詩/短歌 短編集 連載中

ヤマアラシのジレンマ

作者からの一言コメント

素直になり切れないけどホントはね

別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 ヤマアラシのジレンマ
作者名 真朱マロ
ジャンル 詩/短歌
タグ 詩集
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月12日 18時39分
最終投稿日 2021年2月25日 16時00分
完結日 -
文字数 63,400文字
ブックマーク登録 11件
コメント 127件
スタンプ 221件
ビビッと 29件
応援ポイント 70,646pt
ノベラポイント 206pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 『特殊な部隊』の誕生の物語

    ♡5,100

    〇0

    SF・完結済・69話・120,571字 橋本 直

    2021年2月25日更新

    青年は出会いを通じて真の『男』へと成長する 『特殊な部隊』への配属を運命づけられた青年の驚きと葛藤の物語 登場人物 気弱で胃弱で大柄左利きの主人公 愛銃:グロックG44 見た目と年齢が一致しない『ずるい大人の代表』の隊長 愛銃:VZ52 『偉大なる中佐殿』と呼ばれるかっこかわいい『体育会系無敵幼女』 愛銃:PSMピストル 明らかに主人公を『支配』しようとする邪悪な『女王様』な女サイボーグ 愛銃:スプリングフィールドXDM40 『パチンコ依存症』な美しい小隊長 愛銃:アストラM903【モーゼルM712のスペイン製コピー】 でかい糸目の『女芸人』の艦長 愛銃:H&K P7M13 『伝説の馬鹿なヤンキー』の整備班長 愛する武器:釘バット 理系脳の多趣味で気弱な若者が、どう考えても罠としか思えない課程を経てパイロットをさせられた。 そんな彼の配属されたのは司法局と呼ばれる武装警察風味の『特殊な部隊』だった しかも、そこにこれまで配属になった5人の先輩はすべて一週間で尻尾を撒いて逃げ帰ったという そんな『濃い』部隊で主人公は生き延びることができるか? SFドタバタコメディーアクション

  • チョコレート・恐怖・告白の甘酸っぱい話

    ♡12,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・3,849字 時雨オオカミ

    2021年2月14日更新

    ――うちのクラスには、バレンタインでも決してチョコレートを受け取らない孤高の男子がいる。 そんな男の子に告白するため、ドギマギしながらとあるものをプレゼントすることにした女の子のお話。 嫌われるかもしれない……! そんな不安と恐怖を抱えつつ、頑張った彼女が迎える意外な結末とは!?

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 短めの詩をたくさん投稿していきます。

    ♡0

    〇0

    詩/短歌・連載中・2話・901字 八神ん

    2021年2月25日更新

    過去に作った詩から新しく作る詩までたくさん投稿していきたいと思います。

  • 明る・鬱・切な・恋等何でも有で一日一更新

    ♡41,300

    〇100

    詩/短歌・連載中・239話・37,972字 有村秋風

    2021年2月25日更新

    一日一個の詩を書いてみることに挑戦したもの。書きたいように書きなぐっているのでテーマはバラバラです。 三行くらいのとても短いものばかりなので日めくりカレンダーみたいなものだと思ってください。放っておいても勝手に生えてくるイメージで「茸」とつけてます。浮かんだものを書きなぐりながら、自分の技術の向上を目指しています。 検索かけたら他にも同じことしている方がいらっしゃるようなので何番煎じかは分かりませんが。

    タグ:

    短詩