詩/短歌 短編 完結済

2021年はなぞの店

作者からの一言コメント

最近は懸賞おじさんになってる独我です

読了目安時間:1分以内

一応性的表現有りにしておきました 怒られたら削除します

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 2021年はなぞの店
作者名 独我
ジャンル 詩/短歌
タグ 今年の抱負俳句フェア
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年1月1日 4時39分
最終投稿日 2021年1月1日 4時43分
完結日 2021年1月1日 4時34分
文字数 28文字
読了目安時間 1分以内
ブックマーク登録 8件
コメント 4件
スタンプ 13件
ビビッと 1件
応援ポイント 8,800pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    69,610

    489


    2021年7月25日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

  • ここではない、どこかへ

    たった一人、世界に取り残されて。

    87,800

    1,200


    2021年7月20日更新

    虐げられることに慣れた子供に、初めて手を差し伸べてくれたのは、謎の黒装束の男。彼とその仲間に出会ったことで、彼女の運命は大きく歪んでいく——。 かつて、人間と精霊たちの間で、世界を滅ぼすほどの凄惨な大戦が繰り広げられ、平和と秩序を取り戻すために三分された世界。 その世界のとある街の酒場に、現れた美しい銀の髪の若者。その街で薬師として働く男は、何の気なしにその若者に声をかけたことから、その若者の秘密を知ることになる。 種族も性別も曖昧なその若者の苛酷な過去と、彼女を守るように寄り添う大きな黒い獣。 さまざまな思惑が入り混じり、しがらみの多い世界で、彼らはそれでもそれを切り開く旅に出る。 +++++++++ 厄介な事件に巻き込まれた(むしろ飛び込んだ)性別不詳(未確定)無自覚天然な主人公と、彼女を見守る青年やおっさんたちとの恋模様と冒険の物語です。 カクヨムに掲載している同タイトルの作品の改稿版となり、展開と結末が一部大きく異なります。 美しいディルと凛々しい黒狼の表紙絵はMACK様(https://twitter.com/cyocorune)からいただきました。ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間24分

    この作品を読む