完結済 長編

Festival in Crime -犯罪の祭典-

作者からの一言コメント

犯罪者だらけのVRMMO

そのVRMMOは【犯罪者】ばかり――? 新作VRMMO「Festival in Crime」。 浮遊監獄都市を舞台に、【犯罪者】となったプレイヤー達がダンジョンに潜ったり、時にプレイヤー同士で争ったりしつつ、ゲームを楽しんでプレイしていく。 そんなお話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Festival in Crime -犯罪の祭典-
作者名 柿の種
ジャンル SF
タグ ほのぼの 女主人公 西洋風 現代日本 未来 ダンジョン R15 VRゲーム 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月9日 15時00分
最終投稿日 2020年5月10日 14時00分
文字数 508,623文字
ブックマーク登録 21件
コメント/スタンプ 89件
応援ポイント 64,000pt
ノベラポイント 6,000pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ある開拓惑星の開拓史

    ♡7,800

    〇100

    SF・連載中・34話 舞夢宜人

    2020年6月4日更新

    ある開拓惑星の開拓史。 まだ恒星間を跳躍して行き来できなかった時代に、来るべき恒星の時代の橋頭保を築くため、無人の恒星間播種船がテラフォーミングのために派遣されていった。環境調査のモルモットとして先行して派遣された開拓者の物語。

    タグ:

  • 勇者系ロボットが目覚めたら、敵は滅んでた

    ♡15,700

    〇0

    SF・連載中・315話 コーキー

    2020年6月4日更新

    ──人々が宇宙に進出した時代。 ある日、少年は魔法陣より現れた巨大なロボットと出会った。 ロボットは言った。 「我が名はジェイカイザー! 美しい青の星・地球をヘルヴァニア銀河帝国から守るために、私は目覚めたのだ!」 少年は言った。 「ヘルヴァニア銀河帝国なら、地球軍にボロ負けして20年前に滅んだけど……」 「……は?」 ……こうして奇妙なロボット ジェイカイザーと出会った少年・笠本裕太(かさもと ゆうた)は、ジェイカイザーと共に奇妙な共同生活を送ることになるのだった。 ロボットアニメのあるあるネタが詰まった世界観で織りなす、コメディとシリアスが折り混ざる日常ロボバトル小説! ※カクヨム・小説家になろう でも投稿している作品です。 ※1話をTVアニメの30分枠1本分と想定して、WEB小説として読みやすいようパート分けしております。 ※現在37話まで執筆完了中! すでに書き終えてているものも含めて1日1パートのペースで投稿します。 表紙画像はcent_uさんに描いてもらいました。 執筆裏話などをツイッターにてハッシュタグ「#ロボもの世界の人々」にて公開中! 作者のツイッターアカウント:https://twitter.com/koki_thlal 絵師のツイッターアカウント:https://twitter.com/centu_7u