連載中 短編集

ひとくちセリフ劇場

作者からの一言コメント

「セリフだけ?」「しかも140字」

【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ひとくちセリフ劇場
作者名 中村尚裕
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ セリフ 会話劇 140字
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年6月5日 20時00分
最終投稿日 2020年7月13日 20時00分
文字数 52,210文字
ブックマーク登録 129件
コメント/スタンプ 2,820件
応援ポイント 593,105pt
ノベラポイント 980pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 本格異世界歴史ファンタジー

    ♡224,501

    〇16,412

    異世界ファンタジー・連載中・141話 怪じーん

    2020年7月13日更新

    運命に翻弄され【泣き虫の雛姫】と称された、か弱き少女コウカ姫の成長と生涯を描く──。 大陸中央に覇権を握る大国【崇香(すうこう)国】。 その国の姫だったコウカは、若き丞相イ・グルテに全てを奪われ国を追われてしまう。 逃亡中、グルテの策に危機に陥るも、盗賊を自称する集団【臥龍空団(がりゅうくうだん)】に助けられる。 【臥龍空団】で生活するうちに、国王である父親が優しさ故に国民を苦しめていた事を知ってしまいコウカは自分の進む道を一度は見失ってしまう。 しかし、【臥龍空団】首領でもある、ロンの導きにより立ち直り、不完全であるが自分の理想とする国の在り方を【古龍伝承記】から見つけるのだった。 ロンが教えてくれた古の龍の力を求め旅立つコウカ。 宿敵グルテと対峙するが彼の真意を知ったコウカは、お互いの信じる道を進むと決め、次に会う時は戦場でと袂をわかつのだった。 真の理想の国を求め、剣を手に取ったコウカ。 国を裏切り、大恩あるコウカの父を討ってまで、覇道を突き進むグルテ。 二人が戦場で対峙する、その時──天は哭(な)く。 大陸全土に渡るスペクタクルな本格歴史ファンタジー、ここに開演。

  • 一人?違うな、俺達が妖魔師だ。

    ♡13,800

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・16話 ぷりん頭

    2020年7月13日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 声優とキャラの関係的な何かです。

    ♡41,700

    〇1,005

    童話/絵本/その他・連載中・258話 空へ堕ちたい

    2020年7月14日更新

    自分は作家だ。いや間違えた。大人気作家だ。出す作品はヒットを飛ばし、映像化は既に前提化してるといっていい。そんな自分だが、悩みは尽きない。キャラの声優なんてその最たる例だといっていい。なにせ最近は色々な……本当に色々な事情を加味されて声優が決められる事がある。声優ビジネスも大きくなったから、キャラと声優の逆転現象がなんかが起きてる。それが自分的には……自分は理想の声優を追い求めてる。ただそれが願いなんだ。 私は声優だ。いや間違えた。売れてない声優だ。けど実力はあると勝手に思ってる。私は色んな声を出せる。声優という職業に恥じなく声を操れる。けど時代が悪いのか、私には仕事がない。けど私はしがみついてる。だって私は……声優と誰かに呼ばれたいからだ。

  • 強烈な理系キャラのクリオネさんの日常です

    ♡395,110

    〇850

    童話/絵本/その他・連載中・125話 クリオネ

    2020年7月14日更新

    超越したど迫力キャラの社会人技術者クリオネが繰り広げる世の流れを読んで真逆にギャグを飛ばす四コマ漫画です。現実の世界をx座標とするとこの漫画は虚数空間の方向(yi)を向いている場合が多く、話題のベクトルが複素数(z=x+yi)になっていると思います。理系ギャグが多いですが、他人がどう思うかなんて考えていないので、説明なんかしません。読みたい奴だけ読んでください! あ!気に入っていただけたらTwitterで宣伝していただけると幸いです。絵は漫画ソフトコミPoを使用しております。コミPoの正式ユーザーですので絵を掲載することができます。 『クリオネ。百式!出る!』