大江戸あやかし絵巻 ~一寸先は黄泉の国~

見世物小屋①

 近くの神社に見世物小屋が来ているという。その上、河童を見られると聞いて、サブはいてもたってもいられなかった。河童の姿を二つの眼に、どうしても焼き付けたかったのだ。 「父ちゃん、河童だよ。その小屋に、本物の河童がいるんだよ」  と、父親にまとわりつく。のんびり屋のサブには珍しく、ひどく興奮していた。  しかし、家の中では依然として子ども扱い。父,吉右衛門は首を縦に振らない。 「サブ、一人で行くなんざ、もってのほかだ。大人と一緒になければ、絶対に認めねぇ。大事な息子が神隠しにあったらどうする」  吉右衛門は日本橋で京紺屋〔染物屋〕を営んであり、日本橋では遣り手の商売人として知られていた。それは危ない橋は決して渡らない堅実経営によるものであるが、慎重の上にも慎重というより、実際には病的な神経質なのかもしれない。もっとも、裏を返せば、息子のサブに深い愛情を注いでいると言えるのだが。  サブは頭を絞った。大人といっても店の者は皆、仕事に忙殺されており、付き添いをしてくれなど、とても頼めない。とっさに、脳裏に浮かんだのは、浪人の顔だった。 「マレさんと一緒ならいいでしょう。今すぐ頼んでくるからさ」  そう言うと、父の返事を待たずに飛び出した。  希之介は近所の長屋住まいである。一応、剣の腕が立つので、取り立て人や用心棒として吉右衛門が雇っているが、半分は社会奉仕、弱者救済というところだろう。腰に差しているのは竹光であるというのが、もっぱらの噂だ。  何はともあれ、サブは希之介の元に駆けこむと、彼の想いを一気にまくしたてた。 「サブ、もうわかったから、そうわめかないでくれ。ここは壁が薄いんだ」 「じゃ、マレさん、一緒に行ってくれるのかい。今すぐ行ってくれるかい」  サブは何かに夢中になった時には、他のものが目に入らない。ただ、一心不乱にそれを追い求めるのだ。相手の都合などおかまいなしに。 「何が何でも、絶対に見たいんだよ」  希之介は小さく溜め息をつくと、 「しようがねぇなぁ」と腰を上げた。  こうして、二人は昼日中から、見世物小屋へと出かけることに相成(あいな)ったのだ。  木々が鬱蒼(うっそう)と生い茂って、ただでさえ薄暗い神社の境内だったが、その片隅に立つ小汚い小屋の周辺は暗くて、どんよりと空気が澱んでいるようだった。  サブは背筋が寒くなって、無意識のうちに立ち止まっていた。もし、小屋の前に十数人ほどの人が並んでいなければ、回れ右をして帰っていたかもしれない。 「どうした、サブ。まさか、怖気(おじけ)ついたか?」 「へん、まさか、何か妙な感じがしただけだ」 「そうか。サブも感じるか」と、希之介がニヤリと笑う。「だがな、本当にやばいものはこんなもんじゃねぇぞ。真っ暗な穴がドロンとそこにあって、人の魂を吸い込んじまう。ガキなんざ一飲みにしちまうかもな」 「……マレさん、見たことあるの? 怖かった?」 「おら、いくぜ。サブは河童が見たいんだろう?」  小屋の脇に立てられた看板には、不気味な河童が描かれていた。毒々しい色使いで雰囲気を盛り上げようとしたのだろうが、それは改めてサブの好奇心を刺激した。  サブが怖気ついたのは、小屋をとりまく嫌な空気であり、いわば負のオーラである。しかし、それよりも河童に対する好奇心が勝っていたようだ。  サブは希之介の腕を引いて、順番待ちの行列の最後尾に並ぶのだった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法もスキルも無い世界の真面目っ子奮闘記

    ♡2,400

    〇120

    異世界ファンタジー・連載中・47話・177,067字 花時雨

    2021年2月27日更新

    むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、小さな山村で起きるありきたりかもしれない小さな事件。 だが当人たちにとっては生死にも関わる重大なその事件の前後で、王族の連枝の末の王子ユーキと村長の養子ケンが試練に立ち向かう物語。 他領からの養子である自分を優しく受け入れてくれた村を愛して止まないケン。 幼い日に出会った少女の思い出を胸に、国民の幸せを信条として励むユーキ。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 それぞれに困難に向き合う二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔物はほんの少し出て来ますが、人間がその領分を侵さない限りは手を出して来ません。 魔法っぽいものは魔物にしか使えませんので、人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 闘争や人が死ぬ描写がありますのでご注意ください。 恋愛部分は甘っチョロいです。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 「小説家になろう」に先行連載しているものに若干の加筆修正をしています。

  • 悪夢になろうとも、ただ君を守りたかった。

    ♡14,800

    〇10

    現代/その他ファンタジー・連載中・11話・33,199字 ぷりん頭

    2021年2月28日更新

    サントリナ王国とディアスキア王国で、資源をめぐる戦争真っ只中の世界。 高度な技術力を持つ、ディアスキア軍の機械兵士に押されつつあったサントリナ王国は、機械兵士に対抗する軍隊とは別の戦力【独立戦闘騎士団】を設立し、また騎士育成のための【王立騎士養成学校】を設立。 圧倒的な力で機械兵士をねじ伏せる力をもつ【独立戦闘騎士団】はディアスキア王国に悪夢を齎したことで【ナイトメア】と呼ばれるようになった。 こうして優勢となったサントリナ王国だが、本来の計画はまだ終わりを迎えていない。叡智の計画、【H計画】は始まったばかりなのだ。 王立騎士養成学校に通う、天才とよばれる青年レカム・スターチスもまた騎士を目指す、戦闘部隊の【騎士見習い】だった。 相棒のライラック・アイリスの発言でひょんなことから、指揮統括部隊の自称天才美女シオン・アングと出会う。 この出会いが、彼の運命を大きく変えていくことになる。 例えそれが仕組まれていた出会いだったとしても、君を忘れることはできない。 君の戦略的大勝利だ、俺は2度と、君には勝てない。 愛と悲しみの、儚く切ないふたりの物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る