二次創作 短編集 連載中

とら🐯えもんのノベルアップ+イラストコンテスト応募作

作者からの一言コメント

そろそろこんなギャグスタンプも使いたい。

読了目安時間:1分以内

総エピソード数:4話

とら🐯えもんのノベルアップ+イラストコンテスト応募作の表紙

ノベプラの草不可避製造機こと私とら🐯えもんによる、 第2回ノベルアップ+イラストコンテストのスタンプ応募作品です。 ちょっとしたオマケで動くスタンプも乗せてあるよ! ???「……この私にスタンプを作らせたことを後悔させてやる!」

総エピソード数:4話

作品情報

作品名 とら🐯えもんのノベルアップ+イラストコンテスト応募作
原作
作者名 とら🐯えもん(一時的に再起動!色々更新します!)
ジャンル 二次創作
タグ イラコン2スタンプ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年9月30日 19時34分
最終投稿日 2021年9月30日 23時41分
完結日 -
文字数 237文字
読了目安時間 1分以内
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 5件
コメント 8件
スタンプ 57件
ビビッと 1件
応援ポイント 41,400pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 軍の兵器だった最強の魔法機械少女、現在はSクラス探索者ですが迷宮内でひっそりカフェやってます

    少女✕機械✕魔導(+恋愛?)

    344,300

    404


    2022年8月14日更新

    世界の各所にある、魔晶石やモンスター素材などの資源を産出する迷宮。 人々は魔導と機械技術を駆使して迷宮を利用し、それにより世界は緩やかな発展を続けていた。 しかし富を産む迷宮は争いの火種となる。国境付近における迷宮の利権争いに端を発した戦争は、瞬く間に各国を巻き込んでいく。 街は戦火に包まれ、多くの犠牲を払い、数年に渡る戦争はやがて終結へと向かっていた。 その大戦末期、斜陽のヴォルイーニ帝国は存続を賭けて、一人の少女を兵器へと変えた。 禁忌の法による精霊との融合、および機械の手足を与えることで作り上げられた魔導能力と実戦能力の両方を兼ね備えた万能の兵士。 彼女の名はコード00、ノエル。しかし、彼女一人では戦況を変えることはできずヴォルイーニ帝国は滅亡し、彼女も歴史の中へ姿を消した。 それから5年。 巨大な迷宮が地中に伸びる、ブリュワード王国の都市・ルーヴェン。ノエルは相方のクレア・カーサロッソとともに今日も迷宮の中で過ごしていた。 軍服――ではなく、メイド服を着て。 迷宮内カフェのオーナー兼従業員兼迷宮探索者兼時々ギルド受付嬢兼死体回収人として、彼女は今日も迷宮の中で静かに来訪者を待ち、そして来た客に彼女は告げる。 無表情で。 「カフェ・ノーラへようこそ」 これは、幼くして兵器にされた少女が過ごす戦後の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間14分

    この作品を読む

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    64,700

    9


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む