完結済 長編

ひとみで みかづき つかまえて

作者からの一言コメント

秘密をテーマに描いたラブストーリー

地元では「おしとやかで真面目な優等生」というイメージを貫いてきた瀬名 瞳(せな ひとみ)。 成人式に新成人代表の挨拶を務めることになっていた瞳だが、門出の日にまさかの二日酔いで気分は最悪に。 そんな彼女の前に現れたのは、この日一番会いたくないと思っていた同級生――三日月 蒼(みかづき あおい)だった。 卒業アルバムに残っているのは、かつて好きだった人からのよくわからないメッセージ。 ちょっと不器用なふたりの心が、二十歳を迎えてようやく繋がる。 大人になった今だったら……きっと言えるよね。 恋愛×秘密をテーマに描いたショートストーリーです。 ※「小説家になろう」にも掲載

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ひとみで みかづき つかまえて
作者名 陽向 舞桜
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 現代日本 恋愛 純愛 ラブコメ 青春 成人式 勘違い すれ違い 謎解き 卒業 秘密 女主人公 片思い 大人 ショートストーリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月8日 21時00分
最終投稿日 2020年2月14日 21時00分
文字数 15,681文字
ブックマーク登録 19件
コメント/スタンプ 42件
応援ポイント 12,600pt
ノベラポイント 600pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡283,650

    〇2,184

    SF・連載中・60話 新星

    2020年8月9日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 8月は毎日15時に更新します!(目標)

    ♡4,700

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・16話 yuyu&STYY

    2020年8月14日更新

    1960年、ソ連のウラル山脈にあるカリヤ鉱山にて、謎の光るエネルギー球が発見される。 国際的な協議の結果、ソビエト連邦主導で世界各国からの研究者を募って、未知のエネルギーの研究が始まった。 1965年5月13日、実験中に突如爆発。 エネルギー球への道は爆発によって生じた瓦礫によって閉ざされ、十数年の間人の干渉を受けない環境へエネルギー球は置かれた。 それと同時に、世界中の人類に異変が起きる。 指先から火をだしたり、腕がある程度伸びたり、脳が一時的に活性化するなどのある種の『能力』を手に入れる人々が誕生した。 それらの『能力』を駆使し、人類は技術がかなり進歩することとなる。 コンピューターと接続でき情報を持ち運べる情報携帯機や携帯電話、核兵器の安定的な運用など本来の科学の成長スピードを大きく上回る結果となった。 そんな世界に、能力が強い1人の男が生まれた。 彼はとあることをきっかけに諜報員を目指し、そして望む職と金が手に入った。 1985年、彼は敵国への諜報に何とか成功したが、逃げ込んだ先の路地裏で見知らぬ少女に気絶させられる。 男が目を覚ますとそこは別の路地裏だった。 そこで追手との交戦で死にかけてから、壮大な物語へと飲み込まれていった。 (プロローグは読み飛ばしても構いません。この物語をガチガチに考察したいという変わった方のみお読みください) ・これは「AGENT-エージェント-」(処女作)の改稿版です。 ・自分(執筆、ストーリー設定)とネッ友のSTYY(キャラ創作、ストーリー設定)と一緒に書いています。 ・伏線回収が遅いです。気長に読みたい人向けです。 ・一部のキャラクターに関するサイドストーリーの執筆を計画中。 ・この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ★最高成績★ ・日間ジャンル別 5位 ・日間総合 36位 ★公開順★(基本1日1話を目標) ・15話 スタローバヤ 8月12日午後3時 ・16話 アリエチカ邸 8月14日午後3時 ・17話 食事会と帰路 8月16日午後3時 ・18話 次のステップへ 8月17日午後3時 ・19話 RMと能力者部隊 8月18日午後3時

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幼馴染の娘、小鳥。

    ♡7,600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・9話 栗須帳

    2020年8月15日更新

    39歳独身悠人の家に突然、幼馴染小百合の娘、18歳になった小鳥がやってきた。5歳の時に悠人とした、悠人のお嫁さんになると言う約束をかなえるために…

  • 宗太と結菜のイチャイチャな恋愛作品です。

    ♡4,950

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・14話 潮ノ海月

    2020年8月15日更新

    夕暮れが教室の中に差し込んむ。5月の中間考査が終わって、廊下の掲示板に成績表が張り出された、ある日、俺、九条宗太とビッチこと朝霧結菜は今日も居残りでプリントを大急ぎで片付け中。俺が忙しくプリントを捌いている隣で、机の上に座ってスマホでゲームをしている朝霧。「つまんない」と言っては俺をからかい、朝霧は俺のやり終わったプリントを取り上げて、式や答えを写していく。毎回のことなので気にしないでプリントをこなしていると、「お礼」と言って急に朝霧が俺を抱きすくめる。なんだこれは。こんなに女の子って柔らかくて良い匂いがするものだったのか。胸がドキドキ、俺はパニック状態に。そこに担任の久保田鈴奈(通称すずなちゃん)とクラスメートで腐れ縁の黒沢と佐伯に見つかってしまう。明日、噂になるのは確実だ。その日から隣の席の朝霧が気になって仕方がない。怠け者な俺と朝霧のほのぼの、そしてドタバタした毎日が始まる。