この道を追いかけられたら

読了目安時間:2分

どんな結末を迎えるかな?

三章 「一歩踏み出して」

 いつもの別れ道まで来た。  空を見上げると、もう太陽は沈もうとしている。  太陽が沈むのも、夏に比べれば随分と早くなったなと思う。こんなにもわかりやすく移り変わっていたのに、私は今まで気になどしたことなかった。  ここから慧の家まで5分。  何度ここから慧の後ろ姿を見つめていただろう。  そこから、やっと私は足を進めた。  私はこの好きと言う気持ちを、今すぐ慧に伝えたいから。  もう迷ったりしない。  そんな時間すらもったいないとわかったから。  今までの時間を取り戻すことはできない。それでも私は慧を好きになることで、大切なことに気づけた。それにこれからの時間なら大切にすることはできるから。      慧の家のインターホンを押すと、すぐに慧が出てきてくれた。   「れな、どうかした?」    私のことを真っ先に心配してくれるいつもの優しい慧に、胸がドキッとする。  私はゆっくりと息を吐いた。 「あのね、私の気持ち、聞いてくれる?」    私はずっと言えなかったその言葉を口にした。  ずっとずっと言いたかった言葉なだけに胸はドキドキしている。 「れなの気持ち?」 「そう、私の気持ち。私、慧のことが好き。出会ったその日からずっと慧が好き。慧、私と付き合ってください」  あんなに最初の言葉が言えなかったのに、口に出すと不思議なことにその後の言葉はすらすらと出てきた。 「はい。恋人として、これからはよろしくね」    慧は、迷わずすぐに応えてくれた。 「えっ、いいの?あっ、もしかして今日私死ぬの?」 「うん。いいよ。あはは、死なれたらせっかく恋人になったのに悲しいな」 「あっ、うん、それは例えというか、えっ、あれ、今悲しいって言った?」 「うん、言ったよ。おかしなこと言った?」    慧はそれが当たり前のようにニコッと笑う。  私は言葉にならず、その場で顔を真っ赤にした。  でも、もう一言言いたい。いつもドキドキされてばかりだとなんだか悔しいから。私だって、慧をドキドキさせることができるのだから。   「ううん、ありがとう。これからは幼馴染じゃなくて、彼女だからね」    私は慧に向かって、満面の笑みを浮かべて言ったのだった。  

お読み頂きありがとうございます。 実はもう一作品短編がありますので、また明日からアップしていきますね

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • エルフアーチャー

    s.h.n

    〇30pt 2021年3月1日 5時37分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    てぇてぇ

    s.h.n

    2021年3月1日 5時37分

    エルフアーチャー
  • 管理人さん

    桃口 優

    2021年3月1日 8時50分

    s.h.n様 最後まで読んでくれてありがとうございます。 心に響いてよかったです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桃口 優

    2021年3月1日 8時50分

    管理人さん
  • 執事

    人形使い

    ♡1,000pt 2021年3月1日 7時22分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ステキですっ!

    人形使い

    2021年3月1日 7時22分

    執事
  • 管理人さん

    桃口 優

    2021年3月1日 8時51分

    人形使い様 最後まで読んでくれてありがとうございます。 褒めてもらえて幸せです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桃口 優

    2021年3月1日 8時51分

    管理人さん
  • イルティミナ

    フォレイスタ

    ♡500pt 2021年3月3日 10時48分

    短い物語もいいですね~

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    フォレイスタ

    2021年3月3日 10時48分

    イルティミナ
  • 管理人さん

    桃口 優

    2021年3月3日 19時51分

    フォレイスタ様 最後まで読んでくれてありがとうございます。 そんな風に感じてもらえたならこの作品も作った甲斐があります

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桃口 優

    2021年3月3日 19時51分

    管理人さん
  • 物語の女神ノベラ

    ミハイル純

    ♡200pt 2021年3月1日 12時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    キマシタワーッ

    ミハイル純

    2021年3月1日 12時53分

    物語の女神ノベラ
  • 管理人さん

    桃口 優

    2021年3月1日 14時40分

    ミハイル純様 最後まで読んでくれてありがとうございます。 気持ち上がってよかったです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桃口 優

    2021年3月1日 14時40分

    管理人さん
  • エルフアーチャー

    s.h.n

    ♡200pt 2021年3月1日 5時37分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尊い…尊い…

    s.h.n

    2021年3月1日 5時37分

    エルフアーチャー
  • 管理人さん

    桃口 優

    2021年3月1日 8時51分

    s.h.n様 二つも応援ありがとうございます。 素敵な言葉嬉しいです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    桃口 優

    2021年3月1日 8時51分

    管理人さん

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ブルーモーメント -ハイブリッド・グランツーリスモ-

    女の子が自動車を運転するだけ()

    61,200

    120


    2021年6月17日更新

    GTとは市販の車種から派生したレース専用車両のこと、元は市販車を改造したツーリングカーだったが、それを発展させたレースのためだけに新造したシャーシに市販車風のガワをかぶせたものをグランツーリスモと呼ぶ。 唸るエンジン、回るタイヤ、空気を切り裂くボディ、青い空、白い雲、眩しい太陽、美人のねーちゃん、積み上がる残業、上がらない給料、速く走る事しか考えていないGTカーがサーキットを駆け抜ける。 これはとにかく速いけどスタミナがないF3上がりの"キリノ"と、そんな速くないけど延々と同じペースで走り続けられるS耐上がりの"リンカ"が日本のGTレースに参加する話。 表紙画像提供様 @DonomichiNarito

    読了目安時間:2時間15分

    この作品を読む

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    22,500

    20


    2021年6月13日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間50分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 普通のJK、実は異世界最強のお姫様でした〜みんなが私を殺したいくらい大好きすぎる〜

    魔女と魔法使いのガールズファンタジーです

    14,300

    50


    2021年6月18日更新

    いたって普通の女子高生・花園 アリス。彼女の平穏な日常は、魔法使いを名乗る二人組との邂逅によって破られた。 異世界からやって来たという魔法使いは、アリスを自国の『姫君』だと言い、強引に連れ去ろうとする。 心当たりがないアリスに魔の手が伸びた時、彼女を救いに現れたのは、魔女を名乗る少女だった。 未知のウィルスに感染したことで魔法を発症した『魔女』と、それを狩る正統な魔法の使い手の『魔法使い』。アリスはその戦いの鍵であるという。 わけもわからぬまま、生き残りをかけた戦いに巻き込まれるアリス。自分のために傷付く友達を守るため、平和な日常を取り戻すため、戦う事を決意した彼女の手に現れたのは、あらゆる魔法を打ち消す『真理の剣』だった。 守り守られ、どんな時でも友達を想い、心の繋がりを信じた少女の戦いの物語。 覚醒した時だけ最強!? お伽話の様な世界と現代が交錯する、バイオレンスなガールミーツガールのローファンタジー。 ※非テンプレ。異世界転生・転移要素なし。 ※GL要素はございません。 ※男性キャラクターも登場します。 ※イラストがある話がございます。絵:時々様( @_to_u_to_ )/SSS様( @SSS_0n0 ) 旧タイトル「《ドルミーレ》終末の眠り姫 〜私、魔女はじめました〜」 ※他サイト(小説家になろう・カクヨム・アルファポリス)でも掲載。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:85時間29分

    この作品を読む

  • 現代にモンスターが湧きましたが、予めレベル上げしていたので無双しますね。

    無双好きは是非読んでください。

    100

    0


    2021年6月18日更新

    平 信之は、会社内で「MOBゆき」と陰口を言われるくらい取り柄もない窓際社員。人生はなんて面白くないのだろうと嘆いて帰路に着いている中、信之は異常な輝きを放つネックレスを拾う。そのネックレスは、経験値の間に行くことが出来る特殊なネックレスだった。 経験値の間に行けるようになった信之はどんどんレベルを上げ、無双し、知名度を上げていく。 もう、MOBゆきとは呼ばせないっ!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む