文芸/純文学 短編 完結済

教師だけど相談とかマジ勘弁。

作者からの一言コメント

教師だけど相談とかマジ勘弁。

俺は生徒の相談に乗るのが苦手だ。 なのに今日もマッチョな男子生徒が相談に来てしまった。もう、マジ勘弁。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 教師だけど相談とかマジ勘弁。
作者名 宜野座
ジャンル 文芸/純文学
タグ 短編 コメディー 日常 ギャグ マッチョ 学校 教師 現代 マジ勘弁
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月18日 12時30分
最終投稿日 2020年3月18日 20時03分
文字数 6,124文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 「自分は不器用だ」と思っている人へ。

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・完結済・24話・31,989字 seokunchi

    2020年11月14日更新

    地味で真面目な木下藤吉郎。控えめながらしっかり者の沢村恭子。ささやかな幸せを願う気持ちで結ばれた二人に訪れる悲劇。病魔にむしばまれながらも夫の死を乗り越えて恭子がたどり着いた境地とは。小手先で恋愛などできない不器用なあなたにこの小説を送ります。

  • 第2作、人間への感心と悪口です。

    ♡400

    〇0

    文芸/純文学・連載中・13話・52,174字 しらす

    2020年11月27日更新

    色んな人間をみてきたけど、やっぱりあの人のもとに戻りたいよなー。俺?俺は名のないカラス。毎日ごみを漁ったりその辺をうろうろ歩いてたり飛んでたりするだけだと思うでしょう?結構皆さんのこと見てるのよ。人間のいいとこも、悪いとこもね。 俺は、公園が結構好きでさ、餌となる木の実も豊富だし、なんたって多くの人間が公園に好んで来るのさ。人間観察にもうってつけの場所ってわけ。時にはなんだか困った様子の人も見るんだ。それを見るたびに俺のかつての飼い主を思い出すよ。だから興味を持って近づいてしまうのさ。