詩/短歌 短編集 連載中

歌詞集・太陽と龍の追憶

作者からの一言コメント

心と景色とうつろいを歌詞にして届けたい

昔、バンドをやっていた頃に書いた歌詞や 今でも思いつくまま歌詞というカタチで表現した作品を こちらでも公開いたします 歌ってくれる人、使ってくれる人は いつでも募集中です

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 歌詞集・太陽と龍の追憶
作者名 ダイナマイト・キッド
ジャンル 詩/短歌
タグ 作詞 作詩 ポエム リリック 歌詞 青春 失恋 憂鬱
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月22日 22時47分
最終投稿日 2020年10月24日 20時01分
文字数 10,090文字
ブックマーク登録 4件
コメント 1件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 遠藤はイギリスでジャックに会った。

    ♡1,500

    〇0

    ホラー・完結済・1話・7,354字 らっく

    2019年10月11日更新

    写真ライターの遠藤は、休暇を取って、イギリスの田舎であるコッツウォルズのバイブリーへ旅行した。 この美しい街でジャックという男性に会った遠藤は、人に語るのが難しい奇妙な体験をした。 ハロウィンに、じわっと怖いホラーをお届け。

  • 友人が神になって暴走してるのでシバきます

    ♡208,400

    〇859

    現代/その他ファンタジー・連載中・51話・112,488字 Maw

    2020年10月31日更新

    ※第1章 鬼ごっこ編 完結 奇怪な能力を持つ同級生たち。 僕はそんな彼らの力を“特質”と呼んでいる。 この学校には何故かそういう生徒が一定数、存在する。 「なんで君たちは変な特質しか持ってないんだ」 『それが現実だよ。見栄え良くて強いとかいう都合の良い能力なんて空想の世界だけだと思う』 「で、お前の特質は何だ」 『僕は何時間でも水中で泳いでいられる』 つ、使えねぇ! そんな異質な能力を持つ学生たちが送る非日常な物語。 ______________________ 中学校のとき、友達が身内がそのまま登場する学園物ファンタジーみたいな話を作っていて、身内同士ではかなり面白かったので内容を覚えてるうちにここに書いていこうと思います。 かなりカオスな身内ネタです笑 学園物で変な能力バトル系(まともな能力もある)でギャグもありみたいな内容です。 身内が登場すると言いましたが、ここでは本名ではなく、架空の名前を使います。 興味のある方は読んでみてください。 ちょっと変な能力の一部を紹介。 オナラで空を飛んだり、自分のよだれを足の裏に塗って滑走したり、地面に埋まって巨大なブロッコリーを大量に生やして敵の動きを封じたりとまぁまぁカオスな能力が出てきます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 詩のような、詞のような

    ♡200

    〇0

    詩/短歌・連載中・4話・1,631字 椿花

    2020年10月31日更新

    詩のような、詞のようなものを書いていきたいです。 もし、曲にして頂ける方がいましたら、プロフィール欄からTwitterのDMまでご連絡ください。

    タグ:

  • 一日一個の詩を書いてみようという挑戦。

    ♡24,000

    〇100

    詩/短歌・連載中・122話・17,068字 有村秋風

    2020年10月31日更新

    一日一個の詩を書いてみることに挑戦したもの。書きたいように書きなぐっているのでテーマはバラバラです。 三行くらいのとても短いものばかりなので日めくりカレンダーみたいなものだと思ってください。放っておいても勝手に生えてくるイメージで「茸」とつけてます。浮かんだものを書きなぐりながら、自分の技術の向上を目指しています。 検索かけたら他にも同じことしている方がいらっしゃるようなので何番煎じかは分かりませんが。

    タグ:

    短詩