異世界ファンタジー 長編 連載中

白きネズミなクエスト・冒険談 オリジナルバージョン編

作者からの一言コメント

白ネズミて冒険者、漫画家少女を捜し締切に

締切が近づく猫耳の少女漫画家とアシストだが 先生が行方不明に・・それにいるのはどうやらゲーム世界 果たして 無事に探し出せるか? 以前書きました もののリメイクです という訳で・・・・さん達は出ません

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 白きネズミなクエスト・冒険談 オリジナルバージョン編
作者名 のの
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ アクション/バトル ほのぼの 男主人公 人外 西洋風 ノベプラオンリー ハッピーエンド 異能 HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月20日 13時34分
最終投稿日 2021年2月25日 12時55分
完結日 -
文字数 3,068文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 動物も、魔物も、人間も、みんな仲良し。

    ♡20,720

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・76話・295,200字 八百十三

    2021年2月27日更新

    炎神インゲ、水神シューラ、自然神カーンの三柱の神が見守り、人々と魔物に加護を与えて発展させている異世界・ルピアクロワ。 その世界に、地球で命を落としたごく普通の中学生・高村英助の魂が流れ着く。 自然神カーンの手によってヴァンド市の羊飼い、ダヴィド家に一人息子のエリクとして転生した英助は、特筆すべき能力も見出されることもなく、至極平穏な日々を過ごすはずだった。 しかし12歳のある日、ダヴィド家の家政婦である獣人族の少女・アグネスカと共に、ヴァンド市近郊の森に薪を拾いに行った時に、彼の人生は激変。 転生する時にカーンから授けられた加護の力で「使徒」の資格を有していたエリクは、次々と使徒としてのたぐいまれな能力を発揮するようになっていく。 動物や魔物と語らい、世界を俯瞰し、神の力を行使し。 そうしてラコルデール王国所属の使徒として定められたエリクと、彼に付き従う巫女となったアグネスカは、神も神獣も巻き込んで、壮大で平穏な日常を過ごしていくことになるのだった。 ●コンテスト・小説大賞選考結果記録 第1回ノベルアップ+小説大賞一次選考通過 ※一部ボーイズラブ要素のある話があります。 ※2020/6/9 あらすじを更新しました。 ※カクヨム様、小説家になろう様、アルファポリス様、エブリスタ様にも並行して投稿しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054886818732 https://ncode.syosetu.com/n1574ex/ https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/532276085 https://estar.jp/novels/25627726

  • 冒険者と、ごはんと温泉と、それから?

    ♡47,850

    〇398

    異世界ファンタジー・連載中・25話・91,385字 石川織羽

    2021年2月27日更新

    ダンジョン攻略により生計を立てている冒険者たちの間に、昔から一つの不思議な噂があった。 「ダンジョンの中に、宿屋があるらしい」 誰が言い出したかもわからない噂だったが、冒険者たちは誰も信じていなかった。その危険性から『あの世の入り口』などと揶揄されているダンジョンに、宿屋なんてあるわけが無いと。かく言う私もその一人だった。ダンジョンに宿屋なんてありえない。馬鹿げた噂だ。そう思っていた。 あの日、彼に救われるまでは――。 ※咲蘭様プラナリア企画『ダンジョンのお宿! 一泊二食お風呂付き(お題元・石井おちょこ様)』から拝借しました。 ※宿屋が登場するのは、5話以降です。お題としては15話で一旦完結です。 ※転生・転移無し。ゲームスキル・ステータス無し。剣と魔法、冒険者と階級制度はあります。ファンタジーです(確認)。