文芸/純文学 短編 完結済

はっちゃん。

作者からの一言コメント

芸術家が崩壊し、再生していくまでの記録。

読了目安時間:1時間35分

はっちゃん。の表紙

はっちゃん。 俺にとっては憧れで、理想で、全てを持っていた男だった。 ゲイバーで拓哉は高校時代の友人 三木 春光(はるみつ)と再会する。 懐かしさから再び交流を重ねる事になった拓哉だが 芸術家となった春光は高校時代とはうってかわって変貌していた。 二人は交流を重ねるごとにだんだんと共依存的な関係になっていく。 これは壊れた男 はっちゃんの記録だ。 BLです。軽度発達障害の生きづらさみたいなものもここで書いています。 表紙と作中の挿絵はYouTube等で活躍しているムシウニさん(@musiuni)に描いて頂きました

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 はっちゃん。
作者名 岸谷メルカ
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス ダーク 男主人公 現代日本 ノベプラオンリー R15 BL 発達障害 グレーゾーン
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年2月17日 19時21分
最終投稿日 2021年5月8日 22時18分
完結日 2021年2月28日 12時35分
文字数 47,414文字
読了目安時間 1時間35分
ブックマーク登録 16件
コメント 1件
スタンプ 42件
ビビッと 3件
応援ポイント 37,500pt
ノベラポイント 214pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • はるみ係

    記憶に潜む謎、足元を揺るがす真実

    9,545

    0


    2021年5月16日更新

    2023年3月、ある小学校で卒業式が執り行われた。そこで、一つの大きな問題が発生した。矢作ららという卒業生が暴れ始めたのである。エスカレートしたららの投げた椅子が、担任教師の女性に当たった。倒れた彼女。騒然とする体育館。ららは向かってくる母親に両腕を伸ばす。その時、立ち上がった女性の姿が。彼女は倒れていた椅子を掴むと、ららを殴り飛ばした。ららの担任だった女性の凶行に、体育館は悲鳴が鳴り響く始末となった。 次の日、橋本絵波(46歳)はなぜららを殴ってしまったのか悩んでいた。夫と息子と3人で幸せな家庭を築いてきたのに、このままでは教師としてのキャリアを失い、自分は破滅してしまう。それを回避するためには、殴ってしまった止むに止まれぬ理由を見つけ出し、それをららの両親に伝えて示談に持ち込むしかない。そう考えた絵波はまず、ららと過ごした1年、そして自らの半生を振り返るのだが……。 2021年5月8日より毎日20時頃更新、2021年6月26日完結予定。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • ゾンビ•セルフ•ダイアリー

    脳味噌正常ゾンビのゾンビサバイバル始動

    26,200

    1,420


    2021年5月17日更新

    ゾンビパニックなんていつ始まったのか。 ニュースも前兆も知らずに気付いたらなっていた駆け出しゾンビが朦朧とした意識で遮二無二病院の薬を手当たり次第飲んで警察に捕まらずに放浪していたら、一週間くらいで脳だけ正常の見かけ倒しゾンビになっていた。人につくかゾンビに媚びるか、大丈夫。ゾンビはまだそんなにいない。 ゆっくり考えればいい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 風の気まぐれ、天のいたずら―――あゝ美しきかな、七重宝樹よ―――空行あり・改訂版

    素敵美人な担任教師とダラダラお喋りする話

    5,500

    310


    2021年5月17日更新

    ▼あらすじ▼ 鍛冶職人の長男として生まれ、テレビも無ければ未だに黒電話という、 驚愕に値するほど時代錯誤な家庭に育った立花天松(りっかてんま)は、 全国屈指の進学校・私立聖開学園高等部に通う、成績は下の下、卒業すら 危うい三年生。 ある日、天松は祖父の使いで、依頼主の暮らす古い日本屋敷を訪れた。 そこで予期せぬ人物と邂逅し、突然、昔ばなしを語られる。 内容は、日本人ならば誰もが知るであろう桃太郎。 が、始まって直ぐに、物語は支離滅裂な展開へ。さらに聞き進むうち、 それは旧家・西園寺に古くから語り継がれてきた【妖鬼】に纏わる伝説と 知る。 伝説。故に不明な点が多く、聞けば聞くほどに胡散臭い。 しかし、そこへ正体不明な美女六人が顕われたことで、そうした眉唾な 伝説が、一気に信憑性を帯びるのだった。 紆余曲折。妖鬼の世界へ乗り込むことを余儀なくされた天松は、頼れる 仲間と共に【七重宝樹】の顕現を目指す、怪異譚、歴史ミステリ(?)、 SFにファンタジーまでも盛り込んだ、何ともジャンル不明な小説です。 ▼当作品について(※是非、ご一読ください)▼ 某出版社公募新人賞に、主題《風の気まぐれ、天のいたずら》を応募。 その一年後の舞台を《七重宝樹編》として連載開始。主題・本編を読まず ともお楽しみ頂けますよう、遅筆ながらも全力で執筆しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間53分

    この作品を読む

  • 15分で書く即興小説

    パパっと読めます

    4,750

    0


    2021年5月17日更新

    タイトルの通り15分で即興小説書いてます。 http://sokkyo-shosetsu.com/ こちらの即興小説トレーニングを使用しています。 設定は15分、必須要素は無しで書いてます。 できるだけ毎日書こうと思っています。 加筆した場合は【加筆】と付けます。 あちらのサイトには文章の最後に「ノベルアップあらん」と付けておきます。*二話目からになります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む