大江戸あやかし絵巻 ~一寸先は黄泉の国~

少年と浪人②

 その化け物は天狗とも鬼だとも言われているが、人を襲ったり食らったりすることはない。人に直接、手を下すことはないのだ。ただ、真夜中の神社や通りに現れては、通行人に不気味な予言を行うのである。 「今年、浅草で人が大勢死ぬ」「もうすぐ、神田で大火事が起こる」という具合に、地の底から湧いたような声音で。その際、化け物の姿は闇に紛れて、ほとんど見えないという。それなのに、天狗だ、鬼だ、というのだから、いい加減な話である。  実は、この化け物は現代では、「予言獣(よげんじゅう)」と呼ばれている。文献によると、幕末の頃、時折り現れては、豊凶や災い、疫病に関する予言を行っていたという。最も有名な予言獣は、おそらく「(くだん)」だろう。 「予言獣」は現代の都市伝説のようなものだが、メディアの発達していない時代に、この手の話が広く信じられていた。  さて、希之介によると、源八と一緒に追っていた男は他でもない。化け物の「日本橋で火事が起こって、人が三人死ぬ」という言葉を聞いた男だった。その予言は見事的中し、蕎麦屋(そばや)で火事が起こり、夫婦と子供一人が亡くなった。 「ああ、それなら知ってるよ。親父が消し止めた火事だ」  希之介の話を聞いていたトクが、唐突に口を挟んだ。トクの父親,源右衛門は、火消(ひけし)なのだ。もちろん、今の消防士のことである。 「その焼け跡に、あの野郎は入り込んでいやがった。金目の物でも探してやがったのさ。化け物の言葉を聞いただけでも怪しいのに、今度は火事場泥棒の真似事。ひょっとして、こいつが下手人(げしゅにん)じゃねぇか、というのが源八親分の見立てだ」  ああ、だから、あんなに必死に追いかけて行ったのか、とサブは納得した。けれど、すぐに小首をかしげて、 「けどさ、蕎麦屋一家を焼き殺すために、わざわざ化け物の言葉を聞いたなんて嘘をつくかなぁ? それって、全然まともじゃないね」 「いや、殺しも火事も全部ひっくるめて、化け物のせいにしちまえって了見だろう」と、希之介。「それで怪しまれたわけだから、何やってんだって話だがな」 「妙なことを考える下手人だね」と、サブは笑う。  黙って聞いていたトクも笑いながら、 「確かに、妙な顔つきをしていたなぁ」と、浅草紙を掲げた。  そこに描かれていたのは、さっきの男の似顔絵だった。 「おっ、こりゃうめぇな。下手人野郎に瓜二つじゃねぇか」と、希之介が手を叩く。  こうなると、サブも負けてはいられない。眼を閉じて、さっきの男を脳裏に浮かべると、さらさらと一気に描き上げた。 「サブもうめぇな。いかつい顔に、たくましい身体つきが、まるで生き写しだぜ」そう言って、希之介は満面の笑顔を浮かべた。「そうだ。二人とも、絵をもらっても構わねぇか?」  もちろん、二人に異存はない。  ちょうどそこに、源八が悪態を突きながら戻ってきた。どうやら、下手人をとり逃したらしい。希之介は駆け寄り源八の労をねぎらうが、逆に「この役立たずめ」と怒鳴られてしまう。  下手人の追跡を途中で脱落した件だろう。希之介と源八の間には因縁があるらしい。何か弱みでも握られているのか、希之介は以前から源八の言いなりである。今も頭を下げて、詫びている。そんなにへりくだらなくていいのに、とサブは眉をひそめた。  希之介はサブとトクの描いた絵を見せて、源八に何事か説明をしていた。二人の絵を使って、下手人を捜し出そうというのだろう。  今でいう、似顔絵捜査である。防犯カメラの画像ではわからない具体的な特徴をとらえているため、どれだけハイテクが進んでも似顔絵捜査は有効である。  それは昔、「人相書(にんそうがき)」と呼ばれており、専門家によると、寛保2年〔1742〕に整備されたものらしい。ただ、江戸時代の「人相書」は似顔絵ではなく、顔つきや身なりの特徴の箇条書きにしたものだった。「人相書」に絵が盛り込まれるのは、明治時代になってからである。  この時、文化5年〔1808〕。したがって、サブとトクの描いた似顔絵は、「人相書」の先駆けだといえるだろう。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 身分に抗う青少年たちの物語

    ♡8,800

    〇430

    異世界ファンタジー・連載中・32話・91,061字 紫さん。

    2021年3月4日更新

    その世界の青少年たちは身分制度に苦しんでいた。 大人教という宗教の教えにより、上級者と下級身分者に別けられ 差別し合っていた。 そこへ異世界からアラサー主婦が転移してくる。 そして救世主(オタク)カウンセラーとして 時間跳躍の過去改変を駆使して 子どもたちを教え導き、鍛えていった。 子どもたちは変わっていく。 自分の価値に気がつき、差別に抗い、 自分で考え感じるままに行動していく。 そして、自分たちの国を作ることを決意し、 ついに大人に対して独立を宣言する! 打倒!大人絶対主義!! 大人の理不尽に異世界の青少年が斬れる! 夫婦カウンセラーであるメンタリスト(自称)の主婦が 自己啓発セミナーで学んできたことを使って ママとして青少年をサポートしていく物語である! ◆作者より 多くの応援ポイント&ノベラポイント、ビビッとに心から感謝しています! 本当にありがとう! 作品が楽しいエンターテインメントになり、 感動するような執筆を心がけております! 応援よろしくお願いします♪ ◆応募 挿絵を描いてくださる絵師さんを募集しております。 正当な報酬と信頼をお約束いたします。 ご連絡ください。

  • 私は必ず、みんなを幸せにしてみせる。

    ♡319,600

    〇720

    異世界ファンタジー・連載中・89話・330,618字 桜乱捕り

    2021年3月3日更新

    生涯を共にすると決めた彼が二度死んでから、八十年もの月日が流れた。 彼を生き返らせる為に“迫害の地”へ逃げ込み、新薬、新たな魔法の開発をがむしゃらにし続けるも上手くいかず、全てに行き詰っていく。 喜怒哀楽の感情を無くし、薬の副作用で二十四歳の若さを保ったまま、八十年もの時を消費した魔女『アカシック・ファーストレディ』 そのアカシックは、要の薬草が切れたので採取をしに行くと、針葉樹林地帯で捨てられていた人間の赤ん坊と出会う。 二つ目の罪悪感を背負いたくないが為に捨て子を拾い、淡々とぶっきらぼうに育てていく魔女のアカシック。 そして捨て子を育てていく内に、不本意ながらも寄り添える者達が増え始め、独りだったアカシックの心境が徐々に変わっていく。 時には捨て子に励まされ。時にはウェアウルフに論され。時には黒龍に激励され。遠回りな道のりで新たな事を学び、忘れていた過去を思い出し、闇に堕ちていた心が少しずつ浄化され、失った感情を取り戻していく物語。 ぶっきらぼうで不器用な一人の魔女と、拾われた捨て子の一生の一部を。 毎週、水・土曜日に更新中。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る