詩/短歌 短編集 連載中

ヤマアラシのジレンマ

作者からの一言コメント

素直になり切れないけどホントはね

読了目安時間:3時間37分

別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ヤマアラシのジレンマ
作者名 真朱マロ
ジャンル 詩/短歌
タグ 詩集
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月12日 18時39分
最終投稿日 2021年9月22日 16時00分
完結日 -
文字数 108,626文字
読了目安時間 3時間37分
ブックマーク登録 22件
コメント 215件
スタンプ 480件
ビビッと 165件
応援ポイント 218,427pt
ノベラポイント 1,081pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法少女になりたかったのに!

    魔法少女に憧れる少女のドタバタコメディー

    287,100

    700


    2021年9月22日更新

    「あんさんに、助けてほしいんや」 関西弁を話す奇妙な黒猫と出会った、魔法少女オタクJCの西村千秋。 そんな黒猫と契約した千秋が身を投じたのは、魔法少女になって敵と戦う運命――になるとばかり思っていたのに、実は悪の組織の一員になっていた!? 契約を破棄しようとする千秋。 だけど 「悪の組織を抜けたら、魔法少女オタクなことを周りにバラすで」 なんて脅されて、大好きな魔法少女の敵として戦う羽目に。 しかも悪の組織はブラック企業も真っ青になるくらいの労働環境。 果たして、悪の組織が魔法少女に勝てる日は来るのか? そして千秋は大好きな魔法少女を愛する日々に戻ることはできるのか!? 【表紙は大江戸ハマチ様(@Hamachi_Oedo)に描いていただきました。ありがとうございます。】

    読了目安時間:5時間7分

    この作品を読む

  • 緋の魔術師の大いなる探求 ~wisdom・crusade~

    これは、魔術と叡智を巡る群像劇。

    66,250

    748


    2021年9月21日更新

    この世界には魔術が存在する。それは遥か昔、人間の手によって発見された世界の秘密にして奇跡。 魔術とは、人間という存在を格段に飛躍させ、これまでの生物としての枠から逸脱した「完全な生命体」にすべく人類を導くもの。 そして、魔術の最高到達点。人類が完全な存在となることを幾千年もの間阻み続ける、神域の魔術にして最後の門番。 人類はそれを、「叡智」と呼んだ。 世界を震撼させた第三次魔術大戦から1年がたち、世界に平穏が戻り始めた頃、未だに深く戦争の爪痕残るラディスラヴィア連邦国へ若き軍人ユート・サングレイスは極秘任務の遂行の為に降り立った。派遣目的はとある女性、シルヴィア・ベアトリクスをユートの母国であるモルトリピア帝国に護送することだった。一見するとただの護送任務であるため、こんな任務を極秘任務と呼ぶことを大袈裟に感じるユートだが、彼女と出会うことにより二人は世界全体を巻き込む程のかつてない、騒乱の渦へとその身を投じていく…相反する二人の「叡智」を巡る魔術戦闘群像劇、開幕。 * * * * * 初投稿です。どうか優しい目で見てやってください。8割シリアス、2割コメディーでやっていきます。更新は不定期になりそうですが、末永くよろしくお願いいたします。コメント・スタンプ等じゃんじゃん下さい、私が続きを書く原動力になります。レビューなんかも下さい、私がハイになります。 ※小説家になろう様、アルファポリス様、カクヨム様でも同作品連載中です。 twitter @pa_puri_Menow86 * * * * * 2021.5/13 ジャンル別ランキング日間1位、総合3位を戴きました! 本当にありがとうございます!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間56分

    この作品を読む