異世界ファンタジー 長編 完結済

シルク、深淵の探求者(シルクシリーズ第一幕)

作者からの一言コメント

一風変わった異世界ファンタジーになります

読了目安時間:2時間28分

竜族、蜴族、鳥族。 三つの種族が住まうのは、地上より遙か地下。地上での生存はできなくなり、三つの種族は十の階層に分かたれた空間で過ごしていた。 竜族は神とも崇められるほどの絶対的存在、蜴族はそれを崇め、対して鳥族はどの種族よりも卑しいとされる血族。 しかし、この三種族のどれにも当てはまらない者、竜と鳥の混血となる者がいた。 彼は亡き友の想いを継ぎ、地上へ、空へと飛び立つことを決意する。 彼の名は、シルク。 -- 宗教色強めの作品になります。既存作品とはかなり毛色の異なるものではありますが、よかったらどうぞ。 第二幕: https://novelup.plus/story/873563933

前へ

次へ

  • 創世記 第二十二章第十一節 / 邪竜は告げた。「全ての者に死は訪れる。神なる竜もまた同じ」
  • 投稿日2021/6/3 20:00 文字数799文字

  • 心鱗記 第十四章第十五節 / 竜の道とは、竜と共にいることで初めてなし得るものである。例えあなたがた蜴が、どのように我々を嫌っていようとも。
  • 投稿日2021/6/3 20:00 文字数6,104文字

  • 投稿日2021/6/3 20:00 文字数2,908文字

  • 投稿日2021/6/3 20:00 文字数1,202文字

  • 心鱗記 第十四章第三十二節  / 探求者は告げた。 「おおなんと竜の深遠なることか! 蜴の身にその叡智は宿り難く、なんとこの身の疎ましいことか!」
  • 投稿日2021/6/4 20:00 文字数4,700文字

  • 投稿日2021/6/5 20:00 文字数8,774文字

  • 投稿日2021/6/6 20:00 文字数1,615文字

  • 叛逆記 第二章第十七節 / ロコ・アルス・ルベイスは蜴のアコーギに言った。「これは全てお前を守るためなのだ」アコーギはそれを聞いて、頭を垂れた。 「アルス・ロコ様の仰るとおりにいたします」
  • 投稿日2021/6/7 20:00 文字数5,019文字

  • 投稿日2021/6/8 20:00 文字数7,099文字

  • 投稿日2021/6/9 20:00 文字数7,256文字

  • 投稿日2021/6/10 20:00 文字数4,476文字

  • 投稿日2021/6/11 20:00 文字数814文字

  • 心鱗記 第二十一章第二十九節  / 竜の僕の蜴たちは告げた。 「その姿はお前たちの罪。その烙印は、捺されたなら二度と取り払うことはできぬ。神なる竜が目覚めし時に、光なき業火に永遠に焼かれることとなる」
  • 投稿日2021/6/12 20:00 文字数4,740文字

  • 投稿日2021/6/14 20:00 文字数3,112文字

  • 投稿日2021/6/15 20:00 文字数6,201文字

  • 投稿日2021/6/16 20:00 文字数6,362文字

  • 投稿日2021/6/17 20:00 文字数2,361文字

  • 創世記 第一章第一節  / はじめに、神なる竜は天地を創造された。その鱗を取って大地とし、深淵の闇はその鱗を覆った。そこで神なる竜は言われた。「光あれ」そして地上のアゾートは輝いた。
  • 投稿日2021/6/18 20:00 文字数505文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 シルク、深淵の探求者(シルクシリーズ第一幕)
作者名 成琉静 悉犲(サークル 惑星荒房)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界 言語 ファンタジー 宗教 創作言語 聖書 ベレシート シリアス 人外 ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年6月3日 20時00分
最終投稿日 2021年6月18日 20時00分
完結日 2021年6月18日 20時54分
文字数 74,047文字
読了目安時間 2時間28分
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,000pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世界征服はお茶会とともに

    もし異世界に秘密基地があったら……

    600

    0


    2021年7月30日更新

    小さい頃、わたしは魔王になりたかった。 そして、そして世界を征服するのがわたしの将来の夢だった…… 小さな片田舎に引っ越してきた少女は、名をレナといった。 サファイアのような澄んだ瞳に映るもの全てが輝いて見えた。 そんな彼女の小さな世界に飛び込んできたのは、風車小屋の壁に開いた小さな抜け穴。 そこから続く森の中を進むと、木陰に隠れた古ぼけたドーム型のレンガ小屋があった。 その中にいたのは、魔王を名乗る小さな少年だった。 辺境の片田舎を舞台に、たった「ふたり」から始める「世界征服」の結末とは?

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 水底のうた ~ヤンデレ勇者に追放された回復術士、世界中のホモにけつを狙われるけど今更ノンケだと言われてももう遅い。誰か助けて~

    下ネタ渦巻くサスペンスファンタジー

    13,800

    0


    2021年7月30日更新

    ※このお話の主人公は世界平和を実現する目的のために暴力を一切使いません。チビッ子にも安心して読ませられる物語です。是非お子さんにも読み聞かせしてあげてください。(その結果何が起きても責任は負いかねます) 幼馴染グループの勇者一行のメンバーの一人、グリムナは平和を愛する性格で、魔物や悪人を片っ端から殺す勇者に疑問を持っていた。 そんなある日、人の言葉を解し、平和を愛するゴブリン『ネクロゴブリコン』と会って愛と平和をもたらす技、『魔法のキス』を授けられる。グリムナはそれを乱発して圧政を敷く代官を成敗する。 しかしある日、ホモ疑惑をかけられてツンデレ勇者にパーティーを追放されてしまう。 だがこれで終わりではない。ここからまさに! 決して心の折れることのないグリムナの戦いが始まるのだ。たとえ世界中のホモに貞操を狙われようとも、砂漠の真ん中でケツの穴から汚水を飲むことになろうとも、グリムナは決して平和をあきらめない! 正しいのは勇者なのか、それともグリムナか。 世界に平和をもたらすのは暴力なのか、それとも愛なのか。 戦え! グリムナ! 平和な世界はキミの粘膜のその先に!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:36時間15分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る