現代/青春ドラマ 短編 完結済

打ち上げ花火

作者からの一言コメント

間近で見たい。

読了目安時間:3分

夏の思い出。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 打ち上げ花火
作者名 夏野真冬
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 夏マラソン2週目 ほのぼの 現代日本 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月22日 23時58分
最終投稿日 2021年7月22日 23時59分
完結日 2021年7月22日 23時07分
文字数 1,646文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 0件
コメント 1件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • Hand to Heart

    (自分の)萌え詰め合わせ(*/ω\*)

    1,100

    0


    2021年9月21日更新

    チーム同士のいざこざに巻き込まれた和明は、その時助けてくれた男性をさがして奔走する。周囲の会話から拾ったキーワードだけを頼りに。そして高確率でその男性【コージ】がいるであろう全寮制の男子校に行けることになるのだが、何故か親友の携(たずさ)も一緒に入学した。 運良く【コージ】と再会できた和明だったが、そこには予期せぬ再会もあった。寮長が姉の元カレで、小学生の頃に自分を可愛がってくれた人だったのだ。ルームメイトの智洋ともすぐに意気投合し、楽しい日々が始まる。 まずは体育会の準備が始まり、浩司が団長をすると知った和明はまよわず団員に立候補した。クラスでもう一人団員に選ばれたのは、別の全寮制男子校から来た周一郎で、彼は自分のいた学校のやり方で和明とスキンシップをはかろうとしてくる。和明はそんな周一郎に恐怖を覚えるのだが、同級生の讃岐と智洋に助けられながら、次第に周一郎とも打ち解けていく。 所属したTRPG同好会のメンバーも個性的で、少し尻込みしつつもそれなりに楽しい時間を過ごす和明。クラスメイトには、浩司と同じチームに属している辰史もいて、浩司ファンの二人は推し語りで盛り上がる。 癖のある面々に囲まれながらも、ルームメイトの智洋といるときに感じるものが、ほかの友人とは異なることに徐々に気付いていく和明。 そして智洋も自分に特別な感情を覚えているのだと知り、二人は恋人同士になった。 一大イベントである体育会が終わり、体に負担になるからと自分で慣らすだけに留めていた和明だったが、ついに智洋と体を繋いだ。二人の仲は深まったと思っていたのだが、急に智洋の言動がおかしくなる。智洋のクラスメイトが妙に引っ付きまわっていることに嫉妬する和明だったが、ある日呼び出された場所で智洋とそのクラスメイトのキスシーンを目撃する。その場で糾弾する和明に、しどろもどろの智洋。絶対に別れたくないと言い張る智洋と、別れないならどうにか話し合いで解決しようとする和明だったが、追い詰めてようやく智洋から真相を聞き出すことに成功する。智洋は和明を守るためにやっていたことだが、それは相手の思うつぼで和明を悲しませることになっていたと知り、智洋は反省する。わずかなシコリは残ったが、和明は智洋を信頼することに決め、もう隠し事はしないと約束させたのだった。 【web初出2012年】テーマ[お題フリー]

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む

  • 消せない罪

    暗めのお話です

    300

    0


    2021年9月21日更新

    女子軟式野球部に所属している時田。 時田の打球によって右目を失明したアカリ。 罪悪感に押し潰されそうになる時田は贖罪を望み、 アカリは時田に責任はないとして過度な干渉を拒む。 すれ違い続ける関係は、やがてふたりの間に傷を刻み始めた。

    読了目安時間:2時間16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    新章スタート! 舞台は帝国へ!

    119,200

    465


    2021年9月17日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマが王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わり、任務や休日の時間を共にしながら互いのことを知っていくジオたち。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる————

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間21分

    この作品を読む

  • 江浦草子

    目標、大日本帝国による世界征服!

    400

    0


    2021年9月21日更新

    皇紀2701年、遂に地球は世界政府を樹立した。通称「地久共栄圏」と称されるその国際機関は、大日本帝国の勝利によって立ち上がった「大東亜共栄圏」を母体としており、それは言うなれば、大日本帝国の世界征服といっても、まず過言では無かった。 ある男が28世紀の号砲を告げる。彼は大日本帝国内閣総理大臣であり、つまりはこの地球上で天皇の次に尊い立場の人物であった。権威ではなく権力だけで考えるならば、世界一重要な人物、といってもまず過言では無い。彼は曾祖父、垣屋孝三よりの基盤を脈々と受け継いだ貴公子であり、言うなれば生まれながらの勝ち組と言っても、まず過言では無かった。 彼には、三人の妹がいた。保波、菊理、崇華の三人である。彼女等は佳く兄を支え、また兄も彼女等を慈しむことを忘れなかった。 そう、なぜなら、その三人の妹の前世とは……。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む