異世界ファンタジー 長編 連載中

ぼっちテイマー少女は魔王の娘とゆりゆりゆりゆり

作者からの一言コメント

なんてタイトルつけてんの

【テイマー】  獣や魔物といった異種族と心を通わせ、使役することができるスキルがテイマーだ。  世界中を旅して、運命を共にするパートナーを探しに行こう! (王立魔法学園所有図書「全スキル完全網羅マニュアル-君も勇者になろう!」より引用) 「KO・RE・DA!!!」  アルス王立魔法学園に上位七名だけに与えられた【グランクラス】の称号を持つ天才少女リリィ。  容姿端麗かつ成績優秀、非の打ち所が無いと思われた彼女には致命的な弱点があった。  その弱点とは―― 「まさか友達が一人も出来ないなんて……」  彼女は……ぼっちだったのです。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ぼっちテイマー少女は魔王の娘とゆりゆりゆりゆり
作者名 Imaha486
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ HJ大賞2020後期 コメディ ほのぼの アクション/バトル 最強主人公 女主人公 魔王 西洋風 ノベプラオンリー 日常 ハッピーエンド 百合 テイマー ゆりゆり ぼっち
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月6日 15時50分
最終投稿日 2021年2月28日 15時07分
完結日 -
文字数 95,940文字
ブックマーク登録 52件
コメント 22件
スタンプ 402件
ビビッと 30件
応援ポイント 381,011pt
ノベラポイント 4,610pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少しエッチなおねショタファンタジーです。

    ♡9,600

    〇130

    異世界ファンタジー・連載中・54話・146,360字 深海さばらん

    2021年3月7日更新

    ◯どんな話? 疑似デスループで強くなった最下級神官プリシラ(♂)が、色んなお姉さんとあれやこれやしつつ成長するお話です。 ○あらすじ パメラは魔王四天王が一柱を務める最高位の魔人であり、非常に享楽的な性格だった。 絶大な魔力を持つ彼女が自らの欲求を満たさんと全力で突っ走るとき、巻き起こすトラブルの風は竜巻となり、周囲の魔人をこれでもかと翻弄した。 その後、”光”と”闇”との戦が始まると、彼女は大軍を率いる立場になったが――彼女の性格は変わらなかった。軍団の将でありながら自ら突撃しては敵を蹴散らし、引き裂き、返り血まみれのまま狂ったように笑う。 戦が始まってから数年もすると、彼女は両陣営から恐れられる存在となっていた。 ――というわけで、 『うっそでしょ!?』 ”光”と”闇”とが激突する最終決戦の時、魔王四天王が一柱、”邪悪なる闇”パメラは背後から討たれた。 ・ ・ それから百年後。彼女は復活を果たし、ヒトのものとなった大地を空から見下ろしていた。 復活したばかりで魔力は充分ではない。そして、追われる身でもあるのだから早急に魔力を補充しなくてはならない。 (……?) と――パメラは見下ろした先に小柄なヒトを発見した。黒髪黒目。法衣の上から胸当てをつけた男性である。 (魔力補充のチャンス!) ほくそ笑んだ魔人は獲物に向かって急降下を始めた。右足を突き出し――叫ぶ。 「もらった!」 『え!? ちょっと!?』 妙に甲高い悲鳴の後、魔人の一撃がヒトの大地にめり込んだ。 - - 〇ご注意 ※主人公はややマザコンです。 ※ハーレム系です。 〇その他 ※作中のイラストは全て Azu様( Pixiv ID 4620328 ) に描いて頂いたものです。 ※イラストは☆がついている部にだけあります。 ※アルファポリス、小説家になろう(あいうえお順、敬称略)でも掲載させていただいておりますが、ラストが異なります。

  • 禁忌の儀式って、私がしたんじゃないのに

    ♡177,500

    〇6,195

    異世界ファンタジー・連載中・28話・124,586字 のぽぽん

    2021年3月4日更新

    その光景を瞳に映すだけで何もできずに見ていることしか出来なかった。 友の、母の、父の、知り合いの、その命がなくなるその時まで、身動きも、まばたきも出来ずに瞳に映し続けた。私自身、胸を貫かれ溢れる血液が温かいと感じる中で死の訪れを待っていることしか出来なかった。大量虐殺により同族の命を奪われた理由は『大罪の化身を呼び出す生贄とするために丁度良かった』から。”災厄の悪夢”としか呼べない大量虐殺犯は禁断の儀式で召喚した『何か』と共に飛び立っていってしまった。 けれど、”災厄の悪夢”に呼応し召喚されたのは大罪の化身じゃなかったらしいの。誰もいなくなり、死の間際に瞳が映す魔法陣の中央で”災厄の悪夢”を「儀式だけで望みが叶うと思うなんて莫迦にしてるわね」と嘲笑うように現れた真の『大罪の化身』に憑かれてしまった私。私はただ平和に、穏やかに、人並みに、いつか素敵な旦那様を捕まえて小さな家庭を切り盛りするのが夢だったのに・・・・・・なんで私に憑いてくるのよ!?禁忌の儀式してアンタ呼んだの私じゃないのに!!! 禁断の儀式で呼び出された大罪の化身を宿し、何もかもを失ったけど私が悪い訳じゃないんだから!きっちり復讐をして、普通に幸せになりたいの!小さくとも温かい平和な日々を過ごしていきたいの!!これは、種族絶滅という禁断の儀式で呼び出された『大罪の化身セルティ』と、セルティを身に宿した『ちょっと殺意高めな女の子リーフ』の復讐と幸せを掴むための物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る