まあ一般的には雑草ですが、花は割と可愛いと聞いてますよ。多分執政官様もその――……博希サンの、どこか打たれ強そうなところに、『姫女苑』の強さを見たのではと思いますが。雑草は強いものですから」  景がなるべく博希を刺激しないように言ってみたものの、博希は完全に頭にきていた。 「あんのヤロ――!! この熱血系美少年を雑草なんかに例えやがって! 『大根』と『菊』のついでに『ワカメ』って書いときゃよかったぜっ!!」 「落ち着いて下さい博希サン! ワカメは花ではありませんっ。ついでに執政官様はヤローではなく女性の方ですっ」  ふんぬー、と怒る博希と、突っ込みながらそれをなだめる景に、ふわっと、笑顔を見せる五月。景はそれを見て、少しだけ、ホッとした。  その、時。 『聞こえるか、博希!? 五月!? 景!?』 「……え……?!」  腕の通信機から声がする。 「あなたは……!」 「誰だてめぇ!?」 「何でぼくたちの通信機に連絡ができるの!? 電波ジャック!?」  せっかく景がシリアスにきめたのに、博希と五月がまた壊した。多分通信機の向こうにいる人物もコケているはずだと景は思った。 「……素ですか確信犯ですかそのボケは!?」 「素」  これは博希。 「確信犯」  これは五月である。 『ええいっ、突っ込んでる暇なんかあるかっ。私だ私。スカフィードだっ』 「ああ」  博希がやっと納得した。 「どうしたんですか?」  通信機の向こうのスカフィードは、相当に焦っているふうをみせていた。 「今すぐ、アイルッシュに帰れっ!!」 「なっ!?」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    633,670

    3,638


    2021年4月11日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間48分

    この作品を読む

  • 世界史嫌いのchronicle(クロニクル)

    ある女子高生の不思議な体験

    505,200

    6,737


    2021年4月10日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸奈穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『カクヨム』『エブリスタ』様にも掲載しております。

    読了目安時間:5時間44分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 末裔勇者の冒険譚 ~魔王になった勇者は悪をぶっ潰す!~

    伝説の勇者が正義ではなかったとしたら?

    37,000

    0


    2021年4月14日更新

    この世界には人間族と魔族という種族が存在する。 人間族とは神と人の間に誕生した種族と言われ、自然の力を己の糧として行使する『魔法』という力を持っていた。 対して魔族とは人間族とは異なる姿をした種族。 翼や尾、角などの身体的特徴を持ち、その容姿を活かした様々な特殊能力を持っていた。 両者はシルヴェスタという地で顔を合わせることなく暮らしていたが、ふとしたきっかけで争いが起きる。 互いに相容れない両者の争いはシルヴェスタ全土へ一気に広がり、各々が王を立ててシルヴェスタを我が物にしようと戦争を始めたのだった。 魔法による遠距離攻撃によって争いは人間族が優勢を見せていたが、魔族は空からの攻撃や奇襲で人間族に対抗する。 お互いの消耗戦が続く戦争は100年に渡って繰り広げられ、両者の総数が3割にまで減少すると、拮抗状態のまま冷戦に突入する。 永久に続くかと思われたこの人間族と魔族の戦争は、人間族側に現れた一人の男によって終息を迎えることになる。 勇者エターニア 魔族に劣らない戦闘力を持ち、魔法をも使いこなすにエターニアは、魔族の軍勢を見事に掻い潜り直接魔族の王グリザイアを討ち倒したのだ。 王を失った魔族は浮足立ち、人間族に一気に押されてシルヴェスタ南西に位置するルーツ山脈へと追いつめられる。 全滅するかと思われた魔族だったが、人間族にはルーツ山脈へ逃げ込んだ魔族を掃討する力は残っていなかったのだった。 かくして 人間族はシルヴェスタ国のほぼ全土を、魔族は国の2割にも満たないルーツ山脈方面を生活圏とし、100年に渡って続いた人間族と魔族の戦争は、人間族側の勝利で幕を引いた。 これは、そのシルヴェスタという一つの国の500年後の物語である。 この物語はフィクションです。 実在する企業、団体、名称とは一切関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間34分

    この作品を読む

  • 勇者パーティーでお荷物扱いされていたアルは、とうとう勇者にクビを宣告されてしまう。 だが、実は彼はユニークスキル『パーティステータス2倍』の持ち主。パーティ全体の能力を2倍にしてパーティーに大きく貢献していた。 にもかかわらず、アルは最愛の幼馴染の恋人を寝取られ、都合が悪いからとダンジョンの奈落の底に突き落とされて殺害されてしまう。 しかし、死んだかと思われたアルは運よく奈落の底で生き残った。そして奈落の底で魔剣と膨大な経験値をもらい前人未踏のレベル999と勇者をも超える力を手に入れた。 アルは復讐の為、魔王を自ら滅ぼし、卑怯な勇者エルヴィンを法の元裁こうと決意する。 ただ復讐に燃えていた彼は王女様と出会い、何故かパーティーに入ってほしいと勧誘される。おまけに、王女様をはじめ後輩や妹や彼を慕う女の子からも何故か次々と求婚されてしまう。 一方、アルを追放した勇者は当然落ちぶれて行き、次第にどん底へと追い詰められていく。 落ちぶれた糞勇者エルヴィンはアルに土下座して泣きつくが、もう時すでに遅い。そして遂にエルヴィンは外道が災いして底辺奴隷に落とされるのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間1分

    この作品を読む